TOP > 麻婆豆腐定食

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨辛麻婆豆腐定食@から味処 粧

新宿2丁目にある「から味処 粧」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、右に新宿方面に180メートルほど歩いて、「和民」の大きな看板を見て右折し30メートル先を左折する。そのまま200メートルほど歩き、オカマたちがたむろしていることで有名な「仲通り」に突き当たった右角に店はある。

から味処 粧

この店も麻婆豆腐で有名な店。麻婆豆腐弁当(500円)の店頭販売もしているが、店員は不在で呼び出しブザーに「2秒押す」と書かれていた。

店頭@から味処 粧

入り口で、お弁当を待っている女性を避けながら店に入ると、カウンター7席、4人がけテーブル2卓、2人がけテーブル2卓の店内に先客は2人だけだった。

ランチメニュー@から味処 粧

この店のランチは、定食・中華麺・春雨・冷油そばの4ジャンルあって、それぞれ赤(辛)と白(辛味0)の2種類あり、すべて800円だった。

水を運んできた店主に「旨辛麻婆豆腐定食(800円)」を注文した。

ランチは、白いコック服を着てバンダナを頭に巻いた店主1人でやっているようで、三々五々とお客が入店したり、お弁当のお客が来たりして大忙しだった。

10分ほどで「お待ちどうさまでした。今日の小鉢は角煮、あら汁はアンコウです」と料理が供された。

旨辛麻婆豆腐定食800円@から味処 粧

麻婆豆腐は「本格四川麻婆」とメニューに書かれていたように、花椒をたっぷり使っていて、旨みが強くて美味しい。

小鉢の角煮は、豚ばら肉とダイコンがとろけそうになるまで煮込まれていて、コラーゲンが溶け出した煮汁はトロトロになっていたけど、残念ながら冷めていた。温かったら100倍美味しかっただろう。

あら汁のアンコウが驚くほど美味しい。どんぶり3杯食べたい。


◆希望支払金額:800円(それぞれ美味しいけど組み合わせがちょっと変)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

から味処 粧
東京都新宿区新宿2-10-5 第六天香ビル1F


Googleマップの大きな地図で見る




スポンサーサイト

マーボー豆腐定食@満福

四谷4丁目にある中華料理の「満福」へ。

この辺りを紹介している無料配布のタウン誌『JG』の「麻婆豆腐特集」にこの店が載っていた、と時々コメントを書いてくれているぼんぼんさん」に教えられた

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、左に四谷方面に200メートルほど歩いて出版社の「文芸社」の角を左折して、200メートルほど先の右側に店はある。

この店は店頭でお弁当を販売していて行列になっているけど、店に出入りするお客は見たことがなかった。

満福店頭

ランチは600円~750円で、この辺りでは安めの価格設定になっている。チャーハンが曜日ごとに日替りであるのが珍しい。

ランチメニュー@満福

日替り定食・麺・チャーハンのメニューもある。ホルモンと季節の野菜炒めとレバニラ麺が気になる。

日替わりメニュー@満福

入店すると、4人がけテーブル5卓、2人がけテーブル4卓の店内は、ほぼ満席状態だった。かろうじて空いていたテーブルに座って「マーボー豆腐定食(600円)」を注文した。不思議なことに同じ600円でマーボー豆腐丼もある。どこが違うのか。

料理を待つ先客が8人もいたので、20分ほど待ってようやく料理が供された。

マーボー豆腐600円@満福

マーボー豆腐の量がとても多い。豆腐は1丁分くらいありそうだ。花椒の香りは少ないけど、中国味噌のアミノ酸の味が強くて美味しい。辛さはそれほどでもないけど、頭頂部に少しだけ汗をかいた。

ご飯は少し固めに炊かれていて美味しい。

600円とは信じられない充実ぶりだ。

隣のお客が頼んだ日替りの「レバニラ麺」は新鮮なレバーに片栗粉をまとわせて油通ししてあり、とても美味しそうだった。でも、残念ながらメニューに「レバニラ炒め」はない。だから、この店ではレバニラ炒め定食を食べるには、日替りメニューに登場するのを待つしかないのだろう。でも、日替わりメニューに登場するかどうかはわからない。

