TOP > 2012年10月

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『化石の分子生物学―生命進化の謎を解く』更科功(講談社現代新書 2166)

化石の分子生物学



『化石の分子生物学―生命進化の謎を解く更科功(講談社現代新書 2166)


本書は、分子古生物学者による科学エッセイ。分子生物学の歴史と、この30年ほどで急速に発達した古代DNAの研究についてわかりやすく解説している。

【目次】

第1章 ネアンデルタール人は現生人類と交配したか
第2章 ルイ十七世は生きていた?
第3章 剥製やミイラのDNAを探る
第4章 縄文人の起源
第5章 ジュラシック・パークの夢
第6章 分子の進化――現在の人類は進化しているか
第7章 カンブリア紀の爆発――現在のDNAから過去を探る
第8章 化石タンパク質への挑戦


現代人は、ホモ・サピエンスの1種類しかいないけど、つい数万年前までは数種類の人類が生息していた。その中でもっとも有名なネアンデルタール人と現生人類は同じ地域に生息していた。第1章では、ネアンデルタール人のゲノムが解明された結果、明らかになった驚くべき事実について書かれている。現生人類が20万年前にアフリカで誕生したときには、ネアンデルタール人はすでにヨーロッパや西アジアに住んでいて、現生人類の一部がアフリカから西アジアに移住した時にネアンデルタール人との交配があったという。一方、アフリカにとどまった現生人類はネアンデルタール人と出会わなかったので交配しなかったという。

ゲノムを決定するための塩基配列決定法では、まず「ダイデオキシ法」を解説している。DNA鎖の端に結合すると、次のヌクレオチドが結合できないダイデオキシヌクレオチドを使う方法だ。

ネアンデルタール人のゲノムは、化石から取り出したDNAを分析して決定した。化石として残ったのは骨である。そして骨はもともと大部分が鉱物である。細胞はごくわずかしか含まれていないが、そこからDNAを取り出す研究は日本人研究者が世界で初めて成功したという。

彼らが調べたのは縄文人のDNAで、研究の結果、縄文人は大陸極東部なみならず東南アジアやユーラシア大陸東北部など広範囲からの人類の流入と混血が確かめられた。さらに北海道の一部には、縄文人とも現アイヌとも異なる別種の縄文人がいたこともわかった。

1980年代に、DNAを簡単に数千万倍に増幅できる技術が開発され、分子生物学界に革命が起こった。PCR(ポリメラーゼ・チェイン・リアクション法)の発明である。プライマーと呼ぶ増幅したい部分のすぐ隣に結合する20塩基程度の塩基配列を用意し、DNAを100度まで加熱して2本の鎖の水素結合を切って1本鎖にする。次に50度まで温度を下げると、元の鎖ではなくプライマーと結合する。さらに72度まで温度を上げるとプライマーが長いDNAを鋳型として伸長する。このステップを30回繰り返すと、DNAは数千万倍まで増幅できるという。ここでDNA合成酵素として好熱菌から取られた耐熱性DNA合成酵素が使われる。

海底の熱水鉱床や温泉の源泉などから好熱菌が発見され、過酷な環境にも暮らす細菌がいるものだと思っていたが、PCRには欠かせないDNA合成酵素として使われているのだ。


関連記事
スポンサーサイト

豚カツ定食@みのや(駒込)

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


ワンコインのとんかつ定食を提供している豊島区駒込の「みのや」へ。

以前訪れた、東十条駅近くで同じくワンコインのとんかつ定食を提供している「みのや」は、こちらの店の兄弟がやっているらしい。

JR駒込駅を出て、目の前の本郷通りを渡って右に400メートルほど進むと、霜降橋交差点のすぐ左手前の持ち帰り寿司店と花屋の間に、人混みでごった返している狭い路地がある。「しもふり」と書かれた大きな門をくぐると、小さな食品店や洋品店が並ぶ「霜降銀座商店街」だ。そのまま道なりに200メートルほど歩くと、「染井銀座商店街」に変わるけどそのまま300メートルほど歩いて、たばこ店と靴屋の間の路地へ左折して60メートルほど進むと左手に店はある。

