TOP > 鰻

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鰻丼@小ばやし

立秋を過ぎたのに猛暑が続いている。鰻を食べて暑さに負けないスタミナをつけよう、ということで、ほぼ1年ぶりに新宿アルタの裏通りにある「小ばやし」へ。

小ばやし201108

1年前に比べ、サービスランチの「鰻丼」は105円値上がりしていた。

メニュー@こばやし   ランチメニュー@小ばやし
2010年9月                         今年は105円値上げ

店内に入ると、先客は男性2人。

カウンター席の奥に座ると、着物姿の仲居さんが冷たいお茶とお新香を運んできた。あの尊大な女将はいないらしい。鉄製風鈴の透明感のある音が狭い店内にこだまして、いかにも涼やかだった。

「鰻丼(1680円)」を注文すると、目の前の狭い厨房で70代の職人がすぐに白焼きを取り出して、タレを付けて焼き始めた。

丼にご飯を入れてまんべんなくタレをかけ、焼串でご飯をほぐしている。細い焼串だからご飯がふんわり仕上がるのね。

6~7分ほどで料理が供された。

サービスランチ鰻丼1680円@小ばやし

ちょっと小ぶりの蒲焼きが1切れ半。まんべんなくタレのかかったご飯と蒲焼きの間に山椒を振る。

蒲焼きの表面はカリカリに香ばしく焼けていて、身はふっくらしていて美味しい。皮も固くないし、変な生臭さは全くない。でも脂はしっかり残っていて、唇の周りがおいしい脂で包まれる。

蒲焼きのタレはちょっとだけ薄味だけど、お吸い物はかなり塩っぱい。でも、白髪ネギと大葉のみじん切りの香りが心地よい。

美味しい物を食べた幸福感が身体全体を包み込む。吉野家の550円のうな丼と比べて「3倍美味しいのか」と問われれば、「10倍美味しい」と答えるだろう。

このまま美味しい余韻に浸っていたい。

あ、いかんいかん。仕事に戻らなければ。


◆希望支払金額:1680円(本当に美味しい鰻丼です)
◆費用対効果度:100%(1680円/1680円)

小ばやし
東京都新宿区新宿3-25-6



スポンサーサイト

サービスランチ「うな丼」@うなぎ菊川

先週、「新宿うな鐵」でとても残念なうな重を食べさせられたので、ここは何としても捲土重来というか起死回生というか、うなぎの名誉挽回を図らなければならない。

そこで、コメントを何度も寄せていただいている「ぼんぼんさん」がお薦めの「うなぎ菊川」へ。この店は前から気になっていた店で、新宿大ガード交差点から、小滝橋通りの西側歩道を200メートルほど大久保方面に北上し、「炭火焼 魚・肉 食堂 こがね屋」を左折し、PAZZO DI PIZZA(パッツォ・ディ・ピッツァ)」を通り過ぎて、「第八くえ丸 新宿西口店」の真向かいにある。

うなぎ菊川

この店のうな重は、(1700円)・(2300円)・(2900円)・(3400円)・特上(3900円)・中入れ重(4500円~)と6段階に分かれているけど、ランチにはうな丼がある。

サービスランチメニュー@うなぎ菊川

1階のテーブル席に座り、大きな湯のみのお茶を運んできたすでに年金受給者であろう女性に「うな丼(1200円)」を注文。ぼんぼんさんが「貴重品」と呼ぶのはこの人のことか。

湯のみ@うなぎ菊川

清水焼の大きな湯のみにはかわいい唐子の人形がへばりついていた。

新書を読みながら待つこと15分ほどで料理が登場。

サービスランチ1200円@うなぎ菊川

とても丁寧に焼かれた国内産のうなぎは、やや皮が厚いけど脂が乗っていた。身と皮の間のコラーゲンもプルプルと美味しい。そうそう、この味がうなぎの蒲焼だよなあ。先週食べた「新宿うな鐵」のうなぎはひどかったなあ。

飲み込む瞬間に、焼けた表面と小骨がかすかに喉を刺激する。これもうなぎの蒲焼を食べる時の感覚だなあ。

お吸い物は出汁が効いていて、三つ葉の香りも嬉しいけど、私には少しだけ塩っぱかった。

うなぎの美味しい脂が口いっぱいに広がって、食べているうちに、両耳の下から顎、胸にかけて旨いものを食べたときの幸福感に包まれる。

んまいなあ。

さすがに老舗の味


◆希望支払金額:1500円(焼きもタレも完璧。とても美味しいです)
◆費用対効果度:125%(1500円/1200円)


