昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

カーオマンカイ+カーオカームー@メーリムの食堂(タイ王国チェンマイ県)

タイのチェンマイから北に30キロほど行ったところにあるクワン・メー・ガッツ湖のボートハウスで1泊してボートで帰ろうとすると、猛烈なスコールになった。



スコールが収まるのを待つ間に朝食にしようとしたら、マリーが「ここは料理がまずいから、帰る途中で食べよう」という。彼女は、何でも思ったことをすぐに口にするダダ漏れの長女性格だ。表裏がないとも言える。

1時間半ほど待って、小降りになったところでようやくボートが出発。



動画の右が友人のチャトリさん。左が長女のチャキラ、その奥がチャトリさんの妻のマリー、手を降っているのがチャトリさんの甥のチャズー。船に弱いマリーは不機嫌だった。

クルマで30分ほど走って、チェンマイの北にあるメーリムの食堂でブランチになった。

チェンマイ郊外

「カーオマンカイ(カオマンガイ、海南鶏飯)30バーツ(約80円)」を注文すると、すぐに運ばれてきた。

カオマンカイ

でも、ちょっと笑っちゃくくらい量が少ない。まるでままごとのような分量だった。このカーオマンカイにも豚の血を固めたルーアットムーが載っていた。鶏がらスープで炊いたご飯がとても美味しいけど茶碗1膳分もない。

「少ない!」とチャトリさんに言うと、「2杯食べれば。みんな2杯食べるよ」という答え。

2杯目は「カーオカームー(豚角煮ご飯)30バーツ(約80円)を頼んだ。

カオカームー

これも量は少ない。じっくり煮込んだ豚バラ肉をご飯に載せただけの料理だけど、豚の脂身がトロトロに溶けかかっていて得も言われず美味しい。この店はカーオマンカイよりもカーオカームーのほうが美味しかった。


ままごとのような量のカーオマンカイを出す店のあるチェンマイ近郊の店(タイ王国チェンマイ県)



 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

FC2 Management