TOP > 2010年02月

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『謎の渡来人 秦氏』水谷千秋(文春新書 734)

謎の渡来人 秦氏


『謎の渡来人 秦氏』水谷千秋(文春新書 734)


古代最大の氏族とされる秦氏は謎の渡来系氏族である。本書は、その謎に迫ろうとしている。

秦氏は、山背国(京都府南部)を拠点として日本最大の規模と分布を誇りながら、政治の前面に出たのは少ない。

秦氏はどこから来たのか。『日本書紀』によれば、秦氏が日本に来たのは応神天皇の時代だとされる。新羅や百済などから多くの渡来人がやってきたことが記されている。また、『古事記』によれば、「又秦造之祖 漢直之祖 及知釀酒人 名仁番 亦名須須許理等 參渡來也(また秦の造の祖・漢の直の祖、及び酒釀むを知る人、名は仁番またの名は須須許理等、參い渡り來たり。)」とある。

秦の始皇帝の末裔という伝承から中国が挙げられる。また、秦氏の伝説的な始祖とされる弓月君の「弓月」という言葉について、斎槻(ゆづき)ではないかとして、『万葉集』の巻第7-1087と1088に斎槻の意味で「弓月」と書いた例があるとしている。

ところが、ここで著者が引用しているのは『万葉集』巻第11-2353の「長谷 弓槻下 吾隠在妻 赤根刺 所光月夜邇 人見點鴨 一云 人見豆良牟可(はつせの ゆつきがしたに わがかくせるつま あかねさす てれるつくよに ひとみてむかも ひとみつらむか)」なのである。「弓月」ではなく「弓槻」と表記している歌だ。

実際の『万葉集』巻第7-1087と1088は、以下の歌である。

詠雲
1087 痛足河 〃浪立奴 巻目之 由槻我高仁 雲居立有良志(あなしがは かはなみたちぬ まきむくの ゆつきがたけに くもゐたてるらし)
1088 足引之 山河之瀬之 響苗尓 弓月高 雲立(あしひきの やまがはのせの なるなへに ゆつきがたけに くもたちわたる)

「弓月」という表記は「1088」だけである。この2つの歌の後に「右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出」と書かれていて、『万葉集』のベースになったとされる「柿本人麻呂歌集」が原典らしい。2つの歌は雲を詠んでいて「ゆつきがたけ」は山のことだ。2つの歌からは斎槻と山の関係がよくわからない。

それにしても、どうしてこんな引用のミスが起こるのか。担当編集者は仕事をしていないようだ。

6世紀前半に日本の人口が400万人程度だったころに、秦氏は17万人で全人口の5%を占めどの氏族よりも多い人口を誇っていたとされる。彼らが本拠地したのは山背国の東部の深草と、西部の桂・嵯峨・太秦。

秦河勝は聖徳太子との密接な関係で歴史に名を残しているが、他の渡来系氏族と違って秦氏は政治に深くかかわらなかった。しかし、桓武天皇が遷都した長岡京や平安京は秦氏が基盤とした山背国であり、秦氏の経済的支援なしには実現しなかったはずだ。

本書では、秦氏のさまざまな謎を挙げているが、論考はなかなか核心に至らず周辺を迷走し続ける。秦氏が謎に包まれていることはわかったが、残念ながら謎を解明するには至らずに終わる。

関連記事
スポンサーサイト

ワンタンメン@サワダ

東武線浅草駅から仲見世通りに向かう新仲見世アーケードにある「サワダ」へ。

サワダ

サンプル@サワダ

浅草という一大観光地にあって良心的な価格の店として有名だ。

20100224094831f80.jpg

中華ソバ500円・若布ラーメン500円・ワンタン500円……と浅草寺を参詣する善男善女に優しい価格設定になっている。

「ワンタンメン(600円)」を注文。

地区大会でもあったのだろうか。野球のユニフォーム姿の中年の方々がビールを飲みながら盛り上がっていた。

7~8分で料理が到着。

ワンタンメン600円@サワダ

スープは鰹節の香りが立つ醤油味。脂が浮いているのは鶏油か。少ししょっぱいけど、歴史的に正しい中華そばの味だろう。麺は中太のかん水入り縮れ麺。メンマはちょっと甘めの味付け、チャーシューは薄味だった。ワンタンはラビオリのように分厚い皮だった。


◆希望支払金額:600円(味は普通だけど、この場所でこの価格は立派)
◆費用対効果度:100%(600円/600円)

食堂サワダ
東京都台東区浅草1-1-11



関連記事

とんこつらーめん@博多風龍 西武新宿店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その5)


