昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚フライ(アジフライ)ランチ@とんかつ三裕

久しぶりに新宿・職安通りにあるハローワーク新宿の隣にある「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三祐201107

12時過ぎの店内に先客は2人だけだった。

カウンター席に座って、いつものように「魚フライランチ(750円)」を注文。

しばらくするとどんどんお客が入ってきて、私を入れて7人が料理を待っている状態になった。店主はまったく慌てることなく魚フライやとんかつに衣をつけて油に投入し、待っている間にはザクザクとキャベツを刻む。60代の人の女性は洗い物やホール係として、こちらも一刻も休むことなく働き続けている。

10分ほどで料理が到着。

魚フライ定食750円@とんかつ三祐201107

いつものように山盛りのキャベツに小ぶりのアジフライが3枚立てかけてある。ちょっと厚めの衣のアジフライはプリプリしていて美味しい。

千切りキャベツは切断面がギザギザで角が立っていないので食べやすい。親父が大きな中華包丁でザクザクと押し切りにしているからだ。

東日本震災直後には提供を中止していた自家製豆もやしの醤油漬けが復活していて嬉しい。

シジミの味噌汁には、シジミがたっぷり入っていて、これも嬉しい。


◆希望支払金額:750円(初めてのお客は大盛りキャベツに驚くだろう)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101



魚フライ(アジフライ)ランチ@とんかつ三裕

311東日本大震災で被害に合われた方々に十分な生活物資が一刻も早く届くことを望みます。放射線被曝の危険を省みず、原発事故に立ち向かっている方々には本当に感謝します。震災と津波で命を失われた数多く方々のご冥福をお祈りします。


新宿・職安通りにあるハローワーク新宿の隣にある「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三裕201103

店内にはお客は8人。昨年は、一時期、閑古鳥が鳴く状態だったけど、お客が戻ったようだ。あの不人気ぶりの原因は何だったのだろうか?

カウンター席に座って、いつものように「魚フライランチ(750円)」を注文。

6~7分で料理が到着。

魚フライ定食750円@とんかつ三裕

いつものように山盛りのキャベツにアジフライが3枚立てかけてある。カウンターの入れ物には、地震の影響で豆もやしが入荷しないためか、自家製の豆もやし醤油漬けはなくて沢庵の細切りが置いてあった。

カラッと揚がっていて、ちょっと固めの衣の中は、アジがプリプリで美味しい。いつものように、途中で食べきれるか不安になるほど山盛りのキャベツが嬉しい。

シジミの味噌汁は、ちょうど良い塩梅でシジミにはあまり火が入っていなくて美味しい。


◆希望支払金額:750円(アジフライも美味しいけど大盛りキャベツに感動)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101



魚フライ(アジフライ)ランチ@とんかつ三裕

新宿の職安通りのハローワーク新宿の隣にある「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三裕2010002

直前に入店した写真の男性は「とんかつ屋か……」と言いながら店を出てきた。どんな料理の店に入るつもりだったのだろうか?

いつものように「魚フライランチ(750円)」を注文。

周りを見渡すと2人が料理を待っていたので、6~7分で料理が到着。

魚フライ定食750円@とんかつ三裕2010002

いつものように直径10センチ以上センチ高さ7~8センチほどの山盛りのキャベツにアジフライが3枚立てかけてある。いつものように自家製の豆もやしの醤油漬けを飯碗の蓋にたっぷり取り分ける。

この店のアジフライはカラッと揚がっていて、身はプリプリで美味しい。

70代の店主は、老眼鏡をかけずにキャベツを黙々と切って千切りを作っている。機械ではなく包丁で切っているから、この店のキャベツの千切りは幅0.5~2ミリと不揃いになっている。でも、この不揃いなところが、口に入れたときに機械切りとは違う食感になっているような気がする。

気のせいか?


◆希望支払金額:750円(サクサクのアジフライと相変わらず大盛りのキャベツ)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101



魚フライ(アジフライ)ランチ@とんかつ三裕

新宿の職安通りのハローワーク新宿の隣にある「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三裕201012

この店へはアジフライを食べたくなったときに来るけど、山盛りの千切りキャベツも来店理由の大きな要因になっている。

12時過ぎに入店すると先客は8人。カウンターに座って「魚フライ(アジフライ)ランチ(750円)」を注文すると、カウンターにキャベツの千切りを山盛りにしたお皿が4つ出ていて、厨房で中年女性が新しいお皿にキャベツを山盛りにしていた。

周りを見渡すと4人が料理を待っていた。でも、この店は仕事が早いので長時間待たされる心配は全くない。

6~7分で料理が到着。

魚フライランチ750円@とんかつ三裕201012

いつものように山盛りのキャベツにアジフライが立てかけてある。普通のとんかつ屋で出されるキャベツの千切りの4~5倍はあるだろう。今年は野菜が高騰しているけど、いつもより盛りが少ないなんてこともなく、直径10センチ高さ7~8センチのドーム型に盛り上げられている。アジフライを載せることは不可能だから、キャベツの壁に立てかけてある。

