TOP > 2008年07月

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚汁定食@郷土料理 朱鷺

地下鉄湯島駅6番出口を出て不忍池方面に少し行き、右折したところに東京新潟県人会館がある。各道府県の県人会館と同様に、宿泊施設や会議室など新潟県人のための施設である。その地下に、「郷土料理 朱鷺」がある。「吉池 鮮魚部直営」と銘打っているので気になっていたが、なかなか訪れるチャンスがなかった。吉池グループというのは、御徒町駅前の総合小売店を中心にスーパーや飲食店などを手がけている。

080731@居酒屋朱鷺

12時半を過ぎていたためか、30~40人は入れそうな店内は閑散としていた。大きなテーブル席に案内されて座ったが、なんだかちょっと異臭がする。微かな芳香剤の臭いとアンモニア臭。これは駅の公衆トイレの臭いではないか。それほど強くはないが、飲食店だけにちょっと気になる。

メニューの大きな丼の写真が気になったので「豚汁定食(750円)」を注文。

080731豚汁定食750円@居酒屋朱鷺

ほんの1~2分で料理が供された。豚細切れと大根、ニンジン、ゴボウがたっぷり入った豚汁が美味しい。鮭は焼きたてではなかったが、まあそういう店なのだろう。モヤシとニラの炒め物、春雨とニンジンなどの和え物は普通の味。ご飯はさすがに新潟県人会館の地下だけにふっくら炊けていて美味しい。


郷土料理 朱鷺
東京都台東区上野1-13-6 東京新潟県人会館地下

地図NAVITIME

関連記事
スポンサーサイト

『秘密結社の日本史』海野弘(平凡社新書)

秘密結社の日本史

『秘密結社の日本史』海野弘(平凡社新書)

〈秘密結社〉という言葉からは、ヨーロッパのフリーメイスンや中国の青幇、紅幇を思い出す。「日本には秘密結社はなかった」とされ、これまで日本の秘密結社に関する研究はあまり多くはないという。秘密結社は日本史研究者の中でタブー視されてきたからだ。

本書は、秘密結社を切り口として日本史を捕らえ直す試み。筆者は、秘密結社を「分離し、隠された社会であり、セクトやカルトに重なり、オカルト(隠された、秘密の知)に関わる」と定義している。秘密結社は、政治的秘密結社と入社的秘密結社に2分される。入社式(イニシエーション)が重要な意味をもち宗教的なのが入社的秘密結社である。さらに、秘密結社の内部には階梯があり、独自の〈憲法〉が作られる。

本書では、第1章の古代が「神話の中の秘密結社」、第2章の中世が「遊行する神々と新仏教」、第3章の近世が「異形者・職人・芸能民」、第4章の江戸が「巨大なアンダーワールド」として旗本奴や町奴の男伊達やキリシタン、赤穂浪士、兵法伝授、そして第5章の近代が「天皇制と近代化の呪縛」として解説されている。

折口信夫の〈まれびと〉は実は秘密結社であり、猿田彦と結ばれたアメノウズメも猿女部(さるめのきみ)と呼ばれる祭祀集団であり結社であった。『古事記』を語り伝えた稗田阿礼も猿女部の支族であるという。

また、記紀に金属神として描かれる人々も、探金・精錬・冶金・鍛冶という当時の最先端技術を持った魔術的な秘密結社だった。室町文化は、時宗と阿弥衆がつくったという。賤民的芸能者である能楽者や作庭家は、時宗僧らしい阿弥号を名乗った。一遍が興した時宗は、遊行し、踊り念仏をして、お札を配ったのでオープンに見えるが、実は秘密結社的だった。近世の職人や芸能民のネットワークが秘密結社だったと書かれているが、これは網野善彦の本のほうが詳しい。

古代から昭和まで数々の結社が登場するが、本書には必ずしも秘密ではなかったと思われる結社も含まれる。源信、法然、親鸞、日蓮らが始めた鎌倉仏教も秘密結社ではなかったはずだ。江戸末期では、現在の千葉県香取郡に世界初の農村共同組合を作った大原幽学の「先祖株組合」は、土地を共同所有する互助組織である。

