TOP > 2008年11月

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『女装と日本人』三橋順子 (講談社現代新書 1960)

女装と日本人 (講談社現代新書 1960)


『女装と日本人』三橋順子 (講談社現代新書 1960)

著者は、長年にわたって女装を実践している性別越境者(トランスジェンダー)の性社会史研究者。

著者が自らを最近流行りの「性同一性患者」ではなく「性別越境者」であると定義するのは、「性同一性障害」という治療の対象となる「病気」にかかっているのではなく、女装や女っぽいふるまいによってジェンダーは女性だが、身体的には男性のままで不都合を感じていないからだという。

著者によれば、日本は性別越境に関して寛容な国である。その特徴として、次の5点を挙げている。

(1)日本人は、性別越境者の芸能に強い嗜好がある。
(2)異性装者について、少なくとも個人レベルでは、比較的寛容な意識を持っている。
(3)そうした文化や意識は世界の中でかなり特異である。
(4)そしてそのことにほとんどの日本人が気づいていない。

ということであり、本書は「女装好きな日本人」の原点を探ろうというものである。これまで女装についてのまとまった研究書はないという。

本書の第1章から第5章までは、古代から近世、現代まで女装の歴史について詳しく解説している。しかも単に女装という服装に止まらず、日本人の性意識や性行動までが明らかにされる。例えば、寺院と持者や女装稚児、歌舞伎と陰間など、西欧的な性意識が採用される明治以前までは、男性の性対象が女性だけではなかった日本人のゆるやかな性意識が描かれる。

「終章 文化としての女装」は、トランスジェンダーと女装に関する歴史的分析、文化的解析として優れた考察である。独立した論文として執筆されたのかもしれない。

『古事記』や『日本書紀』には、女装の英雄譚について書かれている。ヤマトタケルによる熊襲征伐も女装の伝説である。景行天皇によって熊襲討伐を命ぜられた、オウスノミコトは叔母の衣装を借りて熊襲に乗り込み、女装して宴会に紛れ込んで、首領の熊襲タケル兄弟を殺し、瀕死の弟に「タケル」の名を授けられる。弟の殺害は、尻に刀を刺すという男色行為への復讐的な殺害方法まで記述されている。熊襲側から見れば、オウスノミコトは女装という姑息な手段を使ったテロリストでしかないのではないか。しかし、記紀ではこのストーリーを英雄譚として伝えている。

本書によれば、日本には男性でありながら女性的な装いをする双性的な存在に強い関心を持っているだけではなく、霊的な存在として崇めてきた。その証拠に、双性の巫人(女装の巫女)の痕跡が祭祀などで各地に残っているという。

トランスジェンダーの職能として、著者が挙げているのは次の5点。

(1)宗教的職能(異性装のシャーマン)
(2)芸能的職能(インドから東南アジア、中国、日本に存在)
(3)飲食接客的職能(日本のみで発達)
(4)性的サービス的職能(芸能者であり飲食接客者であり、セックスワーカー)
(5)男女の仲介者的職能(人生相談。双性的存在に対するジェンダーの緩衝装置的な需要)

5つの職能は、元来、祭祀や神事に発祥する職能である。トランスジェンダーという異質・異能・異形な存在は、畏怖と畏敬の対象として祭祀や神事に古くからかかわってきたことの証左である。日本人は「女装好き」だが、実は日本以外の国々にも性別越境者の歴史はあった。しかし、日本やタイに性別越境者が多いのは、キリスト教の影響が少ないからだという。

キリスト教は同性愛に対して、苛烈な態度を示している。その禁忌が聖書に明記されているからである。

「男がもし、女と寝るように男と寝るなら、ふたりは忌みきらうべきことをしたのである。彼らは必ず殺されなければならない」(『旧約聖書』「レビ記」第20章13節)

また、異性装についても禁忌が書かれている。

「女は男の着物を身につけてはならない。男は女の着物を着てはならない。このようなことをする者をすべて、あなたの神、主はいとわれる」(「申命記」第22章5節)