西武新宿駅南口の真向かいにある「博多風龍 西武新宿店」へ。前回、ごはんか半熟卵どちらかを選べるサービス券をもらったので、使用期限はなかったけど使おうというわけ。

とんこつらーめん博多風龍

券売機で「とんこつらーめん(500円)」のチケットを購入し、奥のカウンター席に案内される。外国人のホール係にチケットと前回もらったサービス券を渡して「半熟卵で」とお願いする。

テーブル席では、ガテン系の方々の4人組が1人は携帯電話片手に大声で話し、残りの3人は陰鬱そうな表情でラーメンを食べていた。

3~4分で料理が登場。

とんこつらーめん@とんこつらーめん博多風龍201002

スープは、前回と同じで豚骨特有の臭みはまったくないクリーミーな味。塩加減も丁度良くて美味しい。麺は素麺のように細いストレート麺。

サービスの半熟卵は、トロトロの黄身まで味が付いていて美味しい。

途中から辛高菜・紅ショウガ・ゴマをトッピングしながら食べた。

お客が次から次と来店し、麺を3分の2ほど食べたところで、5人のグループが来店したので慌てて「替え玉」を注文。

替え玉もすぐに供された。

替え玉@とんこつらーめん博多風龍

この店は、替え玉をお皿で出してくれる。

「替え玉2回無料」なので、500円で3玉まで食べることができるけど、2玉目で終了。

替え玉を2回頼んでいる、つまり3玉を食べているお客も何人かいた。


◆希望支払金額:500円(私には無理だけど、500円玉1枚で麺が3玉!)
◆費用対効果度:
100%
(500円/500円)

博多風龍 西武新宿店
東京都新宿区歌舞伎町1-24-3 新居ビル1F



関連記事

本日のおまかせ弁当@リリカル

【新宿ワンコインランチ・500円】(その4)


西武新宿駅のそばにあるカプセルホテルのグリーンプラザ新宿。その地下にある「CAFE & BAR リリカル」へ。

メニュー@リリカル

この店では、弁当・ハンバーグ定食・カレーの3種のワンコインランチを提供している。

カウンター席に座って「本日のおまかせ弁当(500円)」を注文し、支払いを済ませる。この店は前払いなのだ。

スープ類やドリンクはセルフになっている。この日は、ワカメと油揚げの味噌汁だった。

2~3分で料理が到着。

本日のおまかせ弁当500円@リリカル

小鉢に入っていたのは、ほうれん草と油揚げの炒め煮・おから煮・ポテトサラダ・きんぴらゴボウ・タクワン・オレンジゼリー。手前は鶏肉の照焼き・キャベツの千切りとトマト。炊きたての御飯。

少量ずつだけどいろんな味が楽しめて嬉しい。

食後に、ホットコーヒーを飲んだ。


◆希望支払金額:650円(バランスの取れた弁当でとても満足)
◆費用対効果度:130%(650円/500円)

CAFE & BAR リリカル
東京都新宿区歌舞伎町1-29-2



関連記事

うどん定食@新宿大盛(ダイセイ)

【新宿ワンコインランチ・500円】(その3)

新宿・歌舞伎町のパチンコ屋が密集するところにある「武蔵野うどん 新宿大盛(ダイセイ)」へ。

この店もワンコイン・ランチを始めていた。

うどん定食メニュー@大盛201002


カウンター席に入って〈20食限定〉を謳う「うどん定食(500円)」を注文。うどんの量を200g・300g・400gから選べるようになっている。300gでお願いしたら「並1丁!」と厨房に声をかけていた。

この店は注文を受けてから茹で始めるので、ちょっと待つ事になる。

10分ほどで料理が登場。

うどん定食500円@新宿大盛

素(かけ)うどんとかき揚げ、かやくご飯のセットだ。うどんはコシのある武蔵野うどんだけど、今回は少々柔らかい。茹で加減が難しいのだろう。かき揚げはタマネギとニンジン、そして桜えびのような小エビが入っていた。

かやくご飯が美味しい。シイタケが香り立ち、鶏肉も美味しい。少しだけパラついているのが残念。

500円は安いような当たり前のような微妙な感じ。


◆希望支払金額:500円(セルフうどん店と比べてどうだろう?)
◆費用対効果度:100%(500円/500円)

武蔵野うどん 新宿大盛(ダイセイ)
東京都新宿区歌舞伎町1-22-3 近藤ビル1F



関連記事

上海野菜湯麺@一品鍋

【新宿ワンコインランチ・500円】(その2)

