TOP > 焼き魚定食

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロホッケ開き(1/2尾)定食@こころむすび

新宿2丁目にある「こころむすび」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て右へ新宿方面に160メートルほど歩き、「和民」の大きな看板のある交差点を渡って右折し50メートル先を左折した左側に店はある。

こころむすび

この店は「銀しゃりとひもの炭火焼」とサブタイトルが付いているように、焼魚が美味しいと評判だ。

ランチメニュー@こころむすび

ランチは900円均一でちょっと高め。

カウンター6席、2人がけテーブル6卓の店内は、おじさんたちでいっぱいだった。テーブル席に座って「トロホッケ開き(1/2尾)定食(900円)」を注文した。

周りを見渡すと、まだ食事前のお客が多い。厨房の焼き場では、30代の料理人がもうもうと炎を上げながら魚を炭火で焼いている。何度も金串を刺して下唇の下に当てて焼け具合をみている。

5分ほどで次々と運ばれた料理は先客6人分のものだった。メニューに「特大あじ」とあった鯵は、長さ20センチ以上もあって本当に特大だった。鯵にすれば良かったかも。

料理人は、私のホッケにも何度も金串を刺しては下唇の下に当てている。むむ、これは間接キスになるんじゃないだろうか。

さらに5分ほどで料理が供された。

トロホッケ開き定食900円@こころむすび

何度も焼け具合を確かめながら、炭火で丁寧に焼かれたホッケは、メニューにはわざわざ「1/2尾」と書かれていたけど十分な大きさだった。嫌な臭みは全くなくて、脂が乗っていて美味しい。

試しに皮を食べたら、生臭さは全くなくて炭火焼特有の香りがついていてとても美味しかったので、全部食べてしまった。

小鉢のヒジキ煮と、ダイコンとキュウリのぬか漬けは普通。

味噌汁は、仙台味噌のような香りがして美味しい。

ご飯は、1粒1粒がキラキラと輝いていたけど、ほんの少し芯があった。


◆希望支払金額:900円(丁寧に焼かれたホッケが美味しい)
◆費用対効果度:100%(900円/900円)

こころむすび
東京都新宿区新宿2-8-17 SYビル1F


Googleマップの大きな地図で見る


スポンサーサイト

焼魚定食(塩こうじ鮭)@さ行や 龍川

四谷三丁目に近い荒木町にある「さ行や 龍川」へ。

東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅の4番出口を出て四谷方面に160メートルほど歩き、みずほ銀行の先を左折して「車力門通り」に入る。150メートルほど先を道なりに左折してすぐに右折して80メートルほど先の左側に店はある。

さ行や 龍川

看板に板に「オリジナルアイデア料理」と書かれているとおりに、ランチメニューは豊富だ。しかもすべて600円と安い。

ランチメニュー@さ行や 龍川

カウンター8席、小上がりの4人がけテーブル2卓の店内に、先客は5人で、数人分の食べ終わった食器がカウンターに置いたままになっていた。この店は、70代の女将が1人で切り盛りしているらしい。

カウンターの端に座って流行りの塩麹を使った「焼魚定食(塩こうじ鮭)600円」を注文すると、「味噌汁とスープのどちらにします?」と聞かれた。スープは牛すじの辛いスープということで、スープをお願いした。

女将は厨房に戻って小さなサラマンダーに鮭を載せた。作り置きではなく、注文を受けてから焼いてくれるようだ。

ジュージューと揚げ物の音がするのは、カウンター席からは見えない厨房の奥でフライを作っているらしい。舌平目・ひれかつ・いかのミックスフライは美味しそうだった。

10分ほどで料理が供された。

焼魚定食600円@さ行や 龍川

小さめの鮭は、塩こうじの旨みが染みて熟成されていて美味しい。

牛すじがいくつも入ったスープは、かなりピリ辛で美味しい。プルプルした食感の牛すじももちろん美味しい。

小さな茶碗で供されたご飯も固めに炊かれていて美味しかった。

「さ行や」という店名に、一方ならぬ想い入れがありそうだけど、女将さんが忙しそうだったので残念ながら尋ねられなかった。


◆希望支払金額:750円(塩こうじ鮭が美味しい)
◆費用対効果度:100%(750円/600円)