600円のチャーハンにも同じようにサラダ・スープ・ザーサイが付いていて、750円の麺類にはさらに小チャーハンが付いていた。

12時半過ぎにお客の第一陣が帰って行くと、三々五々とお客が途切れずに入ってくる。ランチに2回転はするのじゃないだろうか。安くて分量が多くそこそこ美味しいから人気店なのだった。


◆希望支払金額:750円(化学調味料を多用しているけど安くて美味しい)
◆費用対効果度:125%(750円/600円)

満福
東京都新宿区四谷4-30 黒坂ビル1F


Googleマップの大きな地図で見る


麻婆豆腐定食@福みみ堂

麻婆豆腐を食べに新宿1丁目にある「福みみ堂」へ。

この店で麻婆豆腐を出していることは、ripさん」にコメントで教えていただいた。

東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅の2番出口を出て右に70メートルほど向かい、「Kinko's」の角を右折して、最初の路地を左折し、70メートルほど先の右側に店はある。

福みみ堂

店頭に博多もつ鍋と書かれた大きな提灯が下がっているように、この店は九州料理の店らしいけど、ランチ時はラーメンを提供している。だから、まさかこの店で麻婆豆腐が食べられるとか思っても見なかった。

定食メニュー@福みみ堂

店頭には、麻婆豆腐・牛すじ煮込み・和風唐揚げの3つの定食が書かれだボードが置いてあった。

カウンター8席、テーブル席20席ほどの店内は、ちょっとだけ薄暗い。厨房では2人の男性が調理し、元気な女性と大人しい女性の2人が配膳を担当していた。

ランチメニュー@福みみ堂

店内のメニューにも、つけ麺やラーメン、丼類が載っていて、定食は黒板に紙を貼って案内していた。定食は、最近復活したらしい。

カウンターの一番奥に案内されて「麻婆豆腐定食(790円)」を注文すると、「辛さはどうしますか?」と尋ねられた。「小辛・中辛・大辛」から選べるらしい。「大辛」でお願いした。

カウンターの調味料類を見ると、花椒が入ったペッパーミルが置いてあって、好みに合わせて麻婆豆腐に花椒を卸してかけられるようになっている。期待が高まるなあ

4~5分で料理が供された。

麻婆豆腐定食790円@福みみ堂

期待通りに麻婆豆腐は、花椒の香りが喉の奥に広がり舌が痺れる。旨い。豆腐は茶色になるまで煮込んであるけど、煮過ぎじゃなくて美味しい。

ダイコンのサラダが、油っぽくなった口の中をサラリと洗い流してくれるのも嬉しい。

ご飯はモチモチとした食感で、上手に炊けていた。

とても満足なランチとなった。

情報をくれたripさんありがとう!


◆希望支払金額:790円(いい加減な中華屋の麻婆豆腐より美味しい)
◆費用対効果度:100%(790円/790円)

福みみ堂
東京都新宿区新宿1-14-5 新宿KMビル1F


Googleマップの大きな地図で見る




麻婆豆腐@峨眉山(がびさん)

四谷三丁目に近い中国料理店の「峨眉山(がびさん)」へ。

東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅の2番出口を出て左に向かい、外苑東通りの坂道を200メートルほど下った左側のビルの2階に店はある。

峨眉山

月曜日が定休日のこの店のランチは、900円均一で麻婆豆腐・担々麺・五目焼きそば(又は中華丼)が定番で、あとは週替わりのメニューを提供している。モヤシと大葉入りタンメンには「塩麹」を使っているらしい、流行に敏感でちゃんと取り入れているんだね。

ランチメニュー@峨眉山

6人がけ丸テーブルが1卓と、4人がけテーブル5~6卓、ソファー5~6席で30席以上もある店内は、ほぼ満席だった。

中国人らしいマダムに丸テーブルに案内され、冷水を運んできた若い中国人女性に「麻婆豆腐(900円)」を「激」で注文した。この店の麻婆豆腐は、「普通・中・激・超激辛」から辛さを選べるようになっているのだ。

