TOP > 焼き魚定食

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

焼魚定食(さんま)@うなぎ・焼き鳥 しんかい

【新宿ワンコインランチ・500円】(その114)

新宿1丁目にある「うなぎ・焼き鳥 しんかい」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に15メートルほど歩いてドラッグストアを左折し、新宿通りと靖国通りを結ぶ道路を250メートルほど進んだ交差点の角に店はある。

しんかい

2011年末からビルが外装工事をやっていて足場が組まれている。

ランチメニュー1@しんかい  ランチメニュー2@しんかい

この店は、ランチは寿司を中心としたメニューになっている。ランチタイムには、時々、ワンコインランチが登場する。でも「マグロ丼がワンコインで提供されていたはず」と店頭を通りかかると、「全品1200円」で握り寿司やちらし寿司だけを提供していたこともあった。

今週は、焼魚定食をワンコインで提供していて、寿司類は「全品850円」になっている。ランチの値段がしばしば変更されるのは気分なのだろうか。

カウンター8席、小上がりの4人がけテーブル3卓の店内には、外装工事のペンキ屋さん3人が食事をしていた。

「焼魚定食(さんま)500円」を注文すると、50~60代のいなせな親父が現れて、ウナギ焼き用グリラーでさんまの開きを焼き始めた。

10分ほどで料理が供された。

焼き魚定食(さんま)500円@しんかい

さんまは焼き立てでまだプチプチいっている。程よい塩加減で、醤油は必要なかった。熟成で旨みの増した開きさんまは文句なしに美味しい

漬物は自家製らしい白菜漬けとシワの入った沢庵。これも美味しい。

味噌汁には甘エビの頭が入っていた。エビの旨味が白味噌と合って本当に美味しい。どんぶり3杯飲みたい。

寿司屋でもあるのだから当たり前だけど、ご飯がものすごく旨い。んまい。2回言ってしまった。余計な水分が飛んでいて1粒1粒がキラキラと輝き、飲み込んだ時にのどの奥を快感が抜ける。炊き立てだったら、「うま~い!」と大声で叫びたいほど美味しかっただろう。惜しいなあ。でも、このご飯だけで数百円の価値はある。

次は、海鮮ばらちらしを食べよう。


◆希望支払金額:750円(ワンコインだけどちゃんとした定食)
◆費用対効果度:150%(750円/500円)

うなぎ・焼き鳥 しんかい
東京都新宿区新宿1-32-1


Googleマップの大きな地図で見る


紅鮭塩焼きとチーズたっぷりササミカツ@居食処 焼き鳥 ふるさわ

新宿1丁目の「居食処 焼き鳥 ふるさわ」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て右へ新宿方面に70メートルほど歩いて「Kinko's」の角を右折して60メートルほど先の左手に店はある。

ふるさわ

ランチは、3種の日替り定食と、地鶏照り焼き定食・サバ塩定食・サバ味噌定食6品目ですべて780円

メニュー@ふるさわ  日替わりメニュー@ふるさわ

カウンター5席、テーブル16席の店内はオヤジ度が高かった。入り口横にお茶のポットがあって、玉子と味付け海苔もセルフで運ぶようになっている。

カウンター席に座って、配膳係の40代女性に「日替り定食 B.紅鮭塩焼きとチーズたっぷりササミカツ(780円)」を注文した。

厨房では40代の男性が働いていて、ランチタイムは2人で切り盛りしているらしい。

厨房からゴーッゴーッという音がするので見ると、紅鮭をカセットガスに取り付けたバーナーで炙っていた。揚げ物も1度揚げたものを温め直しているようだった。

隣の男性が、料理が供されて玉子を割ると茹で玉子だった。あれ。茹で玉子だったのね。

10分ほどで同じようにバーナーで炙った紅鮭と揚げ直したささみフライの料理が供された。

紅鮭塩焼きとチーズたっぷりささみカツ780円@ふるさわ

大きめの紅鮭は芯まで温め直されていて美味しい。鬼おろしで粗くおろしたダイコンがサクサクと美味しい。ササミフライは、チーズを挟んだものだった。衣が厚いけど食べ応えがあって美味しい。

