昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチCセット@フォンベト 歌舞伎町店 → 閉店

靖国通りから旧コマ劇場の正面玄関に向かって伸びる歌舞伎町一番街に入ってすぐの「本場ベトナム料理 フォンベト 歌舞伎町店」へ。

店頭@フォンベト201101

ここは西新宿にある店の姉妹店で、いずれもボートピープルから身を起こしたディエップという女性が経営しているという。

店内に入ると、ピチピチTシャツを着たオカマ系ホール係が窓際の席までしなしなと歩いて案内してくれた。

メニュー@フォンベト201101

ご飯物を食べたかったので「Cセット(800円)」を注文。そういえば、前回もCセットを食べたことを思い出したけど、まあいいや。

生春巻きフォンベト201101

すぐに生春巻きとサラダが登場。

春巻きには千切りのレタスがたっぷり入っていてとてもヘルシーだし、しっかりと歯ごたえのある春巻きの皮が、甘すぎないソースに入っているピーナツの粒との食感の違いもあって美味しい。

鶏炒飯@フォンベト201101

しばらくして鶏肉のチャーハンが登場。前回とはちょっと違っている。

熱々のチャーハンは、卵チャーハンに鶏肉とニンジン、グリーンピースを加えて炒めたものだった。ネギは上に載っているだけなので、美味しいチャーハン特有の香りがしない。卵チャーハンと鶏肉の香りが立っていてちょっと変わっているけど美味しい。

スープは、いつものようにフォー入り。一口飲むとタマリンドの甘酸っぱさと爽やかな香りが口に広がる。

生春巻き用のソース、チャーハン、スープのどれもが前回とは少しずつ違った味になっている。調理人が代わったのだろうか。

デザート@フォンベト201101

最後は黄豆のチェー。皮を剥いた緑豆(黄色)とタピオカ、ココナツミルクの温かいデザートだった。甘すぎなくてとても美味しい。

やっぱり調理人が代わったのだろうか。


◆希望支払金額:800円(かつては1200円だった)
◆費用対効果度:150%(1200円/800円)

本場ベトナム料理 フォンベト 歌舞伎町店 ※2012年11月ごろに閉店したそうです。
東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 杉山ビル5F



ランチCセット@フォンベト → 閉店

不況の波は日本一の繁華街である新宿歌舞伎町にも吹き荒れている。

靖国通りから歌舞伎町一番街に入ってすぐのところにある「本場ベトナム料理 フォンベト 歌舞伎町店」も、ランチを値下げしていた。

ランチメニュー@フォンベト

1200円だったランチのセットを33.3%引きの800円で提供していた。

フォンベト201006

エレベーターで5階の店内に向かうと5組みの女性客が入っていた。以前は1~2組みだったので、値下げの効果があったのかもしれない。

400円も安くなった「ランチCセット(800円)」を注文。

6~7分で料理が到着。

C.セット01@フォンベト

C.セット02@フォンベト

最初は生春巻きとサラダが供され、しばらくして鶏肉のチャーハン、続けてスープが供された。

ホール係が1人なのでバタバタと走り回りながら働いていた。「食事をしている脇を走るな!」と言いたいところだけど、わかってもらえないかもしれないなあ。

透明な皮に包まれたエビのすり身入り生春巻きは、レタスもたくさん入っていて美味しい。

薄っぺらなプリンのように高さがない台形のチャーハンには、小指の爪ほどに刻んだ鶏肉がたっぷり載っていた。

C.セット03@フォンベト

スープはフォー入り。タマリンドだろうか、甘酸っぱいソースを混ぜながら食べる。

デザート@フォンベト

食後は、タピオカとサツマイモ入りココナッツミルク。甘すぎなくて美味しい。

これで800円は安い。とても満足なエスニックランチ


◆希望支払金額:800円(1200円だったけど800円に値下げ)
◆費用対効果度:150%(1200円/800円)

本場ベトナム料理 フォンベト 歌舞伎町店 ※2012年11月ごろに閉店したそうです。
東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 杉山ビル5F