最寄り駅は東京メトロ南北線西ヶ原駅らしいけど、住宅街の路地を何度も曲がる順路で、まず間違いなく迷うので、土地勘のない人はこの行き方が最適です。

「染井銀座商店街」をそのまま歩くと、徐々に店舗数が減っていきながらも「西ヶ原商店街」「ふれあい通り商店街」と名前を変えながら、商店街は延々と続いていく。それにしても、駅前でも寺社仏閣の参道でもない、こんな場所になぜ商店街があるのが不思議だ。

これらの商店街は、元々は谷田川という川を暗渠化した後に、徐々に店が集まり、昭和31年にそれぞれ商店街になったものらしい。河原は、寺社や橋のたもとのような個人所有ではない境界領域だからこそ「市庭」ができた、とする網野善彦の中世経済論そのままの生成過程に適合する話だ。

みのや(駒込)

店内はカウンター7席、4人がけテーブル2卓の15席と狭い。14時過ぎだったためか先客は、食事を終えてタバコをくゆらしている50代のオヤジが1人だけだった。

メニュー@みのや(駒込)

東十条の「みのや」と同様に、この店も驚くほどの安さだ。ハンバーグ定食は470円と驚異の低価格。

水を運んできた60代の店主に、「豚カツ定食(500円)」を注文すると、冷蔵庫から赤身の肉を取り出して調理を始めた。

10分ほどで料理が供された。

豚カツ定食@みのや(駒込)

かつは長さ18センチ幅8センチ厚さ1センチほどで厚い衣をまとっている。

豚カツ定食アップ@みのや(駒込)

肉は赤身だ。別に「ロースかつ定食(700円)」があるので、こちらはロース肉ではなくモモ肉か肩肉なのだろう。

しっかりと揚げられた衣はバリバリと固いけど、しっかりした下味を付けられた肉は柔らかくてジューシーだった。

白菜と細切れ肉がたっぷり入った豚汁は丼で、ご飯はお皿に盛ってある。千切りキャベツが少ないのは寂しいけど、ワンコインだもの贅沢は言えない。

寡黙だとか無口と評判のオヤジだけど、料理を作り終えて暇になると、空いているテーブル席に腰掛けていろんな話を聞かせてくれた。

若い頃に故郷の岐阜県郡上郡の駅伝大会に出たこと、この店の近くにあった東京外語大学が10年前に移転したために学生客がいなくなりお客がめっきり少なくなったこと、豊島区では飲食店だけでなくクリーニング店の従業員も保健所の健康診断を受けなければならないこと、高血圧ではないのに医者が処方した薬の中に降圧剤が入っていて体調を崩したことなどなど、お話はいつまでも終わらなかった

オヤジに気に入られたのだろか?

食後は本郷通りに戻って「都立旧古河庭園」へ。

旧古河庭園01

大正末期に造られた洋館は、J・コンドル設計で回遊式日本庭園は京都の庭師の作。元々は、陸奥宗光邸だったけど次男が財閥の古河家に養子に出された時にいっしょに譲り渡されたという。敷地は200メートル四方ほどで、傾斜地を活かして最上段に石造洋館、その下にバラ園、さらに下に池を中心に滝や巨大な石灯籠が配され、見所がたくさんあって飽きさせない。

バラ-旧古河庭園

「秋のローズフェスティバル」を10月28日まで開催中。洋館のすぐ下にあるコンドル設計のバラ園では、数十種類のバラが香り立っていた。


◆希望支払金額:700円(ワンコインだけどボリュームたっぷりのかつ)
◆費用対効果度:140%(700円/500円)

みのや
東京都豊島区駒込7-16-8


Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

『その未来はどうなの?』橋本治(集英社新書 0654C)

その未来はどうなの?