小鉢は、ほうれん草・モヤシ・油揚げの煮浸しとミニ冷奴。

普通サイズの茶碗に盛られたご飯はほんの数%の押し麦入り麦飯で、大きなお椀の味噌汁には白菜・ワカメ・油揚げが入っていた。紅鮭が塩っぱかったので、ご飯をお代わりした。

たった1度の食事で、20品目ほどの食材を食べたことになる。

「ふるさわ」は、すぐ向かい側に「酔ってけ ふるさわ」があり、100メートルほど靖国通りに向かった花園通りに3号店の「串焼 ふるさわ」がオープンするらしい。居酒屋が不振の時代になかなか頑張っているのは、清潔な店内とそこそこ美味しい料理を安く提供し、闊達な接客対応が人気の秘訣だろうか。


◆希望支払金額:850円(安くて美味しい)
◆費用対効果度:109%(850円/780円)

居食処 焼き鳥 ふるさわ
東京都新宿区新宿1-14-13 楠ビル1階


Googleマップの大きな地図で見る


紅ジャケ塩焼き@遊山亭

新宿1丁目にある居酒屋の「遊山亭」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て右に新宿方面に向かい、「Kinko's」の角を右折して靖国通り方面に200メートルほど歩く。先日カキフライを食べた洋食屋「Shell」を左折して花園通りを新宿方面に30メートルほど歩いた左手に店はある。

遊山亭

ランチは、日替わりで焼魚と煮魚の定食を出している。

ランチメニュー@遊山亭

小奇麗な店内にはジャズが流され、カウンター11席だけで居酒屋とか定食屋というよりもバーのような雰囲気。先客は7人なのでランチは1回転ちょっとというところだろうか。

ヒゲのオヤジが1人で忙しく働いていた。

「紅ジャケ塩焼き(830円)」を注文して新書を読みながら待つ。

10分ほどで料理が供された。

紅鮭の塩焼き830円@遊山亭

紅ジャケは程いい具合に熟成が進んで美味しい。電子レンジで小鉢ごと温めた肉じゃがが意外に美味しい。ブロッコリーのマヨネーズソース和えも美味しい。

コシヒカリらしいご飯は表面がややザラついていたけど、1粒1粒がしっかりと潰れずに炊けていて美味しい。味噌汁の具は、油揚げとワカメ。

水戸黄門ほどではないけど、鮭の皮が大好きな私としては、皮がカリカリになるまで焼いてほしかった。


◆希望支払金額:830円(ごく普通の焼魚定食だけど美味しい)
◆費用対効果度:100%(830円/830円)

遊山亭
東京都新宿区新宿1-16-9 シャンヴィラカテリーナ102


Googleマップの大きな地図で見る


さば塩焼き定食@とよ吉

新宿1丁目にある居酒屋の「とよ吉」へ。

ランチメニュー@とよ吉

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に向かい、ドラッグストアを左折して靖国通り方面に200メートルほど歩く。5つ目の交差点で右折し、50メートルほど先にあるビルの2階に店はある。

同じビルの1階には、讃岐うどんじゃない「さぬき家」がある。

とよ吉

店内は、入口右側の小上がりに4人がけテーブル、左側には掘りごたつ式の4人がけテーブルが5つ並び、カウンターには5席あったけど、ビジネスマンでほぼ満席だった。

60代のビジネスマンと相席になって、「焼き魚定食(ノルウェー産さば塩)700円」を注文した。

食べ終わりつつある先客を見ると、日替わり定食(650円)とハンバーグ定食(700円)が人気のようだった。

注文を受けてから魚を焼くらしく、6~7分で料理が供された。

さば塩焼き定食700円@とよ吉

さば塩焼きには大根おろしと昆布煮がついていて嬉しい。小鉢は切り干し大根・竹輪・こんにゃく・ニンジンの煮付け。

定食屋で供されるのは塩蔵さばが多いから、本当は「さば塩焼き」ではなく「塩さば焼き」なのではないか、などと考えながらつまむと、焼き立ての塩さばは脂がたっぷり乗っていて美味しかった。

