TOP > 鰻

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

うな丼@花車

カプセルホテル新宿グリーンプラザの1階にある「さしみ居酒屋 花車」へ。
地下のリリカルにはこれまで2度入ったけど、1階のこの店は入り口横に展示してある日替わり定食に、食べたいと思うような料理が出ないので入店する機会がなかった。

20090630花車02

狭い入り口に反して、店内は広大だった。軽く100席を超えるのではないだろうか。

ランチは、日替わり定食、本日の焼き魚定食、刺身定食のほか、1500円からの会席もある。毎週火曜日は丼ものが追加されるけど、今日は特別にうな丼だった。

カウンター席に案内され、もちろん「うな丼(750円)」を注文。

若い男女のホール係たちがテキパキと働いていて、清々しい気持ちにさせられる。

6~7分で料理が登場。

20090630うな丼750円@花車

うなぎの蒲焼きは1切れと切れ端1つだったけど、身が分厚いので美味しい。ご飯が良い米を上手に炊いているようで、ツヤツヤして美味しい。タレも甘過ぎなくて美味しい。

味噌汁の具は、若布のごく若いところでこれも美味しい。

サラダは、供される直前まで冷蔵庫で保存されていたらしく、レタスはシャキシャキとした歯ごたえ、鉢もよく冷えていた。

意外と言っては失礼だけど、ちゃんとした料理を出す店だった。

次は焼き魚定食を食べよう。


◆希望支払金額:750円(値段の割にちゃんとした料理)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

さしみ居酒屋 花車
東京都新宿区歌舞伎町1-29-2

鰻弁当@登亭

今日は朝から会議だった。

昼食は会議室で鰻弁当(値段は不明)、お吸い物付き。

090214鰻弁当@登亭

包み紙のラベルを見ると「鰻(国産)」と書かれていた。
中国産の食品のデタラメぶりはつとに有名になってしまい、スーパーでは中国産鰻の蒲焼きが安売りをしても大量に売れ残っている。だから、国産と書かれているとちょっとだけ嬉しい。

それにしても、なぜ中国企業は安全を無視した食品を平気で生産するのか。企業倫理の問題というよりも、国民一人ひとりの倫理観が問題のはずだ。

ウェーバーは近代資本主義がプロテスタンティズムとピューリタニズムから生まれたことを明らかにしたけど、欲望を極大化するだけの資本主義を手にした中国人に倫理を問うても鼻で笑われるだけなのだろう。


◆希望支払金額:?(支給品なので値段は不明)
◆費用対効果度:?(料金が不明なのでコストパフォーマンスも不明)

登亭 新宿店
東京都新宿区新宿3-32-10

« 新しい記事に行く  | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析