『その未来はどうなの?』橋本治(集英社新書 0654C)

「あとがき」によれば橋本治は、「完治しない病気」の闘病中だという。さらに、いつもの病気を併発し「やたらと疲れて、しかも集中力が続かずすぐに眠くなって、しかも脚が痛くて歩行がままならない」という状態らしい。

本書は、病床にある橋本が「俺はなんにも分からないけど、なにが分からないんだろう?」と自問した思考のプロセスを明らかにしたものである。もちろん、「分からない」といっても、『「分からない」という方法』で既成の理論が現代には適用できなくなったと書いた橋本だから、問題の「分からなさ」について詳しく述べている。

【目次】

まえがき 自分の未来はどうなの?
第1章 テレビの未来はどうなの?
第2章 ドラマの未来はどうなの?
第3章 出版の未来はどうなの?
第4章 シャッター商店街と結婚の未来はどうなの?
第5章 男の未来と女の未来はどうなの?
第6章 歴史の未来はどうなの?
第7章 TPP後の未来はどうなの?
第8章 経済の未来はどうなの?
第9章 民主主義の未来はどうなの?


「その未来」の「その」は、「チャチで下らないもの」であるテレビや「人間が生きて行くために指針となった物語」であるドラマ、中央集権的で偉そうな出版業界、商店街の衰退、菅首相が「開国だ」と見栄を切ったTPP問題、国民全員が「王様」となる民主主義と多岐にわたる。それぞれのテーマの「未来はどうなの?」と自問し「分からない」と答えてから、なにが分からないのかを腑分けしていく。

出色なのは「女の未来」である。七輪をインターネットで購入した「小太りの女」の周辺で男性が次々に不審死した事件について書いている。容疑者は一切を否認しているが、彼女の周辺では6名を超える男性が死亡し、6件以上の結婚詐欺・詐欺未遂を働いたとされ、1審では死刑判決となったあの事件である。

橋本は、この事件を振り出しに男女同権の実現による女性の立場の変化と美人論に踏み込んでいる。容疑者が美女だったら、美貌を餌に男を毒牙にかけたと分かりやすい展開だが、この事件が耳目を集めることになったのは「小太りの女」がそう書くしかないような普通の容貌だったことだ。「結婚を餌に男を毒牙にかける」という美女の特権が、「小太りの女」によって普通の女にも可能になってしまった。

女性にとって美人であることが「権利」となり、「私が美人であっちゃいけないの?」という問いの前に男は黙るしかなかった。権利に目覚めた女は、次々に「美人」になり、「小太りの女」のような凶悪な犯罪をいとも簡単に実行するようになったというのだ。

TPPや経済などのテーマでは、あえて回りくどい書き方をして読者をイライラさせるような手練手管を用いていて読みにくい部分もあるが、本書は「なにが分からない」のかを既成の理論を使わずに橋本が自身の頭で考え、わかりやすく解説している。本当に頭の良い人なのだろう。


関連記事

特製ロースかつ定食@かつ城

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


新大久保にある「かつ城」へ。

この店は、黒柴ザックスさんにコメントで教えていただいた。

JR新大久保駅の改札口を出て、目の前の大久保通りを渡り左に20メートルほど歩いて路地に入る。アジア食品スーパーや食堂、日本語学校など、外国人をたくさん見かける道を250メートルほど歩いた右側に店はある。

かつ城

13時過ぎだったためか、カウンター6席、2人がけテーブル3卓の店内に先客はカップル1組みと男性客2人だけだった。

60代の男性ホール係に空いているテーブル席を示されて座った。

ランチメニュー@かつ城

ランチメニューは、日本語・ハングル・簡体字・繁体字・英語と5カ国語表記。さすがに外国人が多い地域の店だ。

単品メニュー@かつ城

単品メニューは日本語だけ。

それはそうと、組み合わせ定食のメニューが物凄いことになっている。

盛り合わせメニュー@かつ城

ここまでくると、偏執狂的でなんだか危険な匂いもする。

定食メニュー@かつ城

定食メニューから分厚いと評判の「特製ロースかつ定食(1800円)」を注文した。

厨房が見えないけど、60代くらいのコック服を着た店主が調理していた。

15分ほどで料理が供された。

特選ロースかつ定食(1800円)全体@かつ城

分厚いけどちょっと小ぶりのかつが、竹の簀子に載っていた。揚げ油やキャベツの水分でかつの衣がふやけないようにしている心遣いが嬉しい。

特選ロースかつ定食(1800円)@かつ城

長さ18センチ幅10センチ厚さ2センチほどのかつは、しっとりと肉汁を含んでいる。何もつけずに食べると、かすかに獣臭い。卓上にたくさん置いてあった小袋入りの辛子をつけると、獣臭は一気に消えた。なるほどね。とんかつに辛子をつけるのは、肉の臭いを消すためだということを再確認した。スパイシーなとんかつソースも臭いを消すためなんだね。