味噌汁は、油揚げとモヤシがたっぷり入った白味噌仕立て。ちょっと塩辛い。大盛のご飯は、やや柔らかめだった。

ごく普通だけどちゃんとした定食が650円から食べられるのだから、人気なのもうなずける。

次は、さば味噌を食べよう。


◆希望支払金額:700円(ごく普通だけど安心できる味)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)


とよ吉
東京都新宿区新宿1-30-12 ニューホワイトビル2F


Googleマップの大きな地図で見る


焼き魚(ぶり照り焼き)定食@魚然 新宿店

新宿1丁目の「魚然 新宿店」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に向かい、15メートル先のドラッグストアを右折し200メートルほど進んで花園通りを渡った先の左側に店はある。

魚然 新宿店

この店は近くに「炉端焼き 魚然」と炭火焼鳥の「TRIONTO(とりんと)」といった業態が微妙に異なる姉妹店があるようだ。

ランチメニュー@魚然 新宿店

ランチは780円均一で6種類(焼き魚・煮魚の種類によって7~8種類)の定食を提供している。

日替わりメニュー@魚然 新宿店

日替り定食は和風ハンバーグ、焼魚はさわら西京焼きとぶり照り焼き、煮魚は金目鯛だった。

4人がけテーブルが5つほど、カウンター3席の店内はほぼ満席だった。カウンター席に案内され「焼魚(ぶり照り焼き)定食(780円)」を注文すると、40代の調理人はカウンターのお盆に積み上げたぶり照り焼きから1つ摘んで温め直し始めた。焼魚は調理済みらしい。

しばらくして、「卵と海苔はサービスです」という言葉と共に小鉢が供された。赤玉の大きな卵と味付け海苔がカウンターに置いてあって自由に食べられるようになっているのだ。卵かけごはん専用醤油も用意してある。

3~4分で料理が供された。

焼魚(ブリ照り焼き)定食780円@魚然 新宿店

尻尾の方だったけど、ブリは大きな切り身だった。分厚い身がちょっと生臭いけど美味しい。

手作りコロッケもついていた。荒く潰したジャガイモと粗挽きの挽肉、タマネギがほどよく混じり合って手作りらしいコロッケは驚くほど美味しい

ご飯は大きめのご飯椀にたっぷりで満腹になったけど、お代わりしたお客もいた。


◆希望支払金額:780円(濃い味付けの鳥そぼろが美味しい)
◆費用対効果度:100%(780円/780円)

魚然 新宿店
東京都新宿区新宿1-30-7



Googleマップの大きな地図で見る


焼き魚(えぼ鯛開き)定食@花てまり

四谷三丁目の「花てまり」へ。

東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅の4番出口を出て、新宿通りを四谷方面に30メートルほと歩き、高級ふりかけ「金松梅」ビルの隣のビルの2階に店はある。

花てまり1

急な階段を上って引き戸を開けると、左右に細長く広がる店内はカフェのような内装だった。店名にちなんで入り口の框に手まりが埋め込まれているのでちょっと驚く。

4人がけテーブルが6、2人がけテーブルが4、カウンターが5席ほどの店内には先客が10人ほどいた。

ランチメニュー@花てまり

ランチの定食は、焼き魚(日替わりで魚の種類が変わる)・焼き魚ととろろ(トトロじゃなくて、魚と、とろろ)・焼き魚と秋刀魚の刺身・鯵フライとコロッケ・豚ロース肉の生姜焼きなど。

50代の元気な女性スタッフに、「焼き魚定食(690円)」えぼ鯛開きで注文すると、6~7分で料理が到着した。

焼き魚(えぼ鯛開き)定食690円@花てまり

嬉しいことにスダチが付いていた! 一夜干しのえぼ鯛は丁寧に焼かれていて美味しいけど、やや塩辛い。付け合せの柴漬けはもちろんだけど、小鉢の白菜も既製品っぽい。

ご飯はかなり柔らかめで、味噌汁は白味噌の濃厚な味が美味しかった。


◆希望支払金額:690円(店内の内装とミスマッチな定食)
◆費用対効果度:100%(690円/690円)