本書では、当然のことながら秘密であった結社についての記述は少なく、秘密ではなかった思われる結社の記述が多い。秘密結社の詳細な史料があるはずもないから当たり前だが、古代から近代までを広く浅く概観するのではなく、真に秘密だった結社に絞って書いてほしかった。

エピローグで「人の集まりがあれば、そこに秘密結社の芽がある」と書いているが、これは子供の遊びを思い出せばわかる。子供たちも秘密の〈○○団〉を作り、A君は参加させるけれどB君は参加させないといった選別を行ったり、参加のための試練を課したりする。大人の社会も同じだ。派閥を作ったり、その内部で秘密会を作ったりする。秘密を共有したり、共通の的を持つことが組織の靭帯を強化するからだろう。そうした企みが大好きな人もいる。

ところで、忍者は秘密結社ではなかったのか。お庭番はどうか。体制側の組織については、秘密にされていた組織であったとして秘密結社に入れないらしい。

関連記事

チーズのせハンバーグ定食@琴善

テレビで紹介されたからといっても、必ずしも美味しい店とは限らない。
でも、テレビで紹介されるからには何らかの理由はあるのだろう。
という訳でもないけれど、最近、テレビに出たらしい「琴善」に行ってみた。

080714琴善

1階が鉄板焼きのカウンター席、2階では宴会もできるらしい。
ハンバーグ類のメニューが豊富なので、「チーズのせハンバーグ定食(750円)」を注文。2席左隣の男女のうち女性も同じメニューを頼んだようで、先にチーズのせハンバーグ定食が供されていた。
しばらく待って、料理が到着。

080714チーズハンバーグ定食680円@琴善

鉄板で焼かれたハンバーグは、箸でつまむとホロホロと崩れるほど柔らかい。ご飯の炊き方がちょっとまずい。米粒がザラザラしているな。

左を見ると、同じメニューを頼んだと思われた女性に、サラダが供されている。オプションのサラダがあるのだろうか。一緒の男性にはサラダが出されていないので、女性だけ頼んだのだろう。店主と親しげに話しているところを見ると、女性は馴染み客なのか。

食べ終わりに近づいて、件の女性にスイカが供された。これも女性だけだ。何だか差別されている気分。気になってネットで調べると、この店は女性だけにデザートが供される店らしい。

「レディースセット」といって女性向けにお得なセットを出している店は少なくない。女性客を集めれば自然に男性客も集まる、ということなのだろうか。細かいことはいいたかないが、これはやっぱり性差別だよな。こうした店には「男性客は来てほしくないのか!」と言いたくなる。女性に優しい店は、男性には優しくない店なのだ。料理がものすごく美味しかったりしたら再訪するのだけれどもねえ。

やっぱり感じ悪い店だなあ。


琴善
東京都千代田区外神田2-10-6

地図NAVITIME

関連記事

串焼き重@三代目なばや

昼過ぎに訪れたら満席で入れなかったことのある「三代目なばや」に、1時前に行ってみた。
この店は、地下鉄湯島駅6番出口から秋葉原方面に少し向かい、左に曲がった路地の途中にある。
10人近く座れるカウンターに2人。奥の座敷に2人の合計4人しかいなかった。この店のランチは1時までらしい。

080729なばや

「売り切れで、串焼きと鰻しか残っていないんですがよろしいですか?」としゃがれ声の女将に問われる。
「じゃあ、串焼きで」
メニューを見ると、ランチは「きじ焼き重 鶏めし重 串焼き重 うなぎ重」の4種類しかない。
きじ焼き重と鶏めし重が売り切れたらしい。

しばらく待つと「串焼き重(1000円)」が供された。

080729串焼き重1000円@なばや

うーむ、正肉4本にネギ1本か。焼鳥屋で酒を飲むときでも、正肉を4本注文することはないなあ。焼き鳥の楽しみは、レバやハツ、砂肝といった内臓類や、ネギマやツクネといった味のバリエーションなんだけど、これでは鶏肉・鶏肉・鶏肉・鶏肉と、鶏肉を食べる料理だな。内臓を期待したのが間違いだったのか。

もちろん、焼き鳥そのものは美味しいんだけど、途中で飽きる。焼きネギを間に入れても、やっぱり飽きる。レバの食感や胆汁が少しついてしまった独特の苦みが懐かしい。これでは「焼き鳥重」と名前を変えた方がよろしいのではないでしょうか?

