昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛カルビ焼き定食@かんだ食堂

暑い日には、さっぱりしたものを食べたくなる時と、油ギトギトのコッテリしたものを食べたくなる時があると思う。何度も書いているが私は基本的にコッテリ派。蕎麦なら、おろしざるではなく天ざるを選ぶ。上品な料理よりも雑駁な料理を食べたくなる。

というわけで、スタミナがつくものをガッツリ食べるため、JR秋葉原駅から北に4、5分ほどのところにある「かんだ食堂」へ。

080812@かんだ食堂

前回来店したときに隣の人が食べているのを見て食べたくなった「牛カルビ焼き定食(730円)」を注文する。

080812牛カルビ焼き定食730円@かんだ食堂

他の店ならば充分な肉の量だが、前に見たときよりも少ない気がする。私ともう1人が注文した後で、別の人も同じ料理を注文していた。もしかしたら2人前の「牛カルビ焼き」を炒めている最中に3人目のオーダーがあったので、2人前を3人前に分けたのではないだろうか。いや、2人前を3人前に変更するために追加した肉の量が少なかったのだろう。

肉はスジがかなり固くてなかなか噛み切れないので食べるのに時間がかかる。カルビというよりも小間切れ肉だろうか。味付けは意外なほどあっさりしていた。次は、豚ショウガ焼きを食べよう。


かんだ食堂
東京都千代田区外神田4-4-9 前川ビル1F

地図googlemap

カツカレー@かんだ食堂

かんだ食堂」は昭和31年創業だという。秋葉原駅前に青果市場があったのでやっちゃばの定食屋として人気になり、それからずっと愛されている店。30品目を超えるメニューに圧倒されて目がくらむ。

080806かんだ食堂01

ショウガ焼き定食やサンマ定食など、どれも定食屋でお馴染みの料理だが、ここにたどり着くまでの暑さと店内の熱気で思考が一瞬停止して何も考えられなくなり、「カツカレー(750円)」と叫んでいた。

馬鹿みたいにカツカレーをしょっちゅう食べているが、暑い日にこそカツカレーを食べてしまう。カレーのスパイスが食欲をそそるし、カツがパワーを付けてくれそうな気がするからだ。気のせいだろうか。でも、カツとカレーで猛暑を乗り切ろう。

080806カツカレー750円@かんだ食堂

注文してから数分で出てきたのは、脂身の少ないロースを使ったカツが載ったカツカレー。小麦粉を焦げないように炒めた中にカレー粉を入れて作った「歴史的に正しい」定食屋のカレーだった。柔らかく煮込まれたタマネギと豚バラ、そしてちょっと糊っぽいカレーの味が懐かしい。カレーの味付けはちょっと塩分が多め。固めに炊いたご飯はたっぷりの量。真っ赤な福神漬けも「歴史的に正しい」定食屋の味。

この店は、どの料理も単品で500円以下ご飯とみそ汁を加えた「定食」で700円程度とお手ごろ価格。若者もオジサンも、安心してたらふく食べられる定食屋さんだ。


かんだ食堂
東京都千代田区外神田4-4-9 前川ビル1F

地図NAVITIME

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。