自家製の豆もやしの醤油漬けを飯碗の蓋に取り分け、目の前の大きな壺からソースを掛ける。

アジフライはカラッと揚がっていて、身はプリプリで美味しい。この店はトンカツは揚げ過ぎの傾向があるけど、アジフライはちょうど良い具合に揚がっている。粒子が大きめの自家製パン粉は、口の中を傷つけそうなほど固く揚がっている。

固めに炊いたご飯とシジミの味噌汁も美味しい。


◆希望支払金額:750円(相変わらず大盛りのキャベツに感動)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101



魚フライ(アジフライ)定食@とんかつ三裕

歌舞伎町の奥の奥。職安通りに面した新宿ハローワークの並びにある「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三裕201010

この店は、今年の春から夏にかけてお客が減っていたので心配だったけど、12時過ぎに訪れると7席のカウンターには6人、テーブル席には7人と合計13人のお客で一杯だったのでちょっと安心した。

いつものように「魚フライ(アジフライ)定食(750円)」を注文して、カウンターの中を見ると、親父がスライスしていないパンの耳を何斤も切り落としていた。その合間に、注文のあった魚フライやトンカツを揚げている。

かつサンドにするためのパンかと思っていたら、3センチ角のサイコロ状に切り出した。それを物置用の小部屋に持って入ると、中からガラガラでもカラカラでもグワングワンでもない、何かを回転する音がしてきた。

自家製パン粉だったのだね。厨房の入り口に眼をやると、豆もやしの入った大きなビニル袋がある。取り放題の豆もやしの醤油漬けも自家製なのだった。

魚フライやトンカツがどんどん揚がって、次から次へとお客のもとに運ばれ、7~8番目が私の魚フライだった。この間、わずか10分ほど。仕事が早いなあ。

魚フライ定食750円@とんかつ三裕201010

いつものようにドーム型に盛ったキャベツの千切りは大量だ。そこに3枚のアジフライが立てかけられている。

シジミの味噌汁を飲んでワシワシと食べ始める。そういえば、この店では醤油や塩はカウンターやテーブルに出ていない。その代わり、キッコーマンの有名な卓上瓶にお酢が入っている。

誰が使うのだろうと気になっていたけど、ついに40代の男性客がトンカツや千切りキャベツお酢を振りかけているのを目撃した。トンカツにお酢をかけて食べるのを初めて見たけど、お店が用意しているということは、それほど珍しくもないことなのだろうか。


◆希望支払金額:750円(アジフライはプリプリ、キャベツは大盛り)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101



魚フライランチ@とんかつ三裕

JR新宿駅からは徒歩15分ほどのところにある新宿ハローワークの隣の「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三裕201007

安くて美味しいランチを提供する店なのに、4月と5月は2回続けてお客が少なかったのでちょっと心配しながら入店すると、カウンターに3人、テーブル席に3人と2人、1人で合計9人のお客がいたので安心する。こういうまっとうなお店がなくなってしまうのは寂しい。なんとか頑張って欲しい。

いつものように「魚フライランチ(750円)」を注文。

以前のように接客はおばちゃんが2人になっていた。

10分ほどで料理が到着。ご飯を「軽目」でお願いすると、「足りなかったら言ってください」と言われた。

魚フライ定食750円@とんかつ三裕

いつものように山盛りの千切りキャベツにアジフライ3枚が立てかけてある。

それにしてもキャベツの量がすごい。食べても食べてもなかなかキャベツが減らない。

アジフライは熱々で美味しい。

シジミの味噌汁も美味しい。大豆もやしの醤油漬けも美味しい。

食べている間に3人組が入店したけど、去年のように満席になることはなかった。

こんなに美味しくて安い店なのに、お客が少ないのはなぜだろう。


◆希望支払金額:750円(アジフライはプリプリ、キャベツは大盛り)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101



魚フライランチ@とんかつ三裕

新宿・職安通りにあるハローワーク新宿の隣にある「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三裕201005

この店は、何故か以前に比べお客が激減しているような気がする。1年ほど前には、12時過ぎにはほぼ満席状態で、入店を諦めたこともあったけど、12時10分過ぎなのに今日は先客がたった4人

料理も値段も変わっていないし、近くに新しいとんかつ屋が出来たわけでもないので、お客の財布状況が変わったということなのだろう。この店でトンカツやあじフライを食べていたお客が、ランチに750円を出すことに躊躇するようになったということなのだろうか。

カウンター席に座って、「魚(アジ)フライランチ(750円)」を注文。

そういえば以前は、70代のオヤジのほかに2人の女性が働いていたけど、今日は50代の女性が1人だけだった。お客が少なくなったためなのかどうかはわからないけど。

7~8分ほどで料理が到着。

魚フライランチ750円@とんかつ三裕201005

今年の春はキャベツが高騰したけど、この店はいつでも千切りキャベツが大盛りだ。直径13~14センチのお皿いっぱいに高さ8センチほどのドーム型に盛り上げてある。

そのドーム型千切りキャベツに、カラリと揚がった大きなアジフライが3枚立て掛けてある。揚げたてのアジフライはもちろん文句なく美味しい。

固めに炊いたご飯も、しじみの味噌汁も美味しい。

こんなに安くて美味しいのに、どうしてお客が減ってしまったのだろうか


◆希望支払金額:750円(大きなあじフライ3枚と大盛りキャベツ)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101