でも、ご飯は「旨いコシヒカリ」とメニューに書かれていたとおりに、丁寧に研いで炊かれていて、焼き鳥のタレがかかった米粒は透明に輝いていた。厚焼き玉子と漬け物がついている。みそ汁の具は、お麩と4mm角くらいに切った豆腐。

先客が頼んだ「きじ焼き重」は、焼いた鶏肉の切り身がご飯の上に敷き詰められたものだった。この店では、ランチにはモツを出さないのだろうなあ。

鶏レバを猛烈に食べたくなってきた。


三代目なばや
東京都台東区上野1-6-2 原田ビル1F

地図NAVITIME

関連記事

モツ煮込みカレー@鐙

関東ではモツ煮込みといえば、みそ味でコンニャクやニンジン、ゴボウなどが入っていて、刻みネギが上に載っている物が一般的。ところが、静岡県清水市では居酒屋でモツ煮込みを注文すると、モツだけが入ったカレーが供されるらしい。どんな味か食べてみたい気もするが、清水市に出かける機会はないだろうなあ。

黒門町の「鐙」にまた行った。

080708鐙

今回はちゃんと幟をよけて、店頭を撮影。

いろんなカレーを出しているこの店のメニューなのかでも、どんな料理なのか前から気になっていた「モツ煮込みカレー(650円)」を注文。

080530もつ煮込みカレー680円@鐙

清水市のモツ煮込みとは違って、コンニャクやニンジンがたくさん入っている。水煮したモツ煮込みの材料をカレールーでさらに煮込んだものだった。

食べようとしてスプーンを包んだ紙ナプキンを開くと、驚くべきものが現れた。

080530鐙のカレー用スプーン

スプーンが曲がっている! 超能力を使ったわけではないのに、最初から曲がっているというかゆがんでいる。皿と並行にスプーンを動かし、ご飯やカレーをすくってそのまま口に運べば、手首を返さなくても良いので食べやすい、ということなのだろうか。でも、角度が微妙で、なんだか食べにくいなあ。着想は面白いけど、それほど便利ではないアイデア商品ということだろうか。これでも使い慣れれば便利になるのかなあ。

で、モツ煮込みカレーの味は、普通に美味しかった。カレーにモツが合うのは予想通り。カレーのスパイスがニオイ消しになるから、清水市のモツ煮込みは考えてみれば正しい調理法なんだな。それと、これまで思いつかなかったけれど、カレーにコンニャクも合う。カレーはカロリーが高いから、ダイエット中の人には良いかも。


居酒屋 鐙(あぶみ)
東京都台東区上野1-2-5

地図NAVITIME

関連記事

カオソイ@タチレック(ミャンマー)

タイ最北部の町メーサーイとミャンマーの町タチレックは、間に流れる細い川が国境になっていて、橋の両側に国境ゲートがある。このゲートは、もう15年近く前から外国人にも開いているが、タイとミャンマー両国の外交関係でによって開いたり閉じたりする。実際に行ってみなければ、国境が開いているかどうかわからないので厄介だ。

ゲート近くの文具店でパスポートのコピーを取り、20USドル添えてタイ側のイミグレーションに渡すと、パスポートを預かってくれ、代わりに夕方まで有効の通行証とパスポートのコピーが渡される。それを持って橋を渡りミャンマーに入国することになる。つまり、パスポートにはミャンマーのビザ印は押されない。夕方まで仮に入国させてもらったってことになる。