注文が立て込んでいたためか15分ほどで花椒の粉末入り缶と一緒に料理が供された。

麻婆豆腐900円@峨眉山

麻婆豆腐からは花椒が香り立っている。黒い花椒の粒が混じっているのが見える。

まずスープでのどを潤すと、白菜とダイコンの甘みと香りが口いっぱいに広がってとても美味しい。むふふ、期待が高まるなあ。

麻婆豆腐は量がかなり多い。麻婆丼なら2~3人前の量だろう。そして、驚くほど粘度が高かった。

やはり、唐辛子のピリピリよりも花椒のビリビリする辛さと香りが強くてとても美味しい。辛さの後に大豆発酵食品の旨みがドンッと舌に広がる。旨いなあ。

ショートパスタのサラダと干し大根の醤油漬けも美味しい。

固めに炊かれたご飯も麻婆豆腐にとても合っていた。


この近辺で麻婆豆腐を食べたい時にはこの店に決まり!


◆希望支払金額:900円(とても美味しい本格麻婆豆腐)
◆費用対効果度:100%(900円/900円)

峨眉山(がびさん)
東京都新宿区舟町8 石橋興業舟町ビル2F



Googleマップの大きな地図で見る


四川マーラー豆腐@古月 新宿店

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅近くの「古月 新宿店」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の1番出口を出て新宿御苑方向に歩き、御苑沿いに左に100メートルほど歩いた左手に店の赤い壁が見えてくる。

古月

1000円のランチメニューは、A.鶏ムネ肉と野菜の雪菜炒め、B.四川マーラー豆腐、C.芝エビと白菜の醤油煮込みの3種。

ランチメニュー@古月

赤い壁の右側の廊下の突き当りのドアを開け、階段を2階の上ってさらにドアを開けると思ったよりも狭い店内だった。4人がけテーブルが4台、2人がけテーブルが4つで24席しかない。

奥のテーブルに案内され、中国茶が急須で供された。オレンジ色のお茶が美味しい。

「四川マーラー豆腐(1000円)」を注文して新書を読みながら待つ。

10分ほどで料理が供された。

四川マーラー豆腐1000円@古月

土鍋の中でマーラー豆腐がグツグツと煮立っている。唐辛子が少ないためか焦げ茶色だ。豆腐はかなり煮込まれて固めで茶色に染まっている。さっぱり辛くないので、添えられていたノック式ミルでカチカチと花椒をかけながら食べた。

スープには、ダイコン・ニンジン・シイタケがたっぷり入っていて、野菜の旨味が溶け出した優しい味

写真左上は、茹でたキャベツに粒マスタードソースをかけたもの、写真下中央がニンジン・ダイコン・マカデミアナッツの中華風漬物。

ご飯は残念ながら水が多すぎで上手に炊けていない。

食後にフランボワーズソースをかけた杏仁豆腐が供された。

杏仁豆腐フランボワーズ添え@古月

ゼリー感のほとんどないトロリとした食感の杏仁豆腐は、生クリーム風味でとても美味しい。ラズベリーの甘酸っぱさがよく合っていた。


◆希望支払金額:1000円(かなり上品な麻婆豆腐)
◆費用対効果度:100%(1000円/1000円)

古月 新宿店
東京都新宿区新宿1-5-5 御苑フラトー2F


Googleマップの大きな地図で見る


日替定食(麻婆豆腐)@上海料理 秀恵

歌舞伎町2丁目のラブホテル街にある「コストパフォーマンス高ぐね」の「上海料理 秀恵」へ。この店は、歌舞伎町に2つあるバッティングセンターのうち、オスローバッティングセンターの向かい側(東側)にある。

上海料理秀恵201109

窓際のテーブル席に座って、「日替定食(麻婆豆腐)680円」を注文すると、しばらくして前菜と茶碗蒸しが運ばれた。

蒸し鶏と茶碗蒸し@上海料理秀恵

前菜は、蒸した塩漬け鶏もも肉のぶつ切りとチンゲンサイ炒め。どちらも薄味で私好みの味付けだった。茶碗蒸しに具は入っていないけど、旨みの強い醤油ダレが合っていて、とても美味しい。