うなぎ菊川
東京都新宿区西新宿7-8-3 新宿菊川ビル1F・B1F


※地図のポイントではなく向かい側の「菊川ビル」です。

うな重並@新宿うな鐵

今年の夏も去年並みに暑くなるのだろうか。今日は朝から猛烈に暑い

このブログに何度もコメントを書いてくれている「ぼんぼん」さんは連日うなぎを食べているようだけど、今年はうなぎの値段が3割ほど上がっているようなので、土用丑の日が来る前にうなぎを食べよう。ということで、新宿歌舞伎町のまん真ん中にある「新宿うな鐵」へ。

うな鐵

本当に歌舞伎町の真ん中にあるので、辺りには裏DVD売りが昼間から屯していて、店に辿りつくまでには「DVDいかがですか?」と声を掛けられる。

店内に入ると先客はカップルが2組。ビールと串焼きを楽しんでいた。

熱いお茶をお願いして「うな重並(1400円)」を注文すると、「セットです」という声と共にお新香が供された。

この店では40代の調理人が炭火でうなぎを焼いていた。

10分ほどで調理人がカウンターの中から「はい」と赤い重箱を手渡してくれた。

うな丼並1400円@うな鐵

ありゃー、うなぎがナナメっている

山椒粉をかけて箸で摘むと、皮が分厚い。それに、大きな切身なのに脂が乗っていない。フワフワして皮の歯ごたえだけが残るうなぎの蒲焼きは、ビックリするほどさっぱりしていた。皮が分厚くて中国産っぽいわりには、生臭さはほとんどない。

う~ん、これは。大きく育てた中国産うなぎの生臭さを消すために絶食させたので脂が落ちてしまったのだろうか。それとも、分厚い皮を柔らかくするために蒸し時間を長くしたので脂が落ちてしまったのだろうか。

当然のことながら美味しくない

ご飯もうなぎ専門店にしては研ぎが甘くて、舌触りがザラザラする。透き通るようなご飯ではなかったし、タレが少なすぎて白飯を食べているようだった。

シジミの味噌汁にはとても上品な白味噌を使っているけど、この味噌はシジミには合わないと思う。


◆希望支払金額:1000円(少なくとも「並」は美味しくないですね)
◆費用対効果度:71.4%(1000円/1400円)

新宿うな鐵
東京都新宿区歌舞伎町1-11-2



うな丼並@うなぎ 丸富

湿気と暑さで身体全体が疲れている。こんなときはうなぎだ。

京急線青物横丁駅の改札口を出てそのまま真っすぐ進み、階段を降りて池上通りを右(海側)に120メートルほど行って旧東海道を渡り、さらに30メートルほど行ったたところにある「うなぎ 丸富」へ。

うなぎ青物横丁

この店は、平面図が細長い台形になっていて、東側からみると「うなぎの寝床」のように見える。建物の形から前々から気になっていたので入店。

丸富

店内はカウンター席が10席。厨房にはうなぎを焼いている50代の親父と50代の女性、それになぜか20代前半の若い女性が3人もいる。カウンター10席の狭い店の厨房に5人のスタッフというのは、どう考えても多すぎるけど、どんな事情があるのだろう。

50代の女性は私が席に座る前にジャーから丼にご飯をよそい始めていた。「うな丼並(1350円)」を注文すると、焼いてあったうなぎの蒲焼きをさっと温め直してすぐに料理が供された。

うな丼並1350円@うなぎ 丸富

あら、お吸い物や味噌汁は付いていないのね。

うなぎは、そこそこの厚みで、そこそこの大きさ。表面がカリカリに焼けていて芳ばしいは箸ですぐにちぎれる。うなぎ自体に嫌な生臭さはなかった。甘味と塩分はほどよい味付け。

タレをかけたご飯が最初のひとくちだけちょっと生臭かったけど、すぐに感じなくなった。ご飯は、表面がつやつやして喉越しもツルツル。タレを吸って半透明になっている。うなぎ屋用のお米は精米が違うのだろうか。

後から入ってきた作業服姿のオヤジが「うな丼ダブル(2400円)」を注文した。

「並」のうなぎを2倍にしたうなぎがダブルの丼だった。


◆希望支払金額:1350円(1400円にして味噌汁をつけてくれ)
◆費用対効果度:100%(1350円/1350円)

うなぎ 丸富
東京都品川区南品川3-6-2



うな丼@あそう

新宿歌舞伎町の海老通りにある「大衆割烹 あそう」へ。

あそう201102

前回、隣のお客が食べていたうな丼が美味しそうだったので、食べてみたくなったのだ。

「うな丼(840円)」を注文すると、6~7分で料理が到着。

うな丼840円@あそう201102

ご飯の上には、中くらいの大きさのうなぎが1切れ半。フワフワの柔らかいうなぎの蒲焼なので、持ち上げてご飯に山椒をかけようとすると、ちぎれてしまいそうなほどだった。

前回見たうな丼は、もう少し身が厚くてタレの色が濃かったような気がする。味付けは見たとおりにで、脂の乗りも少ないような気がするけど、840円だもの贅沢は言えない。

白味噌の味噌汁は、いつものように出汁が効いていて、たくさん入った三つ葉のみじん切りも香り高い。


◆希望支払金額:840円(歌舞伎町でも1000円以下でうな丼が食べられるのだ)
◆費用対効果度:100%(840円/840円)