女装の芸能を好み、男と女という性別の二元論にこだわらなかった日本人が、性別越境者を差別するようになったのは、明治時代にキリスト教的倫理観に基づいたドイツの精神病理学を取り入れたことによるという。同性愛や性別越境者を「変態性欲」という精神的な「病気」と定義したためである。

著者が、自らを性同一性障害ではなくトランスジェンダーとしているのは、治療すべき「病気」であるとする点が明治時代の「変態性欲」という定義と同じだからである。



関連記事
スポンサーサイト

ワンタン麺@一本の道

JR田町駅芝浦口(東口)を出て70メートルほどのところにラーメン店が2店舗並んでいる。
以前訪れたことのある「北海道ラーメン 味源」の隣が「一本の道」だ。昼時は味源は行列が絶えないが、一本の道は空いている。人気の違いというようりも、味源はカウンターの9席しかないのですぐに行列になるけど、一本の道は1階カウンターと2階席のあるから行列がすぐに解消されるためらしい。

081128一本の道

券売機で「ワンタン麺(800円)」のチケット購入。ご飯がサービスされるらしい。

081128ワンタン麺800円@一本の道

5分ほどで料理が登場。器は、一般的なラーメンどんぶりではなく、円錐形で背が高い。

スープをひと口すすると、鶏ガラの味がして次に魚介ダシ、最後に豚骨の獣っぽい香りがしたけど、2口めからは豚骨風味は気にならない。昔のラーメンに近い味のような気がする。でも、塩分が多すぎて少ししょっぱい。

麺はストレート麺だけど、かすかにウェーブがかかっている。茹で加減はやや柔らかめ。コシはあまりないけど、美味しい部類だろう。

問題なのはワンタン。大きめの皮にほんのちょっとしか具が入っていないし、何より皮が厚すぎる。厚さ1ミリほどもある皮なので、ワンタンのチュルチュル、フワフワの食感からはほど遠い。ワンタンではなく、ラビオリを食べているような気分になった。

麺を食べ終わって、スープでご飯を食べ始めたときに改めて気づいたが、やっぱりスープが塩辛い。最後まで飲み干せなかった。


◆希望支払金額:750円(800円は高い)
◆費用対効果度:93.8%(750円/800円)

一本の道
東京都港区芝浦3-1-29

関連記事

キーマカレーセット@シディーク

昼過ぎに神保町へ。

神保町はカレー店が数多くあるけど、インドの味に最も近い料理を出しているのはシディークではないだろうか。同じくカレー店の多い秋葉原にも店舗があるけど、3階の店で不思議なタイ料理を食べたことがある。

おそらく半年ぶりに吉野家の隣にあるシディークへ。

081121シディーク神保町店

「キーマカレーセット(980円)」を注文。久しぶりにライスではなくナンを選択した。

081121キーマカレーセット980円@シディーク神保町店

なんだか気の抜けたようなキーマカレー。この店のキーマカレーは、以前はもっと辛かったし、もっとインドっぽい味付けだったと思う。料理人が変わったのだろうか。ナンも食パンのようにフカフカで発酵しすぎの味。
値段も値上がりしている。
たった半年ほどで美貌の女友達が急に老け込んだような感じ。

どうしちゃったんだろう。
会社のサイトを見ると、店舗が急に増えている。経営者の目が行き渡らなくなってしまったのだろうか。


◆希望支払金額:800円(決して不味くはないけど、980円は高いと思う)
◆費用対効果度:81.6%(800円/980円)

シディーク 神保町店
東京都千代田区神田神保町2-7
*どの地図サイトもこの辺りを正確にポイントできないので、位置が微妙に異なります。靖国通りに面していて、吉野家の隣です。

関連記事

江戸前アナゴ天重@芝の浦

JR田町駅芝浦口(東口)から徒歩6~7分のところにある「諸國地酒銘酒処芝の浦支店」へ。

081126芝の浦

2階の店内に入るとロッカー式の下駄箱があり、この店は靴を脱ぐのかと少し面倒になる。

掘り炬燵式のテーブルに座って、日替わりの「芝の浦三昧御膳」を注文しようとしたら、売り切れだった。行列に並ぶのが嫌なので13時近くに来店するから、こうした憂き目にあうことが少なくない。