新宿・歌舞伎町のセントラルロードにある「上海火鍋・家庭料理 一品鍋」へ。

ワンコインランチメニュー@一品鍋

この店のワンコインランチは、火鍋麻辣坦坦つけ麺四川風麻辣冷やし坦坦麺、四川風麻辣坦坦麺、上海野菜湯麺の4種類。

火鍋麻辣坦坦つけ麺と四川風麻辣冷やし坦坦麺はすでに食べたので、「上海野菜湯麺(500円)」を注文。

すぐにザクザクと野菜を切る音がしたと思ったら、ジャージャーと炒める音がして、4~5分で料理が到着。

上海野菜湯麺500円@一品鍋

「野菜湯麺」となっているが、野菜はチンゲンサイと豆モヤシだけ。どこが「上海風」かもわからない。

鶏ガラと豚骨から取ったという白濁したスープは、ちょっと濃厚な味。細切りの豚肉がたくさん入っていた。表面を炒め油が覆っているので、いつまでもアツアツのままだった。塩味が強いので飲み干すことはできなかった。

麺は、表面がツルツルしていてポキポキとした食感の中太麺。学校給食の「ソフト麺」が思い出される。

これで500円というのは格別安くはないけど、まあ普通だろう。

この店のワンコイン・ランチは、火鍋麻辣坦坦つけ麺四川風麻辣冷やし坦坦麺がお勧め。


◆希望支払金額:500円(値段相応の味と量)
◆費用対効果度:100%(500円/500円)

上海火鍋・家庭料理 一品鍋
東京都新宿区歌舞伎町1-17-11 プレーンシティ新宿ビル5F



関連記事

ユッケジャンクッパ@新宿三代目ホルモン家 新宿店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その1)

歌舞伎町周辺でランチ営業の店は、寿司店以外はほとんど訪ねたのでワンコイン・ランチ(500円)を出している店を紹介します。

新宿・歌舞伎町の海老通りにある「新宿三代目ホルモン屋」へ。

新宿三代目ホルモン屋

2009年の夏ごろにオープンした店だと思うけど、店の前を通りかかると寒空なのに半袖Tシャツ姿のお兄さんが客引きをしていた。ワンコインのランチを提供するようになったらしい。

ワンコインランチメニュー@新宿三代目ホルモン屋

ワンコインランチは、鶏コムタンセット、野菜ビビンパセット、鶏モチ餃子スープセット、スンドゥプチゲセット、プルコギ石焼ビビンパセット、ユッケジャンクッパセットの6種類。

45席ほどの店内にお客は6人ほど。一番奥のテーブルに案内され、お茶が供された。

ん、お茶じゃない。甘酸っぱくて柑橘系の香りがする。どこかで飲んだはずなのにちょっと思い出せない。たぶんブドウ糖や香料などで作ったゆず茶だろう。

ワンコインランチから「ユッケジャンクッパセット(500円)」を注文。

6~7分で料理が登場。

ユッケジャンクッパ500円@新宿三代目ホルモン屋02

直径20センチを超える大きな丼に、赤いスープがたっぷり入っていた。牛の旨みが溶け出したスープは味が濃かった。

ニラ・ネギ・チンゲンサイ・ニンジン・ゼンマイ・豆モヤシと野菜がたっぷりごはんもたっぷりで卵も入っていたけど、牛肉は入っていなかった。ユッケジャンクッパには細切りの牛肉が入っているのが普通だけど、500円だもの贅沢は言えない。


◆希望支払金額:780円(スープが美味しいし具もたっぷりなので値引き前の金額)
◆費用対効果度:156%(780円/500円)

新宿三代目ホルモン屋
東京都新宿区歌舞伎町1-23-9



関連記事

『四コマ漫画―北斎から「萌え」まで』清水勲(岩波新書 1203)

四コマ漫画―北斎から「萌え」まで


『四コマ漫画―北斎から「萌え」まで清水勲(岩波新書 1203)

本書は、四コマ漫画の発生から現在にいたるまで、一次資料である新聞や雑誌をもとにその歴史を追った労作である。四コマ漫画の歴史を詳しく知りたいと思う人(そんな人はいないだろうが)にとっては、必読の書といえるだろう。

本書を読めば、「北斎漫画」から「らき☆すた」までコマ漫画そして4コマ漫画の歴史の詳細を知ることができる(何の役にもたたないけど)。例えば、江戸時代からコマ漫画に近い表現はあったが、日本におけるコマ漫画の初出は明治14年の『驥尾団子(きびだんご)』だという。欧米のコマ漫画の影響だ。

全く役には立たないが、暇つぶしにはなる。

関連記事

『歎異抄の謎―親鸞をめぐって・「私訳 歎異抄」・原文・対談・関連書籍一覧』五木寛之(祥伝社新書 188)