さ行や 龍川
東京都新宿区荒木町9 大松ビル1F


Googleマップの大きな地図で見る



鯵利休干@三ちゃん

焼魚が美味しいと評判の新宿三栄町にある「三ちゃん」へ。

東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅の4番出口を出て、そのまま四谷方面に400メートルほど歩いて、路地に左折して40メートルほど先の建物の2階に店はある。

三ちゃん

今日の魚は、鮭照焼と鯵利休干。

狭い階段を登ると灰色の木製ドアがあるけど、店名などは何も書かれていない。

勇気を奮ってドアを開けると、カウンター7席、4~5人がけのソファ席の店内に先客は4人。すでに食事中の30歳前後の男性と、食事前でけたたましくしゃべっている70~80代の女性3人。傍若無人でうるさいお婆さんは1人だけで、あとの2人は相槌を打っているだけだった。うるさいお婆さんは店主の知り合いらしい。

店主は、着流しに角帯でタスキを締めたいなせな70代の男性で、口跡が鮮やかで驚くほど腰が低い。

カウンターの端に座って熱いお茶をもらい、「鯵利休干(900円)」を注文した。

注文を受けてから魚を焼くので10分ほどで婆さん3人に料理が供され、さらに5分ほどで私の番になった。

鯵利休干900円@三ちゃん

とても美しい。でも魚が小さい。

鯵の利休干しは、みりん干しほど甘くはなくて、熟成された鯵が美味しい。

ダイコンと生姜の細切り浅漬は、やや酸味が出ていたけどサッパリとしている。白滝のタラコ和えには桜えびが載っていて香ばしく、姫竹の触感が楽しい。

野菜の炊合せは、どれも出汁の旨味が加味されていて上品で美味しい。

味噌汁は、鰹節の旨味がたっぷりで申し分の無い旨さだった。

食後には、ブドウが3粒供された。


◆希望支払金額:900円(美しくて美味しい上品な焼魚定食)
◆費用対効果度:100%(900円/900円)

三ちゃん
東京都新宿区三栄町18


大きな地図で見る




生鮭照焼定食@お菜処 ゆう

新宿2丁目にある「お菜処 ゆう」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑駅の1番出口を出て左へ新宿方面に100メートルほど歩いて「フレッシュネスバーガー」の手前を左折し、40メートル先を右折すると、20メートル先の左側に店は見えてくる。

お菜処 ゆう

ランチは、日替りで700円の定食が数種類と、800円の丼物を提供している。

ランチメニュー2@ゆう

カウンター10席ほど、4人がけテーブル1卓、小上がりの6人がけテーブル1卓の店内に、先客は3人。60代の店主がたった1人で働いていた。

「生鮭照焼定食(700円)」を注文すると、店主は金串に刺して焼いた鮭をお皿にとりわけた。うむ、作り置きなのね。

続いて、店主は小鉢を1つずつカウンター越しに渡してくれた。

生鮭照焼定食700円@ゆう

鮭は身の表面だけではなく、芯まで味が沁みている。身の熟成が進んでいて飴色で透明感があるので、照焼きというよりも西京漬けみたいで美味しい。ちょっと塩っぱいけど。

小鉢は、ヒジキ煮と冷奴。

ご飯とワカメがたくさん入った味噌汁が美味しかった。


◆希望支払金額:700円(鮭が焼き立てだったらもっと美味しかったのに)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)

お菜処 ゆう
東京都新宿区新宿2-4-1 第22宮庭マンション106


大きな地図で見る



シャケ塩焼定食@お食事処 花膳

【新宿ワンコインランチ・500円】(その130)


新宿2丁目にある「お食事処 花膳」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、新宿通りを右に新宿方面に400メートルほど歩き、時計店の角を右折して、2つ目の路地を左に入った左手に店はある。