03ミャンマー

タイとミャンマー、そしてラオスの国境が接するこの地域はゴールデントライアングル(黄金の三角地帯)と呼ばれ、かつてはミャンマー側で独立運動を続けていたシャン族や、中国系のモン族が山の上でアヘンを生産している地域として有名だった。土産物屋を冷やかしたりしているうちに空腹になったので、国境の橋からほど近い食堂に入って「カオソイ(30円くらいだったか)」を頼んだ。写真を撮っていたら、店のオヤジにきれいな日本語で話しかけられたのでビックリした。ラングーン(ヤンゴン)で勉強したという。

03カオソイ-ミャンマー

カオソイは、ミャンマー北部とチェンマイなどタイ北部の郷土料理でカレーラーメンのようなものだけど、とても不思議な麺料理だ。

なぜか油でパリパリに揚げた麺が必ず一番上に載っている。麺はかん水入りの小麦粉麺のようだけど、かなり薄い平打ち麺のことが多く、コシがないのでタイでバミーと呼ばれる黄色い縮れ麺とは食感が少し違う。スープはココナツミルクがたっぷり入ったカレー味。骨から簡単に身が外れるほどトロトロに煮込まれた鶏の手羽(チューリップ)が入っている。そして、不思議なのは必ず高菜漬けとムラサキタマネギ、ライムが添えられていることだ。ライムはカオソイに搾るのだろうし、高菜漬けはカオソイに入れて食べることができるが、タマネギは小粒なものを半分に切っただけだから、丼に入れるのはためらわれる。

インドの安食堂では、テーブルに着くと水とお皿に載ったタマネギ(ムラサキタマネギの場合が多い)が出てくる。料理(といってもカレーだけど)が出来上がるまでタマネギでも囓って待て、ということらしい。カオソイには、そうしたインドの影響を感じるが、揚げた麺・ココナツミルクカレー・平打ち麺・トロトロの鶏肉・高菜漬け・ムラサキタマネギ・ライムという組み合わせは、いったいどこから来たのだろうか。
不思議だ。

Wikipedia(メーサーイ郡)

関連記事

ニラレバ定食@栄華楼

地下鉄末広町駅と湯島駅のほぼ中間にある錬成通り三組坂下近くの栄華楼に行く。入り口の外では(赤い柱の影)、いつも若い中国女性がお弁当を販売しているが、猛暑の中では少し可哀想になるほど。
店頭に「本格中華料理」と書かれた紙が貼られていたが、店内はごく普通の中華料理店だった。

080725栄華楼

店内はワイシャツの中年男性客ばかりで、この店もオヤジ度の高い店だった。喫煙できることが、理由の1つかもしれない。

暑さに負けないようにスタミナをつけようと「ニラレバ定食(800円)」を注文。

080725ニラレバ炒め定食800円@栄華楼

ニラは少なかったが、レバーとモヤシは大量だから、大食漢の人ならばどんぶり飯2杯はいけるだろう。数分後には、片栗粉でとろみをつけた調味ダレが、お皿にどんどん溜まっていく。写真ではお皿の白い部分が多いけど、具に絡んでいたとろみがどんどんお皿に落ちていた。これは「炒め」というよりも「炒め煮」かも。その証拠に、モヤシはシャキシャキ感よりもしっかりとした歯ごたえを感じる。

レバとモヤシを食べ終わったお皿には、大量の炒め煮汁が残った。大食漢の人ならば、これだけでどんぶり飯1杯はいけるだろう。美味しそうな炒め煮汁を前に、ご飯をお代わりしようかとも思ったが、大量のレバとモヤシで、すでに満腹だった。


栄華楼 秋葉原店
東京都千代田区外神田6-7-5 林ビル1・2F

地図NAVITIME

関連記事

『中国が予測する“北朝鮮崩壊の日”』綾野/富坂聰[編](文春新書)

中国が予測する“北朝鮮崩壊の日”


『中国が予測する“北朝鮮崩壊の日”』綾野/富坂聰[編](文春新書)