5分ほどで麻婆豆腐とご飯が供された。

日替わり(マーボー豆腐)680円@上海料理秀恵

麻婆豆腐は絹ごし豆腐を使っていた。真っ赤な油の中に少しだけ挽肉が入っている。花椒の粉末がかけられていて、油に溶けた唐辛子の香りと相まって馥郁とした香りになっている。

非公開でコメントを書いていただいている「黒柴ジャックスさん」のご指摘とおり、花椒の量は少ないし、麻婆豆腐に絹ごし豆腐は合わないと思う。フワフワの食感とピリ辛がちょっとミスマッチだった。

とはいえ、安くて十分に美味しい料理だと思う。


◆希望支払金額:800円(蒸し鶏がついてお得)
◆費用対効果度:117.6%(800円/680円)

上海料理 秀恵
東京都新宿区歌舞伎町2-33-1 第6トーアビル1F


大きな地図で見る

マーボー豆腐定食@四川料理 天府舫(テンフファン)

新宿大ガードから小滝橋通りを北上し、「ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店」や「味噌屋八郎商店」のある路地を入ったところにある「四川料理 天府舫(テンフファン)」へ。

天府舫201108

メニューは、炒め物料理がA・B・Cの3グループに分かれて週替わりになり、「汁なしタンタンメン」や「マーボーメン」といっためんセット、「上海炒飯」などの炒飯類が加わっていた。

メニュー5@天府舫201108

「マーボー豆腐(800円)」を注文すると、店長あるいはマネージャーに「辛いですけど大丈夫ですか?」と尋ねられる。花椒のたっぷり入った本格マーボー豆腐を食べて「辛い、辛い」と大騒ぎをするお客が絶えないのだろうか。

料理を待つ間に店の中央にある食べ放題の水餃子を取りに行く。ピラミッド型の珍しい形の水餃子を3個と煮玉子1個を取って戻ると、ご飯とスープ、モヤシとニンジンのおひたしが供された。

ピラミッド型の餃子はラー油と黒酢をかけて食べると、強烈なニラの匂いが口いっぱいに広がる。

厨房から聞こえていたガシャガシャと中華鍋をあおる音が止んだら、しばらくして料理が供された。

マーボー豆腐定食@天府舫201108

もうもうと立ち上がる湯気から、花椒の香りが存在を主張をしている。

実は、何度もコメント書いていただいている「黒柴ザックスさん」から、作り置きのマーボー豆腐を食べさせられた、という報告があったので心配していたけど、作り置きではなかったので安心した。「黒柴ザックスさん」が食べたときにはマネージャーがいなかったらしいので、料理人たちが手抜きをしたのだろう。

唐辛子のピリピリした辛さよりも花椒で舌が痺れるような感覚が優っている。辛くて美味しいのでご飯がすすむ。途中でご飯がなくなりそうになったので、慌てて水餃子と一緒にマーボー豆腐を食べる。

今回のスープは、ごく薄い味であまり美味しくなかった。

水餃子を合計6個、煮玉子を1個食べて今回も満腹。

次回は、炒飯を食べてみよう。


◆希望支払金額:800円(花椒たっぷりの麻婆豆腐)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

四川料理 天府舫(テンフファン)
東京都新宿区西新宿7-4-9





■四川料理 天府舫(テンフファン)
汁なしタンタンメン
四川チャーハンセット
レバニラ炒め定食


麻辣王豆腐セット@麻辣王豆腐(マーラーオウドウフ)

311東日本大震災で被害に合われた方々に十分な生活物資が一刻も早く届くとともに、1日も早く復興されることを願っています。放射線被曝の危険を省みず、原発事故に立ち向かっている方々には心から敬意を表します。そして、震災と津波で命を失われた数多く方々のご冥福をお祈りします。


久しぶりに激辛麻婆豆腐が食べたくなったので、アルタの裏通りにある「本場四川料理 麻辣王豆腐(マーラーオウドウフ)」へ。

麻辣王豆腐201104

階段を3階まで登ると、節電キャンペーン以前から薄暗かった店頭には春節祝の「春聯」が出入口の左右と上に貼られていた。縁起の良い句が書かれているらしい。

入り口@麻辣王豆腐201104

店内には、3人組と4人組の2グループと、男女それぞれ1人で9人の先客がいた。本場の麻婆豆腐を食べさせる店だから、東日本震災後の停滞ムードでも流行っているのだろうか。