花てまり
東京都新宿区四谷3-7 かつ新ビル2F


Googleマップの大きな地図で見る


新さんま定食+五目野菜炒め+ひじき煮@やぶ天食堂

昼時にJR新宿駅に戻ったので、西口の新宿思い出横丁にある定食屋の「やぶ天食堂」へ。

久しぶりに訪れると、550円だったサバ塩焼き定食などが600円に値上がりしていた。

やぶ天201111

「さんま定食ライス小(550円)+五目野菜炒め(100円)+ひじき煮(100円)」を注文。ひじき煮は普段は150円だけど、サービスで100円だったのだ。

小ライスと味噌汁、五目野菜、ひじき煮はすぐに供され、サンマも5分ほどで供された。

新さんま定食550円+五目野菜炒め100円+ひじき100円@やぶ天

温め直しだけど大きさな美味しい。大根おろしがたっぷりなので嬉しい。

五目野菜炒めもたっぷりだし、ひじき煮にはしっかり旨みが煮含ませてあって嬉しい。


◆希望支払金額:850円(他の店ならばこれくらい)
◆費用対効果度:113%(850円/750円)

やぶ天食堂
東京都新宿区西新宿1-2-7


Googleマップの大きな地図で見る


チョイスランチ@うま久 新宿御苑店

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、新宿通りを右に新宿方面に70メートルほど歩き、「kinko's」のある角を右折して靖国通り方面に50メートル進んだところにある居酒屋の「うま久 新宿御苑店」へ。

うま久 御苑店

この店のランチは、5種類のおかずから1品選ぶサービスランチ(550円)と、おかず2品を選ぶチョイスランチ(700円)、刺身とおかず1品を選ぶチョイスランチ(800円)、おかず1品を選ぶ親子丼セット(700円)、海鮮丼(800円)となっている。

おかずは日替わりで「1.焼き魚 2.肉系 3.オムレツ 4.煮物 5.ハンバーグ」など。

ランチメニュー@うま久 御苑店

店内は、40~50代のワイシャツ姿で込み合っていた。この店もオヤジ度が高い。

壁には、メニューの他にお酒の名前がずらりと貼られている。日本酒は70~80種類ほど、焼酎も60種類以上とかなりの品揃えで、専用の冷蔵庫もあるらしい。

大きなテーブル席に案内されて、「チョイスランチ(700円)」の「赤魚のゆず風味焼き」と「筑前煮」でお願いした。

すると、ものの1~2分で料理が登場。

チョイスランチ700円@うま久 御苑店

「赤魚」は、かつてはアコウダイという名前で定食屋に登場していたアラスカメヌケだろう。焼き魚というよりも煮魚のように固かった。

筑前煮も普通。

多品目の食材を食べられたが、どれも味は普通だった。

ご飯は、箸を突き立てたらそのまま丼から持ち上げられるほどカチカチだった。炊き上がったご飯は「混ぜてほぐす」ということを知らないらしい。

向かい側に座った50代の女性が海鮮丼を注文し、届いた丼にとんかつソースをかけようとしたので慌てて止めて、醤油瓶を指さした。アジア系の女性なので、日本人なら誰でも知っている榮久庵憲司がデザインしたキッコーマンの卓上醤油瓶を知らなかったらしい。


◆希望支払金額:700円(味は普通だけど、彩りがあって楽しい)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)

うま久 御苑店
東京都新宿区新宿1-16-16 カテリーナ1F


Googleマップの大きな地図で見る


縞ホッケ焼定食@御苑 炉庵

焼き魚が美味しいと評判の「御苑 炉庵」へ。

東京メトロ新宿御苑前駅の2番出口を出て新宿通りを新宿方向に100メートルほど歩き、「和民」の大きな看板がある交差点を右折して靖国通り方面に150メートルほど歩いた左側に店はある。