著者の綾野は、中国国防大学国際戦略研究部所属の研究者で現役の軍人のペンネームだという。本書は綾野が書いた『朝鮮解体』というレポートの日本語訳ということになっている。富坂聰は[編]となっているが、なぜ[訳]ではないのかが、気になって読み始めた。[編]というのは一般的には編纂か編集という意味だが、複数の論文を合わせたという意味だろうか。本書には、どこにも翻訳者名が記載されていないが、おそらく富坂が翻訳したのだろう。富坂は文春新書で中国語の訳書も出しているのになぜ本書は[編]なのかがわからない。「あとがき」まで読んでもこの疑問は解決されない。

本書では、金正日政権崩壊のシナリオを次の5段階で論じている。
第1段階 経済の破綻
第2段階 権力の若返りと中央集権の崩壊
第3段階 中朝の離反と米朝の接近
第4段階 先軍政治の限界とその終焉
第5段階 ポスト金正日・権力の空白

結論から言えば、第1~4段階まではこれまでさんざん見聞きした北朝鮮事情ともいうべき内容。第3段階で、親密に見える中朝関係が金正日政権になってからギクシャクしだしており、中国が日本や韓国と同様に金正日に手玉に取られている様が描かれているのが目新しいところか。

これまで読んだ北朝鮮関係の本には、何かしらびっくりすることが書かれていた。例えば、『金正日 隠された戦争』(萩原遼)には、次のような記述があった。
「食糧危機による餓死者の多くは金正日政権にとって敵対勢力の拠点となっている北朝鮮北東部に集中していた。300万とも言われた餓死者は、金正日によって政策的に抹殺されたのである。その証拠に、食料援助が始まってから餓死者が増えていたという」

しかし、本書からはあまり新しい事実は得られなかった。
肝心の「ポスト金正日」に関しても、健康状態に問題があるため金正日は、父親ほどは長生きできないだろう。5年後だとしたら3人の息子の誰かに直接世襲することは難しく、15年後だったら問題なく世襲できるだろう。しかし、いずれ徐々に民主化への道を進むだろう、といった程度だった。本のタイトルとは大きく掛け離れた内容。羊頭狗肉だね。

世襲に反対してきた中国も、結局のところは北朝鮮の急激な民主化は望んでおらず、3代目への世襲も認めざるを得ないということらしい。

関連記事

日替わりカレー+ライス@シャリマール

暑い日には暑い国の料理を食べよう、とインド料理のシャリマールに行く。

080717シャリマール

「日替わりカレー+ライス(790円)」を注文。日替わりカレーは、ジャガイモと鶏肉だった。

080717ジャガイモと鶏肉カレー790円@シャリマール

12時前の空いている時間帯に2人で行ったためか、写真上のチーズがたっぷりかかった「ほうれん草と鶏肉のカレー」をサービスつまり無料で供された。なんだか儲けた気分で嬉しい。

この店では、サービスでコーヒーが出てきたこともあるけど、あくまで「サービス」だから、出すか出さないかは店員の気分次第なんだよなあ。やっぱりインドっぽいなあ。


シャリマール秋葉原店
東京都千代田区外神田3-6-5

地図NAVITIME

関連記事

カツカレー@サンサーラ

“はずれなしメニュー”のカツカレーを出している店をネットで調べる。

末広町から上野方面に中央通りをしばらく行ったビルの地下にあるサンサーラへ。

080709サンサーラ

店内は数人連れの中年サラリーマンで一杯だった。ちょっと低めの椅子に腰掛けると深く沈み込む。昔の純喫茶やパブといった感じ。メニューを渡されたが、何の迷いもなく「カツカレー(800円)」を注文。

080709カツカレー800円@サンサーラ

ミニサラダとみそ汁が付いていた。カレーはちょっとハヤシライスっぽいけど、辛さは充分。カツは少し揚げすぎかも。ご飯は炊きたて、カレーも加熱充分、カツも揚げたてで、アツアツの料理だった。そして、全体的になんだか懐かしい味。中年サラリーマンに人気の理由は、この味なんだろうなあ。


サンサーラ
東京都千代田区外神田5-3-4

地図NAVITIME

関連記事

 | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。