昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汁なしタンタンメン@四川料理 天府舫(テンフファン)

ランチタイムは水餃子が食べ放題の「四川料理 天府舫(テンフファン)」へ。

天府舫201110

新宿大ガード交差点から小滝橋通りを大久保方面に北上し、250メートルほど先の西新宿保健センター交差点を右折した25m先に店はある。

メニュー2@天府舫201108

このブロクに何度もコメントを書いてくれている「ぼんぼんさん」が食べたという「汁なしタンタンメン(880円)」を注文。

いつものように、料理を待っている間に食べ放題の水餃子を取ってくる。モチモチとした歯ざわりの皮が美味しいこの水餃子は、数が減ってくると店長や女性スタッフがすぐに出来立てを並べたお皿を運んでくる。

花椒の香りがする特製ラー油で水餃子を食べていると「ミニチャーハンが付きますが、よろしいですか?」と店長に尋ねられた。以前は白飯だったけど、最近は麺類にミニチャーハンを付けるようになったようだ。

保温ジャーから小さな茶碗に盛られたチャーハンは、玉子チャーハンに冷凍ミックスベジタブルを和えたものだったけどニンジン・コーン・グリンピースを加えて炒めたもので、パラパラに仕上がっていてチャーハンに特有の仄かな芳ばしい香りがして美味しい。保温ジャーから出したとは思えない、まるで炒めたてのような美味しさだった。

6~7分で料理が登場。

汁なし担々麺880円@天府舫

中太の縮れ麺に、挽肉炒めと豆苗・刻み青ネギが載っていて、麺の下にピーナツと刻み白ネギを混ぜたラー油がたっぷり敷いてあった。しっかりと混ぜて食べ始めると、花椒の香りが効いていて美味しい。唐辛子のピリピリする辛さは少ないけど、花椒の刺激であっという間に頭頂部から汗が吹き出す。

豆苗がまるでカイワレ大根のように細くて長い。これまで食べた豆苗はもっと短いものだけだったので、店長に尋ねると茎の細長い豆苗を特別に仕入れているということだった。

マーボー豆腐定食を注文した、隣のテーブルのワイシャツ3人組の1人が「辛い!、辛い!」と子供のように大騒ぎしていた。辛いのが苦手なら「辛くしないで」と注文すれば、日本人向けの味付けにしてくれるのに。

今回も水餃子を合計6個、煮玉子を1個食べて満腹。


◆希望支払金額:1000円(麺の硬さ・味付け・分量のすべてが満点)
◆費用対効果度:113.6%(1000円/880円)

四川料理 天府舫(テンフファン)
東京都新宿区西新宿7-4-9


Googleマップの大きな地図で見る


■四川料理 天府舫(テンフファン)
四川チャーハンセット
マーボー豆腐定食
レバニラ炒め定食


四川チャーハンセット@四川料理 天府舫(テンフファン)

新宿大ガードから小滝橋通りの東(右側)を大久保方面に500メートルほど北上し、右手に「ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店」や「味噌屋八郎商店 新宿店」のある路地を入ったところにある「四川料理 天府舫(テンフファン)へ。

天府舫201109

このブロクに何度もコメントを書いてくれている「ぼんぼんさん」が食べたという「汁なしタンタンメン」にするつもりで店に入ったけど、今日は朝からチャーハンが食べたかったことを思い出して「四川チャーハンセット(780円)」を注文。

待っている間に食べ放題の水餃子を取ってくる。

しばらくすると、厨房から花椒を炒めた猛烈に辛い香りが漂ってきて、鼻がツンツンし目がシバシバする。出来上がったのは麻婆茄子だった。これも次に食べる候補に入れよう。

6~7分で料理が登場。

四川チャーハンセット780円@天府舫

四川チャーハンは麻婆豆腐から豆腐を抜いた豚ひき肉の花椒味噌炒めをご飯にまぶして炒めたものだった。一味唐辛子をまぶしただけの赤いだけのチャーハンとは違う。

どうやったらこんなにパラパラに炒めることができるのか不思議なほど見事にパラパラに仕上がっていた。ご飯はコシヒカリ系のモチモチした米なのに。花椒の香りが強くて、残念ながら美味しいチャーハン特有の芳ばしい香りはしなかったけどとても美味しい。

水餃子は、始めの頃の猛烈なニラ臭さはなくなっているけど、皮がモチモチと美味しい。

今回もスープはごく薄味だった。水餃子を合計6個、煮玉子を1個食べて満腹。

デザート@天府舫

デザートは杏仁豆腐からイチゴ味のゼリーに代わっていた。「杏仁豆腐はお客さんが残すのでゼリーにしました。毎日、味を変えています」ということだった。

事務服を着たOL2人連れが2組いて、それぞれ1人が「汁なしタンタンメン」を食べているのを見たけど、相当に美味しそうだった。

次こそは「汁なしタンタンメン」を食べよう。


◆希望支払金額:780円(豚ひき肉の花椒味噌炒めチャーハンが美味しい)
◆費用対効果度:100%(780円/780円)

四川料理 天府舫(テンフファン)
東京都新宿区西新宿7-4-9



■四川料理 天府舫(テンフファン)
汁なしタンタンメン
マーボー豆腐定食
レバニラ炒め定食


マーボー豆腐定食@四川料理 天府舫(テンフファン)