魚フライランチ@とんかつ三裕

新宿職安通りにあるハローワーク新宿の隣の「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三裕201004

半年ぶりにこの店でアジフライを食べたくなったのだ。

昼時は満席になる人気店だったのに、なぜかお客が4人しかいない。この店は、トンカツ・アジフライ・メンチカツ・コロッケがランチは750円だけど、それでも厳しいということだろうか。

「魚フライランチ(750円)」を注文。この店で魚フライといえばあじフライのことだけど、なぜかあじフライと書かずに魚フライとしている。アジが手に入らないときに、白身魚フライになることもあるのだろうか。

10分ほどで料理が到着。

魚フライランチ750円@とんかつ三裕

いつものように特盛りの千切りキャベツに、大ぶりのアジフライが3枚立て掛けてある。サクサクの衣にホクホクの身が包まれ、アジ特有の脂の香りが芳ばしい。

この店ではご飯を蓋付き桶飯器で出してくれる。だから、お客はカウンターやテーブルにある桶から豆モヤシの醤油漬けを桶飯器の蓋に取っている。丼+小皿でも良さそうだけど、そうなると陶磁器になるので破損しやすくなる。樹脂製の蓋付き桶飯器のほうが合理的ということになるのだろう。

味噌汁はシジミ汁。前にも書いたことがあるけど、トンカツ屋で豚汁を出されるとちょっとくどい。揚げ物+豚汁で脂の二乗になってしまうからだ。それにシジミ汁を飲むと、揚げ物を食べた罪悪感が薄らぐ気がするのは、私だけだろうか。

それにしてもこの店のキャベツは盛りが半端じゃない。直径も高さも10センチ以上はあるので、中型のキャベツ4分の1個分くらいはあるんじゃないだろうか。必死に食べ続けないと、途中で飽きてしまうほどの分量だ。


◆希望支払金額:750円(大きめのあじフライが3匹、キャベツ特盛り)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101



ポテトコロッケランチ@とんかつ三裕

新宿職安通りにある新宿ハローワークの隣の「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三裕200912

店内に入ると先客が14人もいて、食べているのは1人だけだった。

カウンターに座って、この店ではまだ食べたことのない「ポテトコロッケランチ(750円)」を注文。

13人分を待つことになるからどれだけ待つのだろうと考えていると、7~8分でまず7人前が完成して次々に運ばれた。

さらに7~8分で8人分が完成。料理をカウンター越しに渡された。

ポテトコロッケランチ750円@とんかつ三裕

直径12~13センチ、高さ10センチほどの千切りキャベツの山に大きなコロッケが2個立て掛けてある。カリカリの衣に箸を入れると、肉屋のポテトコロッケよりやや柔らかいコロッケだった。

味噌汁はシジミ。大豆もやしの醤油漬けは、カウンターに置かれた入れ物から勝手にとって飯器の蓋に置く。

それにしてもこの店は千切りキャベツの量が多い。働き者のオヤジは、先客の入れ替わりに入ってきた4人分の揚げ物を作り終えると、ザクザクザクとすぐにキャベツの千切りを始めた。

◆希望支払金額:750円(大きなコロッケ2個、キャベツ大盛り)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101


メンチカツランチ@とんかつ三裕

小雨が降る中、職安通りにある新宿ハローワーク隣の「とんかつ三裕」へ。

とんかつ三裕

ランチのトンカツはイマイチで、魚フライ(アジフライ)が美味しいのはわかったけど、まだコロッケは食べていない。

コロッケを食べるつもりだったのに、なぜか「メンチカツランチ(750円)」を注文してしまった。

入店したときにはお客は1人だけだったけど、料理を待つ間にどんどん来店してあっという間に10人を超えた。

6~7分で料理が登場。

メンチカツランチ750円@とんかつ三裕

直径10センチほどのメンチが2枚、山盛りの千切りキャベツに立て掛けてある。

相変わらずキャベツが多い。この店を始めて訪れた同行者は「食べられるかな?」と驚きを隠せない。

メンチは混ぜ物が多くて柔らかいけど、肉汁は混ぜ物に吸収されていた。生パン粉を入れているらしい。

シジミの味噌汁が美味しい。取り放題の大豆モヤシの醤油漬けも美味しいけど、ほんの微かに発酵菌の匂いがした。

食べている間ずっと、親父がキャベツを刻む音が店内にこだましていた。

やっぱりこの店のランチは魚フライがオススメだ。


◆希望支払金額:750円(衣サクサク、キャベツ大盛り)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ三裕
東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿101



 | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。