「十食限定」「一本揚げ」という惹句につられたわけではないけど、気を取り直して「江戸前アナゴ天重(950円)」を注文。

081126江戸前アナゴ天重950円@芝の浦

巨大なアナゴ天が登場。最近では、アナゴの一本揚げは珍しくもないが、これだけ巨大なアナゴはあまり見たことがない。太さも充分で長さは30センチほどある。左から4分の1本分あたりを割り箸で抑えると、簡単に千切れた。肉厚のアナゴで、脂がのって美味しい。丼つゆを吸ったご飯が、ひと粒ひと粒がツヤツヤと輝いているのは、良い米を使っているからだろう。

豚汁もちゃんと美味しい。

ただ、衣が固くて口の中が傷だらけになった。衣がちょっと重く感じたのは、揚げ油にごま油を使っているからだろう。


◆希望支払金額:950円(ちょっと高いけど、アナゴが巨大)
◆費用対効果度:100%(950円/950円)

諸國地酒銘酒処 芝の浦 支店
東京都港区芝浦3-14-4 さくらビル

関連記事

かき揚げそば@後楽そば田町店 → 閉店

蕎麦はあまり食べない。どうしても時間がないときに立ち食い蕎麦を食べる程度なので、昼食時に蕎麦屋を訪れることはあまりない。

JR田町駅芝浦口(東口)を出て、すぐのところに立ち食い蕎麦屋が2店舗並んでいる。1つは都内に数多くの店舗を構える「富士そば」。もう1つの「十割蕎麦」と看板に掲げる「名代 後楽そば 田町店」に入ってみた。

「製麺所直送」「揚げ立て天麩羅」の文字がファサードに踊る。
蕎麦以外に丼物のメニューも豊富だった。

外の券売機で「かき揚げそば(470円)」のチケットを購入。

081125後楽そば

この店はいわゆる立ち食い系ではなく、カウンター席やテーブル席があった。

厨房を見てびっくり。押し出し製麺機から、蕎麦がグラグラ煮立った大鍋にニュルニュルと落とされていた。押し出し麺の蕎麦? 製麺所直送どころか、打ち立てじゃなかった押し出し立ての蕎麦だ。

押し出し麺といえば、スパゲティや冷麺を思い出すけど、日本と同じように蕎麦を麺にして食べるチベットでは、底に穴を開けた空き缶に練った蕎麦を入れて煮立った鍋に押し出す製麺法だ。ここは、チベット式蕎麦なのね。

数分間茹でた蕎麦はさっと冷水で締められた。

081125かき揚げそば470円@後楽そば

揚げ立てのかき揚げは別皿に載って現れた。蕎麦をひとくち啜る。押し出し麺だから仕方がないけど、コシはあまりない。でも、ツルツルの喉ごしはさすがに十割蕎麦かも。しかも、押し出し麺なのに蕎麦の断面は平打ち麺のような長方形で、手打ち蕎麦のように太さが微妙に異なっていた。仕事が細かいなあ。

揚げ立てのかき揚げに小柱が入っていたのでビックリ。しかも、ちゃんとサクサクに揚がっていた。


◆希望支払金額:470円(立ち食い系と考えると高いが、十割蕎麦だもの)
◆費用対効果度:100%(470円/470円)

名代 後楽そば 田町店 ※2012年4月27日で閉店したそうです。
東京都港区芝浦3-1-33
関連記事

さばの塩焼き定食@○や

焼き魚を食べに「飲み食い処 ○や」へ。

芝浦3丁目近辺でランチに焼き魚を食べるならば、この店かちょっと駅寄りの酒蔵うつみに決めても良いような気がする。2店とも、作り置きではない焼き立てのちゃんとした焼き魚が出てくるから。