なぜか100メートルと離れていないすぐ近くに、ほとんど同名の「御苑前 花膳」という店があるけど、こちらはふぐと鱧料理の料亭で、ランチは営業していない。

お食事処 花膳

店の周辺にはワンコインランチを謳う看板がいくつもあって、弁当を売る屋台まである。

この店では、焼肉定食・野菜炒め定食・アジフライ定食・白身フライ定食・ハンバーグ定食・田舎煮定食・アジ開き定食・サバ塩焼定食・シャケ塩焼定食・サンマ塩焼定食・サンマ開き定食・アジの開き定食と13種類をワンコインで提供している。

ワンコインランチメニュー@お食事処 花膳

12時過ぎに激しい雷鳴がとどろきはじめ、わずか10分ほどだったけど豪雨になった。

この店は、以前は立ち食いそば店だったのだろうか。L字型カウンター8席のとても狭い店内に、先客は6人。

忙しく働いていた70歳前後の調理人に「シャケ塩焼定食(500円)」を注文すると、冷蔵庫から鮭の切り身を取り出してサラマンダーで焼き始めた。ワンコインなのに、ちゃんと焼いてくれるらしくて嬉しい。

先客のシャケ塩焼定食・ハンバーグ定食・白身フライ定食が次々に運ばれた。

10分ほどで料理が供された。

シャケ塩焼定食500円@お食事処 花膳

これでワンコイン? ちゃんとした定食だったので嬉しい驚きだった。

長さ15センチほどのシャケは厚さ3センチ以上あるし、大根おろしもちゃんと付けてある。

シャケの旨味は少ないけど、薄塩で美味しい。

小鉢は、キンピラゴボウ・切り干し大根・冷奴。漬物は白菜の浅漬け。味噌汁の具は油揚げとワカメ、キャベツ。どれもやや薄味だった。

ご飯がやや柔らかいのが残念だけど、ワンコインだもの十分に満足なのだ。

ハンバーグは既製品をチンしていたので、次は焼肉かサンマの開きでも食べよう。


◆希望支払金額:750円(ワンコインなのに素晴らしいです)
◆費用対効果度:150%(750円/500円)

お食事処 花膳
東京都新宿区新宿2-11-13


Googleマップの大きな地図で見る



いわし丸干し定食@和田屋

【新宿ワンコインランチ・500円】(その129)


四谷4丁目交差点の近くにある「和田屋」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、新宿通りを左に四谷方面に300メートルほど歩き、「寿司 三ます」の手前を左折して20メートル先の右手に店はある。

和田屋20120501

この店はしばらくランチ営業を休んでいたようだけど、最近になって再開するようになった。しかも、すべてワンコインランチなのだった。当然、人気になって外で順番を待つ人がいたので入店を諦めたこともある。待つ人のための椅子も用意してある。

鮭バター正油・さば塩焼きが定番で、ほっけ開き・いわし丸干しなどが日替りで提供されている。焼魚以外にも「牛玉丼」がある。

12時過ぎに入店すると、カウンター9席の店内に先客は4人。2人は食べ終えかけていた。

イワシをしばらく食べていないので「いわし丸干し定食(500円)」を注文した。

温め直してくれたので5分ほどで料理が供された。

いわし丸干し定食500円@和田屋

えっ! これで500円なの? ワンコインとは思えない充実ぶりだった。素晴らしい!

少し脂が酸化していたけど丸干しは、塩っぱすぎずに美味しい。

自家製の浅漬、竹の子の醤油煮が美味しい。竹の子が付いていたのはイワシの丸干にだけだった。「イワシが小さかったから……」ということらしい。

小鉢は、高野豆腐の玉子とじで味付けが絶妙だった。味噌汁は、白味噌が甘めで美味しい。

ご飯もモチモチとした食感で美味しかった。

後からきたお客が注文した「牛玉丼」がとても美味しそうだった。


◆希望支払金額:750円(ワンコインとは思えない充実ぶりに感動!)
◆費用対効果度:150%(750円/500円)

和田屋
東京都新宿区四谷4-28-20 パレエテルネル第一シンコウビル1F



Googleマップの大きな地図で見る





生にしん塩焼き定食@道産子 新宿2丁目店

新宿2丁目にある「道産子 新宿2丁目店」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、新宿通りを右に新宿方面に400メートルほど歩き、古い時計店を右折して「仲通り」を50メートルほど進んだ右手に店はある。「仲通り」をそのまま進むと、昼間から道端に青年たちが佇んでいるオカマのメッカに至る。

