昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もり野菜@大勝軒まるいち新宿店

新宿の靖国通りに面したヤマダ電機の「LABI新宿東口館」に並んでいるビルの地階にある「大勝軒まるいち 新宿店」へ。

大勝軒まるいち

12時過ぎだったけど、まだ空席はいくつかあった。一時は行列店だったけど、人気に陰りが現れ始めたということだろうか。

店内の券売機で何を食べようかしばらく考えた結果、「もり野菜(850円)」のチケットを購入して、カウンター席を見ると冷水の入ったコップを手に待ったホール係と目があった。

なんだかイラついているようだ。「いつまでも待たせやがって、ボケ!」と目が怒っている。券売機の前で考えたのはほんの30秒程度のはずだけど、待たされるのが我慢出来ない人なのだろう。指示されたカウンター席に座ってチケットを渡し「あつもりで」とお願いした。「あつもりですね」という返事も刺々しい言い方だった。

厨房では4名が働いていて、ホール係は最年長でいろいろと指示をしていたので「店長」なのかもしれない。あとからきたお客にも座る位置を指示していたが、まるで命令するかのような威圧的な態度だった。この店は、以前に来たときにはお客への配慮が行き届いていて感心したけど、この「店長」1人で店の雰囲気をぶち壊している。

12~13分で料理が登場。

つけ野菜850円@大勝軒まるいち

極太のストレート麺は「普通」で350gもあるので、かなり多い。丼を熱々に温めてあるので、いつまでも茹で立てのような熱々の麺を食べることができる。

つけ汁からは魚介の強い香りが漂っているけど、乳化した脂の浮いたかなり濃厚なスープだ。モヤシ・キャベツ・ニンジン・ニラ・タマネギの野菜はシャキシャキに炒められていて、拍子木切りにしたチャーシューが入っていた。

でも、つけ汁が妙に甘い砂糖を多めに加えているらしい。なぜなんでもかんでも砂糖を加えてしまうのだろうか。

麺を食べ終わったあとに「スープ割り」をお願いしたら、「あっさりですか、こってりですか?」と尋ねられた。「あっさり」でお願いすると、スープで脂が薄まって飲みやすかった。


◆希望支払金額:850円(砂糖をたくさん入れないでくれ)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

大勝軒まるいち 新宿店
東京都新宿区新宿3-23-12 パンドラビルB1



もり野菜@大勝軒まるいち新宿店

新宿の靖国通りに面したヤマダ電機の「LABI新宿東口館」に並んでいるビルの地階にある「大勝軒まるいち 新宿店」へ。

大勝軒まるいち201011

店内に入ると「先に券売機でチケットをお買い求めください」と言われ、3人ほど並んでいた行列の前にある券売機で「もり野菜(850円)」のチケット購入して行列に並ぼうとすると、カウンターの中にいるスタッフから「4番目にお並びください」と声をかけられた。彼は、お客の来店順を覚えていて、順番通りに行列に並ぶよう腐心していた。また、お客が何人組なのかをチェックし、2人連れはテーブル席やカンター席でも並んで座ることができるように調整している。

数分おきにチケットを回収して、厨房に伝えていた。

この店は、料理以前にお客を不快にさせないための心配りが徹底しているのだ。店内を怒号が飛び交うどこかのアホアホラーメン店とは違う。

3分ほどで席が空いてカウンター席に座る。それから6~7分で料理が登場。

もり野菜850円@大勝軒まるいち

つけ汁から魚介系の強い香りが漂っている。脂こくはないけど、かなり濃厚なスープだ。モヤシ・キャベツ・ニンジン・ニラ・タマネギの野菜は、シャキシャキに炒められていて触感が楽しい。拍子木切りにしたチャーシューもたくさん入っていて食べ応えもある。

麺は、極太のストレート麺でツルツルと喉に入るけどモチモチとした食感がある。この店は普通盛りで300グラムあるらしい。

麺を食べ終わったあとに「スープ割り」をお願いしたら、さらに魚介系の香りを漂わせて戻ってきたけど、私には塩辛すぎて少ししか飲めなかった。


◆希望支払金額:850円(野菜がたっぷりで嬉しい)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

大勝軒まるいち 新宿店
東京都新宿区新宿3-23-12 パンドラビルB1



野菜ラーメン@大勝軒まるいち新宿店

雨上がりのうだるような暑さの中、ヤマダ電機の並びにあるビルの地下1階にある「大勝軒まるいち 新宿店」へ。

大勝軒まるいち201007

12時半過ぎに訪れると店内は満席だった。

ほとんど人がつけ麺を食べている中、店内の券売機で「野菜ラーメン(850円)」のチケットを購入。つけ麺を食べるつもりで入店したけど、急に野菜を食べたくなったのだ。

2分ほど並んでようやくカウンター席へ。

この店は、店員たちが礼儀正しいし声が大きいけど、慇懃無礼ではなくうるさすぎないぎりぎりのところで止まっている。他の店のように怒号が飛び交っているわけでもなく、「こちらがラーメンになります」といったおかしな丁寧語にもなっていない。当たり前のことなんだけど、元気というのは大声で怒鳴ること、礼儀正しいのは過剰でおかしな丁寧語を使うこと、と勘違いしている店が多いなかで、なんとかまともな接客態度に踏ん張っている。

5~6分で料理が到着。

つけ麺を頼んだ先客に「つけ麺はもうすぐ出ます。ラーメンと順番が逆になって申し訳ありません」と謝っていた。料理が異なれば出てくる順番に多少の違いがあっても文句をいうお客は少ないだろうけど、お客の不安・不満を少しでも解消しようという態度に好感が持てる。

野菜そば850円@大勝軒まるいち

スープを飲むと、魚介系の香りが鼻に抜ける。麺や野菜を食べているときには、スープがちょっとしょっぱいかとも思えたけど、最後に飲み干すことができたので、これもギリギリセーフの味付けだろう。

キャベツ・タマネギ・モヤシ・ニンジンを炒めた野菜はややシャキシャキ感がなくなっているけど許容の範囲だろう。

麺は、つけ麺同様に太麺でポキポキとした歯ごたえ。野菜も多いので「大盛り」の分量だ。

ブラックペッパーだけでなくホワイトペッパーも用意されているのが嬉しい。前にも書いたけど、私はラーメンにはホワイトペッパーの方があっていると思う。おろしニンニクや豆板醤、ラー油、醤油、お酢があるので、味に変化をつけたい時には嬉しい。もっとも、最後の3つは餃子を注文した人向けだろう。

格別美味しくはないけど、ハズレのない安パイの店として記憶しておこう。


◆希望支払金額:850円(野菜がたっぷりで嬉しい)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

大勝軒まるいち 新宿店
東京都新宿区新宿3-23-12 パンドラビルB1



 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。