飲み食い処 ○や」に来たのはもう3回目。

081110飲み食い処○や

隣のテーブルに大きな焼き鯖が運ばれてきたので「さばの塩焼き定食(800円)」を注文。

焼き立ての鯖が提供されることを知っているので、少々待たされても気にならない。

081011さば焼き定食800円@○や

期待通りに焼き立て熱々の焼き鯖が登場。
お盆が小さいので、ご飯とみそ汁をお盆から外して、鯖を載せた木の皿をお盆へ。
皮がパリパリに焼けていて美味しい。大根おろしがたっぷりあって嬉しい。

そういえば、焼き魚にスダチではなくレモンを絞る風習が始まったのはいつのことだろうか。それほど昔のことではないような気がする。レモンを搾るのはトンカツかエビフライだけだったはずだ。


◆希望支払金額:800円(皮がパリパリの焼き立てだったし、納得できる値段)
◆費用対効果:100%(800円/800円)

飲み食い処 ○や
東京都港区芝浦3-14-15 タチバナビル2F

関連記事

和牛ハンバーグステーキみそデミソース@芝浦たむく

JR田町駅芝浦口(東口)から海に向かって5~6分の、居酒屋よってってパライソが入っているビルの1階にある「まかない料理とぶどう酒  芝浦たむく」へ。

081120たむく

看板を見ると、店名は「Tammk」とも表記するようだ。何語だろう? そして、夜はマジックショーをやっているという。変わった店だなあ。

店内は鰻の寝床のように細長い。一番奥には4人掛けテーブルが2つあった。

20食限定だという「和牛ハンバーグステーキみそデミソース(850円)」を注文。

081120和風ハンバーグステーキ850円@たむく

半熟の目玉焼きの下には、テニスボールように丸く成形されたハンバーグが載っていた。

ほとんどつなぎの入っていないハンバーグは、肉汁たっぷりで美味しい。でも、何度かスジが歯に当たったので、あまり良い肉ではないのかもしれない。ソースは、フルーティな酸っぱさとねっとりと舌にまとわりつく甘さが残る。ジャムでも入っているのだろうか。メニューには「みそデミソース」と書かれていたが、味噌の味や風味はほとんど感じられなかった。

茹でたジャガイモをあまりつぶさずに作ったサラダも美味しい。

料理は申し分ないのだけれど、寒い日に冷たい水を飲みながら食べるのは寂しい。コンソメスープくらいはほしいところ。


◆希望支払金額:800円(スープがないのは寂しいし、食べにくい)
◆費用対効果度:94.1%(800円/850円)

まかない料理とぶどう酒 芝浦たむく
東京都港区芝浦3-11-12 ASKビル芝浦1F

関連記事

特選牛モツ煮込み定食@あるふぁくろす

JR田町駅芝浦口(東口)から徒歩5~6分のところにある「隠れ酒場あるふぁくろす」へ。「隠れ酒場」というのは、意味はわかるが舌足らずで日本語として熟さないような気がする。「「アルファ(alpha)」と「クロス(cross)」は誰でも知っている英単語だけど、熟語となると意味はわからない。なかなか考えたネーミングかもしれない。

081119あるふぁくろす

地下1階の店内に入ると、南国調というかアメリカンというか木材を多用した内装。お客はほとんどが若いサラリーマンやOLだった。

そろそろ寒くなってきたのに、まだ7分丈のパンツを履いている大柄な男性スタッフに、「特選牛モツ煮込み定食(800円)」を注文。

081119特撰牛モツ煮込み定食800円@あるふぁくろす

数分で運ばれてきた牛モツ煮込みには、半熟の目玉焼きが載っていた。黄身を崩してモツを食べる。じっくりと煮込まれていて美味しい。大根とコンニャクにもピリ辛の味が染みている。でも、このモツ煮込みは少しだけ冷めていた。これまた冷めた目玉焼きを混ぜたので、さらに温度が下がったのかもしれない。アツアツを食べられなかったのが残念