道産子

店頭には、道産子セット・初かつお刺漬け丼・若鳥唐揚げ・豚ロース生姜焼き・生にしん塩焼き・メカジキヒレ煮・いぼ鯛黒酢野菜あんかけの7種類のサンプルが並んでいた。これが600円均一だからとても安い。

「お楽しみ」と書かれた「いぼ鯛」が日替りらしい。エボダイじゃないかと思ったら、エボダイは東京方言で、スズキ目イボダイ科の魚はいぼ鯛が正しいのだった。

サンプル@道産子

4人がけテーブル8卓、6人がけテーブル2卓の店内では、厨房3人・ホール2人の5人が働いていた。

「どこにでもお好きなところにどうぞ」と言われて、厨房に近いテーブル席に座って「生にしん塩焼き定食(600円)」を注文して、隣のテーブルからぐい呑みを取ってきて卓上のボットからお茶を注いだ。

と、1~2分で料理が供された。焼魚を頼んだのに。

生にしん塩焼き定食600円@道産子

ちょっと小さめのニシンは串を打って焼いてあったけど、残念ながら人肌に冷めていた。焼き立てだったら美味しかっただろうけど、残念ながらあまり美味しくない。大根おろしと葉唐辛子が美味しい。

細いうどんは蒸し麺のようにもっさりとした食感で、つけ汁はちょっと甘めだった。

小鉢は切り干し大根。

ご飯は、コシヒカリのようなもちもちした食感で美味しい。


◆希望支払金額:600円(ニシンが焼きたてだったら800円)
◆費用対効果度:100%(600円/600円)

道産子 新宿2丁目店
東京都新宿区新宿2-10-7 TOMビル1F


Googleマップの大きな地図で見る





焼魚定食(甘塩さば)@樅

四谷4丁目にある「」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、新宿通りを左に四谷方面に250メートルほど歩き、「ファミリーマート」の先を左折して200メートルほど行ったT字路の角に店はある。向かい側には喫茶店「」とワンコインカレーを食べた「京田」、隣はめんちかつ定食を食べた「くらや」があって、ちょっと離れたところにはイタリア料理店の「イル・モンド」があって飲食店が集中している。

樅

ランチは650円から提供していてドリンクが付いているので、この辺りではかなり安い。

ランチメニュー@樅

店内は想像より狭く、カウンター7席と赤いソファーのテーブル席が丸椅子トゥールを加えて12席。

かろうじて空いていたテーブル席に案内され、「焼魚定食(甘塩さば)700円」を注文した。

60~70代の女将とやや若い女性の2人で切り盛りしていて、場末のスナックみたいな内装だけど、漫画の単行本が大量にあったり、カウンターに大きなサイホンがあるので、元々は喫茶店だったのかもしれない。

先客が注文した650円の焼きうどんは大皿に驚くほどの大盛だった。

さばをちゃんと焼いてくれたらしく、10分ほどかかって料理が供された。

焼魚定食(甘塩さば)700円@樅

焼き立てのさばが火傷しそうなほど熱い。「甘塩」で程よい熟成の塩さばは美味しい。小鉢のヒジキ煮には白滝が入っていた。

大きなご飯椀に入ったご飯は、通常の大盛の分量だった。

食後に運ばれたホットコーヒーは、コーヒーの表面のカップと触れる縁の部分がオレンジ色がかった茶色で、濃くて美味しい。香りは少ないけど、苦味がやや強く、酸味や渋味はほとんどなかった。


◆希望支払金額:700円(焼魚も美味しいけど、ホットコーヒーが美味しい)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)


東京都新宿区四谷4-31



Googleマップの大きな地図で見る


A定食(縞ほっけ一夜干し焼き+大根おろし)@さくら水産 新宿御苑前店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その123)


新宿1丁目にある「さくら水産 新宿御苑前店」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、左に15メートルほど進んでドラッグストアを左折し、60メートルほど先の角のビルの地下に店はある。1階は「ファミリーマート」。