「麻辣王豆腐セット(880円)」を注文すると、先客4人分を先に作り出したため、10分ほどで料理が到着した。

麻辣王豆腐880円@麻辣王豆腐201104

「辛くして」とお願いしたけど、4人組の2人も同じ注文だったので希望通り辛くしてくれただろうか。油が多いのでいつまでも冷めずに火傷しそうなほど熱い。表面に花山椒粉がかかっていたけど、これはいつもと同じような気がする。

この店で最初に麻婆豆腐を食べたときにはあまりの辛さに驚いたけど、私の舌が慣れたのと、店が日本人の舌向けに味を少しマイルドにしたこともあって、乱暴で刺々しい料理ではなくなってしまった気がする。

それでも一般的な麻婆豆腐とは違って、唐辛子のピリピリした辛さだけではなく花山椒で舌が痺れ、独特の香りが喉を抜ける麻辣王豆腐が美味しい。

この店の麻婆豆腐は量が多い。カロリーオーバーを防ぐため、ご飯をお代わりしたいのをグッと堪えて、最後は麻婆豆腐だけを食べた。


◆希望支払金額:880円(本場四川の麻婆豆腐が美味しい)
◆費用対効果度:100%(880円/880円)

本場四川料理 麻辣王豆腐(マーラーオウドウフ)
東京新宿区新宿3-21-2 ナナエビル3階



マーボー豆腐炒飯セット@品珍楼(ぴんちんろう)

炒飯を食べたくなったので、歌舞伎町の路地にある「品珍楼(ぴんちんろう) 新宿店」へ。

品珍楼201012

12時過ぎに入店すると、1階にはお客が5人。テーブル5つに1人ずつ座っていた。

ランチメニュー@品珍楼

「定番ランチセット」から「マーボー豆腐炒飯セット(780円)」を注文すると、5分ほどで料理が登場。

麻婆豆腐炒飯セット780円@品珍楼

麻婆豆腐は、ちょっと片栗粉のいれ過ぎで粘度が高いけど味は本格的だ。唐辛子のピリピリだけでなく、花山椒の痺れる辛さもある。

でも卵炒飯がイマイチだった。粘り気のある米を使っているし、中途半端な味付けなので、この麻婆豆腐は白いご飯で食べたほうが美味しいかもしれない。

ダイコン・キュウリ・ニンジンを千切りにした漬物は、乳酸発酵が進みすぎて少しだけ嫌な臭いがしていた。

卵スープには海苔が入っていてとても良い香りだけど、これも片栗粉を入れすぎている。


◆希望支払金額:780円(丁寧な仕事をしている料理なのに惜しいなあ)
◆費用対効果度:100%(780円/780円)

品珍楼(ぴんちんろう) 新宿店
東京都新宿区歌舞伎町1-22-3



麻辣王豆腐セット@麻辣王豆腐

JR新宿駅東口から数分。新宿アルタの裏通りにある「本場四川料理 麻辣王豆腐(マーラーオウドウフ)」へ。

麻辣王豆腐201006

この店は、1階に「カレキチ」が2階に「一品酒場 商い屋」が入っているビルの3階にあって、四川省から招聘した調理人の張品さんが作っている「本場」の味。

辛い料理を食べたかったので「麻辣王豆腐セット(880円)」を注文。

すぐに厨房から中華鍋をかき混ぜる音が聞こえてきた。

5分ほどで料理が到着。

麻辣王豆腐ランチ880円@麻辣王豆腐

麻婆豆腐からは、山椒の香りが立ち上ってくる。この店の麻婆豆腐は、唐辛子の辛さよりも、山椒のしびれる辛さが勝っている。

大根と人参の細切りサラダ、そして卵スープが、しびれた舌を癒してくれる。

この店でも580円のランチを始めていた。

次回は「日替わりランチ」を食べよう。


◆希望支払金額:880円(本場の本格麻婆豆腐が美味しい)
◆費用対効果度:100%(880円/880円)

本場四川料理 麻辣王豆腐(マーラーオウドウフ)
東京新宿区新宿3-21-2 ナナエビル3階



 | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。