歎異抄の謎


『歎異抄の謎―親鸞をめぐって・「私訳 歎異抄」・原文・対談・関連書籍一覧五木寛之(祥伝社新書 188)


親鸞が語り唯円が書いたものを、蓮如が禁書・秘本にしたとされる『歎異抄』。本書は、副題の通りエッセイと五木による同書の現代語訳、原文、『歎異抄』を関西弁で訳した川村湊と五木の対談で構成されている。

五木は、歎異抄がブームになっていると書いているが本当だろうか。般若心経のように多数の解説書が発表されているわけではない。

五木は『歎異抄』を若いころから「暗記するほど」何度も読んだと書いていて、読むたびに謎が現れそれが解けいないと何度も書いているが、本書でその謎には迫っていない。

例えば、悪人正機説。

善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを世の人つねにいはく、
「悪人なほ往生す、いかにいはんや善人をや」。

自らを「煩悩具足の凡夫」と認識したところで、専修念仏のみが浄土への道と言われてもそもそも阿弥陀仏を信仰しなければ悪人である私は救われないのだろう。

そもそも私にとって「専修念仏」は理解を越えたものである。なぜなら、専修念仏よりも前に浄土思想を納得しなければならにからだ。それは、肉体が滅んだ後に、肉体以外の何かが行く世界があることを納得しならない。そして、その世界は浄土と呼ばれ阿弥陀仏が導いてくれる世界と、そうではない世界があるということを納得しなければならない。さらに、人によって浄土に行く人と浄土には行けない人があることを納得しなければならない。浄土に行くかどうかは、生前の行いではなく、阿弥陀仏に帰依したかどうかによると言われても理解を超えているとしか言いようがない。

『歎異抄』はそのタイトル通りに、親鸞の死後、教団内に発生した異端を嘆き、親鸞の言葉を伝えるために書かれたものである。だから、専修念仏の本義について『歎異抄』を読んでもさっぱりわからないことになる。

やはり、『往生要集』や『選択本願念仏集』にあたらなければ、称名念仏の本質は理解できないということだろうか。あるいは、梅原猛や阿満利麿の新書を読めば少しは『歎異抄』を理解できるのだろうか。

※2010年3月14日に『梅原猛の『歎異抄』入門』を読んだ。


関連記事

カオパット・バイガパオ・ヌア@シャム(SiAM)新宿店

新宿駅南口にある「シャム(SiAM)新宿店」へ。

この店には、歌舞伎町にある風林会館の向かいのビルにあったころから通っている。池袋にあった姉妹店にも行ったことがある。日本人向けの味付けにはしていない本場の味で、屋台料理ではないレストランのタイ料理を食べさせる店。

シャム

すぐ近くに「新宿ウイング」があるので、土日は競馬ファンのオジサン達で異常に賑わっている。

13時過ぎに入ると、100席はあるという店内には数組のお客しかいなかった。

タイ風焼きそば(パッタイ)や赤カレー(ゲーンペット・ガイ・ノーマイ、竹の子入り鶏肉レッドカレー)などのランチメニューもあるけど、「カオパット・バイガパオ・ヌア(牛肉のバジル炒めチャーハン)1150円」を注文。

とってもおいしい料理だし特別な材料は必要ないはずなのに、なぜかこの店以外では見たことがない。

意外に早く5分ほどで料理が登場。ランチメニューじゃないけど、ミニサラダをつけてくれていた。融通が効くなあ。

カオパット・バイガパオ・ヌア1150円@シャム

ご飯に牛肉(ヌア)とバジル(バイガパオ)・唐辛子(プリック)で炒め、ナンプラー(魚醤)で味付けされている。唐辛子の量がかなり多くてとても辛い。半熟の目玉焼きを崩して混ぜると少しだけマイルドになるけど、それでも辛くて美味しい。アミノ酸の旨みが強烈なのは、ナンプラーと化学調味料の相乗効果によるものだろう。

グン・パッタカイ1260円@シャム

一緒に頼んだ「グン・パッタカイ(1260円)」。エビ(グン)のレモングラス(タカイー)炒め(パット)だけど、こちらも強烈に辛い。タイ料理は、中華料理と同様にエビ・イカ・貝などの海産物を調理するときは軽く火を通す程度なので、エビのしっとりした食感とザクザクするレモングラスの食感のコントラストが楽しい。でもものすごく辛い。でも美味しい。


◆希望支払金額:2410円(この牛肉炒飯はよそでは食べられない)
◆費用対効果度:100%(2410円/2410円)

タイ国料理 シャム(SiAM)新宿店
東京都新宿区新宿4-1-13 田園新宿ビル9F



関連記事

 | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。