筍とレンコン、コンニャクのきんぴらも挽肉の味付けで美味しい。
ご飯は五穀米入り。みそ汁には油揚げがたっぷり入っていた。

この店は、男性客はご飯がお代わり無料で、女性客にはデザートが付く。ご飯をお代わりしなかったので、ちょっとだけ損した気分

ご飯をお代わりしない男性客には、デザートを出してちょうだいな。


◆希望支払金額:750円(モツ煮込みがアツアツだったら800円。惜しいなあ)
◆費用対効果度:93.7%(750円/800円)


隠れ酒場あるふぁくろす 芝浦店
東京都港区芝浦3-14-2 藤田ビルB1

関連記事

カキフライ定食@呑來醍

JR田町駅芝浦口(東口)を出て50メートルほどのところにある呑來醍(どんきてい)という店に入る。ちょっと変った店名だ。「醍」という漢字は、「澄んで赤みのある酒」という意味。「澄んで赤みのある酒を呑みに来る」ってどういうことだろう。

081118呑來醍

琴の調べが流れる店内に入り、口跡の鮮やかなおばさんに導かれて奥のテーブルに。13時近かったためか、店内は空いていた。

「カキフライ定食(900円)」を注文。

背後の壁から子供たちの叫び声が聞こえてくる。店の裏が芝浦小学校なのだ。

081118カキフライ定食900円@呑來醍

5分ほどで料理が登場。なぜか大きさがバラバラのカキフライが5個。大きいカキは小さいカキの2倍以上もある。レモンを絞って食べると、やはり大きいカキの方が美味しい。

この店はタルタルソースが変わっていた。ゆで卵のみじん切りが、昔のパン屋で売っていた卵サンドイッチの中身のように4ミリ角くらいある。しかも、合わせたマヨネーズの量が少ないので、ドロドロではなくゴロゴロしていた。

若布ときゅうりの酢の物と大根の漬物は、塩分控えめだった。

全体的にごく普通の味。特別美味しくはないが決して不味くはない。


◆希望支払金額:900円(もう少し安いと嬉しいけど、駅前だもの仕方がないか)
◆費用対効果度:100%(900円/900円)

呑來醍(どんきてい)
東京都港区芝浦3-1-30 東展企業ビル

関連記事

とん味噌@正直や

JR田町駅芝浦口(東口)を出て、徒歩6~7分のところにある炭火串焼 正直やへ。

081117正直や

この店のランチは、「とん塩」「とん味噌」「とんタレ」の3つの炭火焼き豚丼と「まぐろ中落ち丼」を提供している。

隣の客が食べていた「とん塩」から豚臭いニオイが漂ってきていたので、味噌でニオイが抑えられているかもしれないと「とん味噌(850円)」を注文。

081117とん味噌850円@正直や

豚バラ肉を1枚食べる。辛子味噌がまぶしてあるので、わずかに辛みがある。でも、やっぱり豚臭い

牛肉や鶏肉と違って、豚肉の炭火焼きはあまり見たことがない。豚肉料理といえば、ショウガ焼きやポークチョップなど豚肉のニオイを消す調理法が一般的。トンカツならば豚臭さが気にならないが、炭火焼きでは豚臭さが消えないからだろう。

この店は、SPF豚の岩中豚を使用しているという。SPF(Specific Pathogen free)豚というのは「豚の発育を妨げる特定病原菌がいない」健康な豚という意味。岩中豚は「いわなかぶた」と読み、生産者の岩手中央畜産株式会社の社名を略したブランド名。はあ、そうですか。

けんちん汁は具が少なすぎるし、漬け物や大根と油揚げの煮物は小鳥の餌ほどの分量しかなかった。

「豚肉の炭火焼きは豚臭くはないか」という不安が的中。でも、気にならない人もいるかもしれない。


◆希望支払金額:700円(不味くはないけど、豚臭い)
◆費用対効果度:82.3%(700円/850円)

炭火串焼 正直や
東京都港区芝浦3-12-16

関連記事

 | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。