御苑 炉庵201110

左側の大きな引き戸を引くと、大きな6角形のカウンターがあり、その奥に2人がけテーブル席、さらにガラスで仕切られた奥にもテーブル席がある。50席ほどある店内は、ビジネスパーソンでほぼ満席でいかにも人気店らしい。

カウンターの中央には、店名通りに炭火の炉が設えてあって、立てかけた炭火の前には串に刺した魚が並んでいた。

ランチは、刺身定食・銀鱈西京焼き定食1000円鰆山椒タレ焼・縞ホッケ焼・トロ鯖塩焼・紅鮭塩焼・カキフライ定食850円とシンプル。

「縞ホッケ焼定食(850円)」を注文して、灰色のタンクトップで魚を焼く職人を見ていると、串に刺してずらりと並べた魚から注文のあった魚を手前の炭火が強い場所に移し、ガスバーナーで焼き目をつけていた。

この店は注文を受けてから焼き始めるのではなく、一旦焼いて、炉端に立てかけたおいた魚を温め直して提供しているらしい。

6~7分で料理が供された。

縞ホッケ焼き定食850円@御苑 炉庵

大量の大根おろしがついた中ぐらいのサイズのホッケが登場。芯までホクホクに焼かれていて美味しいけど、本当に焼き立ての熱々ではない。

小鉢は、隣の女性はダイコンの浅漬サラダのようなものだったけど、こんにゃく入りのきんぴらごぼうになっていた。

ご飯はあまり美味しくない。味噌汁は鰹節や昆布のダシの味がなくて、味噌の生っぽい香りが強い。刻みネギではなく、刻みえのき茸が入っていたのは珍しいけど、この味噌にはネギの香りのほうがずっと合うはずだ。


◆希望支払金額:850円(ホッケに問題があったのかもしれないが、大して美味しくない)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)


御苑 炉庵
東京都新宿区新宿2-9-20 間川ビル1F


Googleマップの大きな地図で見る

魚定食@カフェレストラン京

四谷4丁目交差点から新宿方面に新宿通りを100メートルほど歩き、ファミリーマートの手前で右折して靖国通り方面に向かう。150メートルほどさきの小さな四つ角にとんかつ屋、古い喫茶店が2軒、牛たんの店が1軒とランチを出す店が4軒集中しているのを発見した。

一緒に歩いていた「Iさん」が「古い喫茶店で出す食事に、外れはないんだよなあ」と言う。そこで「カフェレストラン京」に入って見ることにした。

カフェレストラン京201110

店頭に手書きしたランチメニューが看板に貼られていた。

ランチメニュー@カフェレストラン京

35~36席ほどある店内は、お客でいっぱいだった。お客の平均年齢は50代半ばと高めだ。

空いているテーブル席に座って「魚定食(780円)」を注文。

なかなか料理が出てこないので厨房のほうを見ると、それを察して「もうしばらくお待ちください。いま焼いていますから」と70代の上品な女将が言う。厨房では、同じく70代の女性が料理を担当していた。

10分ほどで到着した料理は、彩り鮮やかでとても綺麗だった。

魚定食780円@カフェレストラン京

丁寧に焼かれた塩サバはちょっと塩っぱいけど、大根おろしやシラスと一緒に食べるとさらに美味しい。

肉じゃがは、口に入れただけで崩れるほど柔らかいジャガイモと、牛肉が甘辛い味付けで煮込まれていて美味しい。

ぬか漬けは、ちょっと古漬けになっていたけど、ご飯は1粒1粒がキラキラ光っていた。

次は手作りシュウマイの「シューマイセット」を食べよう。


◆希望支払金額:780円(いわゆる定食屋のランチ)
◆費用対効果度:100%(780円/780円)

カフェレストラン京
東京都新宿区四谷4-32-8


Googleマップの大きな地図で見る

« 新しい記事に行く  | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析