昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛めし野菜セット@松屋 新宿コマ劇前店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その74)


牛丼の「期間限定」値下げ合戦が続いている。松屋は5月16日から23日まで320円の牛めし並が240円と80円引きに、すき家は同じく5月16日から22日まで普段は280円の牛丼並盛が250円と30円引きになっていて、吉野家も5月17日から23日まで牛丼メニューが110円引きで牛丼並盛が270円となる。

丼フェア

値下げ合戦は、消費者は大喜びだけどデフレの象徴のように言われてあまり評判の良くない。でも、2011年中にすき家は200店、松屋は現状の2~4割増の新規出店を計画している。吉野家はイマイチだけど、すき家と松屋は値下げによって来店客数を増やしていて儲かっているのだ。

というわけで値下げ期間中の「松屋 新宿コマ劇前店」へ。すぐ並びにあった「マクドナルド コマ劇場前店」が5月8日で閉店していた。店舗名の新宿コマ劇場もようやく解体が始まったし、マクドナルドはすき家のゼンショーに連結売上高で第1位の座を明け渡し、不採算店の統廃合を進めているらしい。歌舞伎町の飲食店も厳しい経済状況の中で栄枯盛衰も激しい。

松屋201105

やはり値下げ期間中はお客は増えているようだったので、時間をずらして来店した。

店内の券売機で「牛めし(並盛)240円」「生卵(50円)」のチケットを購入したところで、「野菜を食べよう」と「生野菜(100円)」のチケットも購入。

空いているカウンター席に座ってホール係にチケットを渡すと、ホール係の青年は「これは『牛めし野菜セット』になりますから、10円返却します」と10円を返してくれた。久しぶりの入店なのでセットメニューのことを忘れていた。

2~3分で料理が登場した。

牛丼並野菜セット380円@松屋

油揚げとワカメの味噌汁をひとくちすする。ちょうど良い塩加減で、ほっとする味。身体が塩分を欲していたのだろうか。

いつもより牛肉が多いような気がするけど、吉野家が5月17日から牛肉の量を5グラム増やすと発表していることが影響しているのだろうか。たぶん、気のせいだろう。吉野家のほうが味が濃いから好きだ、という人も多いけど、学生時代に住んでいた場所の近くに松屋があったこともあって、薄味好みの私には松屋の牛めしが合っている。

シャキシャキの生野菜には、いつも黒酢ドレッシングをかける。「松屋の生野菜なんて、ビタミンやミネラルが水に出てしまった『野菜の抜け殻』だ」なんてひどいことをいう人もいるけど、少なくとも食物繊維は摂れるだろう。そんなことより、甘ったるくて油っこい牛めしと交互に食べると、口の中がさっぱりして美味しいのだ。

牛肉がたっぷり載った牛めしに油揚げとわかめの味噌汁、90グラムの生野菜生卵、これがたった380円。値引き期間以外は80円増しの460円なのでワンコインなのは変わらない。それにしても、どうしたらこんな価格設定が可能になるのだろうか。


◆希望支払金額:460円(値下げ前のお値段)
◆費用対効果度:121%(460円/380円)

松屋 新宿コマ劇前店
東京都新宿区歌舞伎町1-22-8 小島屋ビル



野菜たっぷりカレー@松屋

【新宿ワンコインランチ・500円】(その52)


2010年11月25日から牛丼の松屋では、「野菜たっぷりカレー」「茄子とトマトのカレー」の2種類を発売した。

2000年に厚生省が発表した「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」によれば、成人の野菜摂取目標は1日350gとされ、松屋の「野菜たっぷりカレー」はその半分を摂取することができるという。

日高屋の「野菜たっぷりタンメン」は美味しくなかったけど松屋は頑張っているだろうか。ということで、「松屋 新宿コマ劇前店」へ。

野菜たっぷりカレーポスター@松屋

店内の券売機で「野菜たっぷりカレー(480円)」のチケットを購入してカウンター席へ。松屋の券売機ってメニューが多くなりすぎて、目的のボタンを探すのに苦労するのは私だけだろうか?

12時過ぎの店内はほぼ満席で、料理が出てくるのが遅れていた。厨房には2名、ホール係は1名だったけど、明らかに厨房の作業が遅れている。

珍しいことに7~8分待って料理が登場。

野菜たっぷりカレー480円@松屋

「野菜たっぷり」を期待していたのに、たっぷりのはずの野菜はほとんどがキャベツでタマネギ少々、ニンジンが2片あった。これは「野菜たっぷりカレー」ではなく「キャベツたっぷりカレー」と呼ぶべき料理だなあ。そして、なぜか黄身がレアの目玉焼が載っている。