大衆割烹 あそう
東京都新宿区歌舞伎町1-22-4

鰻丼@小ばやし

新宿アルタの裏通りにある「小ばやし」へ。

こばやし

1カ月ほど前から「サービスランチ」と書いた看板を店頭に出すようになった。国産うなぎの鰻丼が1575円ならば安い。

メニュー@こばやし

12時半ころに店内に入ると、お客は誰もいないようだった。70代の職人60代の女性(女将?)が、声を揃えて「いらっしゃい」と迎えてくれた。この店は、外の提灯に「明治38年創業」とあったから老舗だ。もちろんこの建物はそれほど古くはないはずだけど、全体的にこじんまりとしている。日本人全体の体格が小さかった頃のサイズに合わせてあるのだろう。

「鰻丼(1575円)」を注文すると、女性が「ランチ!」と語気強く職人に伝えた。女将と職人という関係のようだ。

職人はせっせと白焼きを焼いていて、ちょうど30串ほどになったところで、鰻丼の準備を始めた。気づかなかったけど、鰻丼用の鰻も白焼きと一緒に焼いていたらしい。

10分ほどで料理が登場。

鰻丼1575円@こばやし

小さい鰻だけど、ちゃんと2切れ載っていた。箸で摘むとホロホロと崩れるほど柔らかい。表面はカリッと焼けているけど、口に入れた瞬間に溶けるほど柔らかく、タレは甘すぎずしょっぱすぎずちょうど良い塩梅だった。

ご飯はしっかり研いであってツヤツヤと美しく輝いている。タレのかかり具合もほど良かった。

お新香は、既製品の柴漬けと自家製キャベツの浅漬け。芥子粒ほどのショウガとミョウガが味と香りのアクセントになっていて、丼一杯食べたいほど美味しい。

お吸い物は、残念ながら肝吸いではなかった。壁のメニューを見ると、「きも吸物 210円」とあった。出汁も濃いけど、かなり塩辛い。鰻は美味しいのにちょっと惜しいなあ。

ランチサービスじゃない「うな重」の値段を紹介すると、「竹 2625円」「松 3150円」「特上 3650円」となっていた。

「今度の7000円のお客に出す刺身はどれくらいにしましょうか?」と職人が、女将らしい女性に尋ねた。
「いつ? 何人?」という女将らしい女性の問いに「14日に11人です。このお客さんは、去年も7000円だったらしいです。全然覚えていないんですが」と職人が答えた。女将らしい女性は返事もせずに、不機嫌そうな顔で紙に何かを書いていた。
「サン・ニイの5貫でいいでしょうね。マグロと何かで」
「いいんじゃない、7000円なんだから」
「最後のうな重は竹でいいですよね」
「いいんじゃない、7000円なんだから」
この店では、1人7000円のお客ありがた迷惑ということなのらしい。

どうでもいいけど、お客の前でする会話ではないだろう。

そういえば彼女は、私が鰻丼を注文したときにも、舌打ちこそしなかったが「ランチ!」と不満をあらわにするように語気強く乱暴に伝えていた。「明治38年創業」と威張っているのに、この接客態度はないだろう。

でも、鰻丼が美味しいかったから再訪するかも。


◆希望支払金額:1575円(箸で摘むとホロホロと崩れる鰻が美味しい)
◆費用対効果度:100%(1575円/1575円)

小ばやし
東京都新宿区新宿3-25-6



うな丼@吉野家 歌舞伎町店 → 閉店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その37)


牛丼の吉野家が期間限定でうな丼を販売している。あまり期待もせずに「吉野家 歌舞伎町店」へ。

うな丼ポスター@吉野家

カウンター席に座って「うな丼並(500円)」を注文。

6~7分で料理が到着。

うな丼500円@吉野家

肉厚のうなぎの蒲焼きが出てきたのでちょっと驚く。タレは程よい味付けで、フワフワの食感が美味しい。当たり前だけど、焼き立ての芳ばしい香りはない。作るところをは見ていなかったけど、レトルトのものを温めただけだろうから当たり前だ。それしにしては美味しい。

最近のうなぎは皮が妙に厚くて、それが生臭かったりするけど、このうなぎは皮も簡単に箸でちぎれるほどフワフワだった。

期待を大きく外れて満足な昼食。


◆希望支払金額:600円(肉厚でフワフワの食感)
◆費用対効果度:120%(600円/500円)

