昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超お値打ち丼@若狭家 歌舞伎町店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その78)


靖国通りから解体中の旧コマ劇場にのびるセントラルロードにある「若狭家 歌舞伎町店」へ。

若狭家201106

この店でもワンコインランチを始めたことに気づいたのは1か月ほど前だった。

すぐ近くに「磯丸水産」ができて、いろいろな海鮮丼をこの店より安い価格で提供するようになったので苦戦しているのだろう。

ポスター@若狭家201106

それにしても期間限定とはいえたった390円の海鮮丼はどんな料理だろう。

カウンター席に座り、「超お値打ち丼(390円)」を注文すると、外国人店員に「味噌汁(100円)」を勧められたので、付けてもらったので合計490円

狭い厨房では40~50代の男性が1人で丁寧に調理していた。

3人組の若い中国人女性の分が先に出されて、6~7分後に料理が登場。

お値打ち丼+味噌汁490円@若狭家

390円でも、予想よりもちゃんとしていた。マグロ2切れ・カツオ1切れ・イカそうめん・ネギトロ・甘エビ2本・穴子・炙りサーモンが載っている。穴子と炙りサーモンは切れ端のようだったけど、どれも美味しい。

ご飯は固めで、たっぷりの刻み海苔の香りも嬉しい。

味噌汁は、甘エビの頭で出汁を取ったらしく、仄かな甘味の奥に濃厚な旨みがあった。


◆希望支払金額:600円(値段の割に美味しい)
◆費用対効果度:122.4%(600円/490円)

若狭家 歌舞伎町店
東京都新宿区歌舞伎町1-15-7 栄喜堂1F



本日のサービスランチ@若狭家 歌舞伎町店

歌舞伎町セントラルロードにある海鮮丼専門店の「若狭家 歌舞伎町店」へ。

12時過ぎに入店すると、テーブル席10、カウンター席6の小さな店には、中国人3人、40歳くらい歳の離れたカップル、サラリーマン1人の6人のお客がいた。

店頭に貼られた「本日のサービスランチ(800円)」を注文。この日は、ねぎとろ・タコ・炙りハラス・ヤリイカの4点盛りだった。

20090713若狭家

ものの2~3分で料理が登場。

20090713サービスランチ800円@若狭家

「ウチのワサビは辛みが強いので、気を付けてお使い下さい」という注意とともに、丼が届けられた。“辛みの強いワサビ”は、長さ20センチくらいのケチャップ容器と同じ容器だった。小皿にブチューと5センチほど絞り出して、醤油で溶く。

4種のネタは、値段の割に新鮮で美味しい。特に、ヤリイカはまだ半透明だった。

残念だったのはシャリ。安い米を使っているのだろう。

カウンターの向かいの席に座ったサラリーマンの支払い金額を聞いてビックリ。なんと、2970円だった。

特別に大きな丼でもなかったはず。どんな丼を食べたのだろう。


◆希望支払金額:800円(値段の割に美味しい)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

若狭家 歌舞伎町店
東京都新宿区歌舞伎町1-15-7 栄喜堂1F

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。