さくら水産 新宿御苑前店

さくら水産」では、日替りでワンコインランチを提供している。

ランチメニュー@さくら水産

390円のカレーもあるけど、まだ食べたことはない。

カレー390円@さくら水産

ワンコインランチは、A定食とB定食の2品目で日替りになっているけど、さくら水産のサイトで確認することができる。

日替わりメニュー@さくら水産

階段を降りてすぐのところにある券売機で「A定食(縞ほっけ一夜干し焼き+大根おろし)500円」のチケットを購入して店内に入ると、意外に広い店で20席ほどのコの字型カウンターが3つあって、壁側は4人がけテーブル席4~5卓、奥には10席以上の長いテーブル席が3卓と120席以上はある。

カウンター席はほぼ満席で、4人がけテーブル席も満席、奥の長いテーブル席が辛うじて空いている状態だった。

可◯◯」という名札をつけた男性スタッフにチケットを渡そうとすると、「お待ちください」とぎこちない日本語で高圧的に言い放ち、何度も厨房とカウンター席を行き来しているのになかなかチケットを取りに来ない。

でも、チケットを渡すと20秒ほどで料理が供された。

A定食縞ほっけ一夜干し+大根おろし500円@さくら水産

小ぶりなほっけの開きと小さじ1杯ほどの大根おろしだった。縞ほっけというのは、一般的なほっけよりも深い海に生息しているらしい。

元々の匂いと脂が酸化したためだろうけど、ほっけがちょっと臭い。特に皮と身の間は臭かった。半分ほど食べて、あとは玉子かけご飯にした。

ご飯は相変わらず表面がザラザラとしていて、水分が多すぎて米粒が潰れている。

たとえ主菜が「残念」でも、「さくら水産」のランチはご飯・味噌汁・生玉子・板のり(味付けじゃない海苔)・漬物(キュウリの醤油漬け)・ふりかけが食べ放題なのでなんとかなる。


◆希望支払金額:400円(ほっけが臭かった)
◆費用対効果度:80%(400円/500円)

さくら水産 新宿御苑前店
東京都新宿区新宿1-13-1 大橋御苑ビル別館B1


Googleマップの大きな地図で見る


シャケ塩焼き@もて茄子や 新宿御苑店

新宿1丁目にある「もて茄子や 新宿御苑店」へ。「おもてなし」のダジャレが店名というのはナンだけど。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、左に15メートルほど進んでドラッグストアを左折し、60メートルほど進んで右折して30メートルほど歩いた右側に店はある。手前は居酒屋「おに平」。

もて茄子や 新宿御苑店

以前はランチ営業をしていなかったけど、店頭を通るといつの間にかランチを始めていた。

ランチメニュー@もて茄子や

ランチは、八宝菜(750円)・シャケ塩焼き(700円)・白身魚フライ(650円)の3種類だけで、コーヒーが付くらしい。

店内は、入口右の6人がけテーブル2卓、4人がけテーブル8卓が手前にあって、店の奥は同じくらい広くて全部で100席もあるらしい。

若い中国人女性スタッフに案内されてテーブル席に座って「シャケ塩焼き(700円)」を注文した。厨房の奥からぎこちない発音の「いらっしゃいませ」という男性の声がした。ホール係だけでなく、厨房にも中国人がいるのだろう。

5~6分で料理が供されたので、シャケは焼き立てではないらしい。

シャケ塩焼き700円@もて茄子や

麻婆豆腐と韓国のり、アイスコーヒーが付いていた。

シャケは長さ15センチ厚さ3センチほどもあってとても大きい。焼き立てではないのが残念だけど、うす塩でまだかなり温かくて美味しかった。

麻婆豆腐は、豆板醤の辛味と花椒の舌がしびれる辛さが効いていてちょっと驚いた。そういえば、ランチメニューに八宝菜があった。厨房に中国人調理人がいて、四川風麻婆豆腐を提供できるということだろうか。

小鉢は、イカのタラコ和えで美味しい。

固めに炊かれたご飯は、コシヒカリ系のモチモチとした噛みごたえがあってとても美味しかった。


◆希望支払金額:700円(おかずもご飯もたっぷり)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)

もて茄子や 新宿御苑店
東京都新宿区新宿1-12-10 ネヴァギブアップ月城ビル


Googleマップの大きな地図で見る


 | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。