カレーにはキャラメル大の鶏肉が3~4個入っていてそこそこスパイシーだけど、キャベツの水分で水っぽく感じる。

これで本当に1日分の摂取目標の半分175gの野菜を摂ったことになるのだろうか。

目玉焼きを載せるのを止めて、キャベツ以外の野菜を増やしたほうが良いのではないか。


◆希望支払金額:480円(ご飯の量はたっぷりだけど)
◆費用対効果度:100%(480円/480円)

松屋 新宿コマ劇前店
東京都新宿区歌舞伎町1-22-8 小島屋ビル



五目鶏めしお新香生野菜セット@松屋 新宿コマ劇前店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その36)


松屋 新宿コマ劇前店」が「五目鶏めし」という新たなメニューを出したので、食べてみることにした。

鶏めしポスター@松屋

店内の券売機で「五目鶏めし」を探すと、お新香と生野菜がセットになった「五目鶏めしお新香生野菜セット(500円)」があったのでチケットを購入。

奥の厨房を観察していると、ビニル袋から「五目鶏めし」の具を取り出して、電子レンジへ入れていた。松屋のような大手外食チェーンはセントラルキッチン方式で、大量生産しているのだろうからレトルトパックも致し方ないけど、何だかなあ。

6~7分で料理が登場。

五目鶏めしお新香野菜セット500円@松屋

店頭の写真とはずいぶん違っていて、具材はご飯の上にパラパラと載った状態だった。筑前煮のような料理を想像していたけどぜんぜん違う。ほんのわずかな鶏肉のほかは、中国産であろう毒々しい緑色のワラビやゼンマイに、ニンジン・コンニャク・ゴボウ・タケノコ・レンコン・油揚げと10種類の具材が甘辛く煮つけてあった。「化学調味料・人工着色料・人工甘味料・人工保存料」は使っていません、とあったけどワラビの緑色は不自然だなあ。

そして、どの具材から出たのだろうか舌の表面にこびりつくようなエグ味と苦味があった。

このメニューも山かけ鮪丼スン豆腐チゲセットに続いて“失敗作”だろう。


◆希望支払金額:400円(安いけど美味しくない)
◆費用対効果度:80%(400円/500円)

松屋 新宿コマ劇前店
東京都新宿区歌舞伎町1-22-8 小島屋ビル



山かけ鮪丼@松屋(歌舞伎町店)

【新宿ワンコインランチ・500円】(その33)


4月の値下げ合戦を終え、松屋では5月13日から新しいメニューを発売した。

そこで、旧新宿コマ劇場の近くにある「松屋 新宿コマ劇前店」へ。

松屋

店頭には新メニューの大きな幟が2本。

店内の券売機で「山かけ鮪丼(490円)」のチケットを購入し、カウンター席で料理を待つ。

それほど混んではいなかったけど、5分ほど待たされた。

山かけ鮪丼490円@松屋

スーパーで安売りしているキハダマグロが5切れ、丼半分を覆うトロロイモと多めのガリ、刻み海苔という構成。

予想通りというか、期待はずれというか値段通りだった。

味に関しては何も言わないでおこう。


◆希望支払金額:400円(マグロはマグロだけど)
◆費用対効果度:81.6%(400円/490円)

松屋 新宿コマ劇前店
東京都新宿区歌舞伎町1-22-8 小島屋ビル



牛丼@松屋(新宿歌舞伎町)

松屋

牛丼の松屋では、11月5日午前10時から16日午後3時まで、牛丼90円引きセールをやっている。キャッチフレーズは、松屋史上最高のタレできました。タレのどこが「最高」なのかはっきりしないけど、普通に考えれば「最高に美味しい」ということを意味するのだろう。でも、それよりもタレを改定したということをアナウンスすることが重要なのだろうか。

松屋のタレは吉野家のタレに比べて、塩分が控えめなので物足らないと感じる人もいる一方で、しょっぱくないから好きだという人もいるだろう。でも、松屋のような巨大チェーンがタレを見直すようなことになった背景には何があったのか。とても気になる。

松屋 新宿コマ劇前店」の店内にある券売機で、「牛丼(290円)」のチケットを買ってカウンターに。

いつものように2~3分で料理が到着。この店では、奥の厨房から斜めに傾いた滑り台式搬送台で牛丼がカウンター内の店員の前まで流れてくる。

牛丼290円@松屋


見た目は、これまでの牛丼と何ら変わらない。ちょっと牛肉が多いような気もするけど気のせいだろう。

味は、吉野家のようにクセになる濃い味付けではなく、これまで通りに薄味だった。このタレのどこが変わったのか。私の鈍い舌では判別できなかった。

でも、味噌汁付きの牛丼がたった290円だから満足なのだ。


◆希望支払金額:290円(いつもより90円安いけど)
◆費用対効果度:100%(290円/290円)

松屋 新宿コマ劇前店
東京都新宿区歌舞伎町1-22-8 小島屋ビル



 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。