吉野家 歌舞伎町店 ※2010年10月に閉店しました。
東京都新宿区歌舞伎町1-18-6



(特)うな重+キモ焼き@うな丸 → 閉店

特に理由はないけど、新宿駅西口の思い出横丁入り口にある「うな丸」へ。

うな丸201005

思い出横丁には、「鰻 カブト」といううなぎ屋がもう1軒あるけど午後2時からなのでランチでは入りにくい。それにその「鰻 カブト」は、うな丼やうな重を食べるというよりも、うなぎで一杯やるお客がほどんどの店だから、昼間から酒を飲める身分の方々の間で食事をするのは気まずいので入れない。

「(特)うな重(1200円)+キモ焼き(400円)」を注文。

いつも額にシワを寄せながら70代のオヤジがサラマンダーで丁寧に焼いてくれる。サラマンダーは熱源が上側にあるから、店内がもうもうと煙に包まれることはない。

特うな重1200円+きも串焼き400円@

キモ焼きの方が火の通りが悪いのか、いつもうな重より1~2分遅れて供される。

うっかりして山椒粉をうなぎにかけてしまった。うなぎとご飯の間に山椒粉をかけた方が美味しいのに。この店のうなぎは、甘すぎず塩っぱすぎず程よい味になっている。

最近どこかで読んだけど、発ガン物質が発見されたり産地偽装事件が起こったりして、中国産のうなぎの値段が下がっているらしいけど、特にキモは食べない人が増えているために大暴落しているらしい。

日本産のキモの卸値が1串20~30円なのに対して、中国産のキモの卸値1串1円のこともあるらしい。


◆希望支払金額:1600円(670円の並うな丼とキモ焼きで十分かもと、前回も思ったけど)
◆費用対効果度:100%(1600円/1600円)

うな丸 ※2011年5月28日で閉店したそうです。
東京都新宿区西新宿1-2-8


(特)うな重+キモ焼き@うな丸 → 閉店

新宿西口の思い出横丁の入り口にある「うな丸」へ。特に理由はないけど、身体が「精をつけたい」とウナギを欲しているようだ。精をつけたからといって、どうなるものでもないけど。まあ、風邪予防ということにしておこう。

うな丸201002

カウンターに座って「(特)うな重(1200円)+きも焼き(400円)」を注文すると、70代のオヤジはニコリともせずにサラマンダー(業務用魚焼き器)でウナギとキモを焼き始めた。青年が薄く黄色い色がついているだけで何の味もしないお茶と、タクワンを出してくれた。

7~8分でまずうな重が供され、すぐにキモ焼きも供された。

特上うな重+きも焼き1600円@

カウンターに置いてある小袋を取り、ウナギを持ち上げてサンショウ粉をご飯の上にかける。こうした方がサンショウの香りが立って美味しいとテレビで誰かが言っていたのを試してみた。ウナギはそれほど厚みはないけど柔らかくて、箸で持ち上げると千切れそうになる。

やはり、サンショウ粉はウナギの上ではなくご飯の上にかけた方が香りが立つようだ。

キモ焼きには七味唐辛子をかけて食べたけど、生臭さはほとんどない。1串に何匹分のキモを刺してあるのだろうと数えたけどよくわからなかった。4~5匹分だろうか。滋養たっぷりで元気が出そうな気がする。

この店ではキモをキモ焼として商品化しているためか、お吸い物は肝吸いではなくて竹輪の薄いスライスがお椀の底に沈んでいる。


◆希望支払金額:1600円(670円の並うな丼とキモ焼きで十分かも)
◆費用対効果度:100%(1600円/1600円)

うな丸 ※2011年5月28日で閉店したそうです。
東京都新宿区西新宿1-2-8



(特)うな重@うな丸 → 閉店

JR新宿駅西口の「思い出横町(通称:焼き鳥横町、しょんべん横町)」の入り口にある「うな丸」へ。

20090727うな丸

この店は、ずっと昔からうなぎを安く出す店として人気を集めている。6つのカウンター席だけの小さな店。

おすすめの「(特)うな重(1200円)」を注文。

5分ほどで70代のオヤジが丁寧に焼いた料理が登場。作り置きを温め直すだけだから早くでてくるのだ。

CA3A0300.jpg

あまり厚みのないうなぎが1切れ半。でも、味加減が絶妙のタレが美味しい。小袋に入った山椒をご飯とうなぎの間にかけて食べる。

お吸い物は肝吸いではなく、極薄く切った竹輪が入っていた。

後から来た客たちは、うな丼と肝焼きを注文していた。

次は、絶対に肝焼きも注文しよう。


◆希望支払金額:1200円(おすすめなのに、中途半端かも)
◆費用対効果度:100%(1200円/1200円)

うな丸 ※2011年5月28日で閉店したそうです。
東京都新宿区西新宿1-2-8



 | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。