新宿大ガードから小滝橋通りを北上し、「ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店」や「味噌屋八郎商店」のある路地を入ったところにある「四川料理 天府舫(テンフファン)」へ。

天府舫201108

メニューは、炒め物料理がA・B・Cの3グループに分かれて週替わりになり、「汁なしタンタンメン」や「マーボーメン」といっためんセット、「上海炒飯」などの炒飯類が加わっていた。

メニュー5@天府舫201108

「マーボー豆腐(800円)」を注文すると、店長あるいはマネージャーに「辛いですけど大丈夫ですか?」と尋ねられる。花椒のたっぷり入った本格マーボー豆腐を食べて「辛い、辛い」と大騒ぎをするお客が絶えないのだろうか。

料理を待つ間に店の中央にある食べ放題の水餃子を取りに行く。ピラミッド型の珍しい形の水餃子を3個と煮玉子1個を取って戻ると、ご飯とスープ、モヤシとニンジンのおひたしが供された。

ピラミッド型の餃子はラー油と黒酢をかけて食べると、強烈なニラの匂いが口いっぱいに広がる。

厨房から聞こえていたガシャガシャと中華鍋をあおる音が止んだら、しばらくして料理が供された。

マーボー豆腐定食@天府舫201108

もうもうと立ち上がる湯気から、花椒の香りが存在を主張をしている。

実は、何度もコメント書いていただいている「黒柴ザックスさん」から、作り置きのマーボー豆腐を食べさせられた、という報告があったので心配していたけど、作り置きではなかったので安心した。「黒柴ザックスさん」が食べたときにはマネージャーがいなかったらしいので、料理人たちが手抜きをしたのだろう。

唐辛子のピリピリした辛さよりも花椒で舌が痺れるような感覚が優っている。辛くて美味しいのでご飯がすすむ。途中でご飯がなくなりそうになったので、慌てて水餃子と一緒にマーボー豆腐を食べる。

今回のスープは、ごく薄い味であまり美味しくなかった。

水餃子を合計6個、煮玉子を1個食べて今回も満腹。

次回は、炒飯を食べてみよう。


◆希望支払金額:800円(花椒たっぷりの麻婆豆腐)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

四川料理 天府舫(テンフファン)
東京都新宿区西新宿7-4-9





■四川料理 天府舫(テンフファン)
汁なしタンタンメン
四川チャーハンセット
レバニラ炒め定食


レバニラ炒め定食@四川料理 天府舫(テンフファン)

新宿大ガードから小滝橋通りを北上していると、見慣れない店の看板を発見した。右折して路地に入り、「ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店」や「味噌屋八郎商店 新宿店」を左手に見て、「インド料理レストラン HATTI(ハッティ)」の向かい側に「四川料理 天府舫(テンフファン)」という店がオープンしていた。

天府舫(テンフファン)

この場所には、以前は「中国料理 紅龍」があったはず。決して不味くはないけど美味しくはない、チャイナドレスだけが記憶に残る店だったけど閉店したらしい。

入口横の看板に手書きで聞き捨てならない(読み捨てならない)ことが書いてあった。

水餃子食べ放題@天府舫(テンフファン)

水餃子が食べ放題? これは、入らないわけにはいかない。

ランチメニュー@天府舫(テンフファン)

週替わりのランチ定食は、黒胡椒鶏肉炒め・レバニラ炒め・ショウガ焼肉・八宝菜・マーボー豆腐の5種類。

狭い店内はほぼ満席で、作業服姿の30代男性と相席になった。

「レバニラ炒め(800円)」を注文し、店の中央にある水餃子を取りに行く。ピラミッド型の珍しい形の水餃子が30個ほど大皿に載っていた。

ラー油と黒酢をかけて食べると、皮がモチモチして美味しい。中身はニラとネギ。だから、断面は緑色のニラ餃子だ。皮がほんとうに美味しい。

4~5分で料理が供された。と同時に、水餃子をお代わりした。煮玉子もあった。水餃子は食べ放題らしいけど、煮玉子は1個なら大丈夫だろう。

レバニラ炒め定食800円@天府舫(テンフファン)

名前のとおりにレバとニラがたっぷりだった。レバはプリプリと新鮮で、濃い味付けにご飯がすすむ。

スープはトマトの酸味が効いていて美味しい。モヤシとニンジンを茹でて薄味のタレを和えたサラダも美味しい。

水餃子を合計で6個、煮玉子を1個食べたので満腹。

隣のテーブルの3人組の1人の若い女性は、水餃子を食べ残して煮玉子には手をつけていなかった。食べ放題となると自分の限界を知らずに取りすぎるおバカが悲しい

会計時にいつオープンしたのか尋ねると、先週の月曜(2011年7月11日)ということだった。「ウチは四川料理の店なのでマーボー豆腐を食べてください」と店長が言う。

次回は、マーボー豆腐を食べよう。


◆希望支払金額:800円(水餃子が食べ放題だもの)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

四川料理 天府舫(テンフファン)
東京都新宿区西新宿7-4-9




■四川料理 天府舫(テンフファン)
汁なしタンタンメン
四川チャーハンセット
マーボー豆腐定食



 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。