ランチCセット@フォンベト → 閉店

歌舞伎町一番街の「本場ベトナム料理 フォンベト 歌舞伎町店」へ。

20090609フォンベト

この店はビルの5階にあるので、1階には立て看板が置かれているけど、通り過ぎる人々の目には止まりにくいかもしれない。

店内に入ると、12時半過ぎなのにお客は誰もいなかった

ランチメニューを見ると、料理内容が変わっている。飽きられないようにしているのかもしれないけど、歌舞伎町でもランチで1200円は高すぎると思う。

新しいランチメニューからベトナム風チャーハンというのがメインの「Cセット(1200円)」を注文。

5分ほどで生春巻きが登場。

20090609生春巻き@フォンベト

写真は2人前なので、1人前は1本ということになる。レタスの千切りがたくさん入った春巻きを甘酸っぱいソースにつけて食べる。レタスのほかは蒸しエビとビーフン、ニラ、大葉しか入っていないけど、前回同様にやっぱり皮が美味しい。

しばらくして、ベトナム風チャーハンが登場。

20090609ベトナム風チャーハン@フォンベト

チャーハンを盛った頂上には、鶏肉を炒めたものが載っている。チャーハンの具材は、卵・グリンピース・ニンジン・コーン。ん、ミックスベジタブルじゃないか。何だか手抜きされた気分。

スープ代わりのミニ・フォーが到着するまで、しばらく待たされた。前回もそうだったけど、なぜ同時に出せない(出さない)のか不思議だ。

フォーは、やっぱりタマリンドの甘酸っぱい味と香りがする。

食後には、甘~いデザートが出てきた。

20090609デザート@フォンベト

ご飯と蒸かしたサトイモをココナッツミルクと砂糖で煮たものだった。

13時過ぎまでいたけど、お客は誰も来なかった。今日のランチはお客が1組

とても美味しい料理を出す店なのに残念

やっぱりベトナム料理が好きな女性たちには、ランチで1200円は高すぎるのではないだろうか。780円、せめて880円か980円にしないと厳しい状況は続くのではないか。


◆希望支払金額:1200円(1200円は予算オーバーだけど生春巻きが美味しい)
◆費用対効果度:100%(1200円/1200円)

本場ベトナム料理 フォンベト 歌舞伎町店 ※2012年11月ごろに閉店したそうです。
東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 杉山ビル5F



ランチBセット@フォンベト 歌舞伎町店 → 閉店

靖国通りから歌舞伎町一番街に入ってすぐのビルの5階にある「本場ベトナム料理 フォンベト 歌舞伎町店」へ。

090210フォンベト

50席ほどの広い店内に、先客は2組だけだった。ランチセットが1200円というのは、ちょっと高いからかもしれない。

3種類あるランチセットから豚肉のやわらか煮がメインの「Bセット(1200円)」を注文。

料理を待つ間、メニューを見ているとフォンベトという店名は、「ベトナムの香り」という意味らしい。1987年に難民として来日したフエ出身のベトナム女性が開いた店だという。

090210ランチBセット1200円@フォンベト

生春巻きは、ビーフンを中心にエビの練り物が巻かれている。歯ごたえのある皮が美味しい。写真手前の黄色いソースをつけて食べる。

豚肉のやわらか煮は、ロースを甘辛いソースで炒り焼きしたもの。これも歯ごたえが楽しい。

スープがまだ出ていないと思ったら、遅れてスープが登場。

090210ランチBセット1200円スープ@フォンベト

小さいながらもフォーだったので嬉しい。
これまで食べたフォーはどれもコシのない麺だったけど、この店のフォーはしっかりした歯ごたえでコシのある麺だった。スープがタマリンドっぽい味がして、独特の風味が美味しい。底の方には、煮込んだ鶏肉のスライスが入っていた。

どれもこれも素晴らしく美味しい。

これまで食べたベトナム料理は何だったんだろう、と思えるような美味しいさだった。


◆希望支払金額:1200円(1200円というのは予算オーバーだけど)
◆費用対効果度:100%(1200円/1200円)

本場ベトナム料理 フォンベト 歌舞伎町店 ※2012年11月ごろに閉店したそうです。
東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 杉山ビル5F

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。