噛み応えがあって肉汁を含んだかつはもちろん美味しい。

ご飯は普通、薄味の豚汁はさっぱりしていて美味しい。小鉢のホウレン草のおひたしも美味しかった。


◆希望支払金額:1800円(肉汁しっとりで噛み応えのあるかつ)
◆費用対効果度:100%(1800円/1800円)

かつ城
東京都新宿区百人町2-5-5


Googleマップの大きな地図で見る
関連記事

『古事記誕生―「日本像」の源流を探る』工藤隆(中公新書 2157)

古事記誕生


『古事記誕生―「日本像」の源流を探る工藤隆(中公新書 2157)


2012年は『古事記』が書かれて1300年にあたるとされる。「序」に、和銅五年(712年)と書かれているからだ。しかし、「序」が序文ではなく上表文の体裁であることや、『続日本記』等の史料に『古事記』に関する記載がないことなどから、「序」とともに『古事記』の真偽を疑う偽書説が後を絶たない。

著者は、『古事記』の“点としての誕生”と同時に歴史の中での“線としての誕生”が重要であるという。『古事記』には、万世一系の皇統思想だけでなく、日本列島に住みついた人々の1万年を越える歴史が刻まれているからだ。

そこで本書では、文献学的な手法で解析すると共に、中国やタイの少数民族に残る神話を解析の手がかりとして『古事記』の成立の謎に迫っている。

【目次】

第1章 点としての誕生
     ―和銅五年(七一二)一月二十八日
第2章 線としての誕生
     ―無文字・ムラ段階から文字・国家段階へ
第3章 祭式が語る誕生
第4章 考古学が語る誕生
第5章 少数民族神話が語る誕生
終章 新しい日本像をもとめて


8世紀初頭の中央集権国家が形成されたころに、なぜか2種類の歴史書が制作されている(712年の『古事記』、720年の『日本書紀』)。『日本書紀』は全文が漢文で書かれており、外向きの歴史書として編纂された可能性があるが、『古事記』は音訓を利用した大和言葉も使われており、内向きに書かれている。

『古事記』の最古の写本は、成立から約660年後の真福寺本であり、『日本書紀』のように宮廷で講読会が行われることもなく忘れられた存在だった。

著者の『古事記の起源-新しい古代像をもとめて』(中公新書 1874)では、中国の長江流域少数民族(四川省イ族や雲南省大理のペー〈白〉族)に残る口誦神話へのフィールドワークによって『古事記』の“原型”を再現する試みだった。本書でも、アメノイワヤト神話の類型を長江少数民族の神話に「話型」と「話素」という神話の構造と構成要素の類似性の点から考察している。

また本書では、少数民族の神話の分析から「神話の現場の八段階」というモデルを提唱している。

〈第一段階〉もっとも原型的、ムラの祭式と密着した歌う神話
〈第二段階〉祭式とは別の場で作為的に歌われた神話
〈第三段階〉語り口調で語る神話
〈第四段階〉散文体で説明し、話す神話
〈第五段階〉複数のムラの神話が合流した神話
〈第六段階〉聞き書きや文字資料を取捨選択して再構成した神話
〈第七段階〉国家意志と個人意志で貫かれた文字神話である『古事記』の誕生
〈第八段階〉国家によって権威づけられた文字神話から派生した変形系の神話

第一段階から第四段階までは同時代的に各地で歌われ語られる神話であり、第五段階からクニの神話として形成されていくとしている。

日本における本格的な農業といえば、遺跡が残っている水稲稲作を思い浮かべるが、実はそれよりずっと古くから焼き畑農業が行われていたのではないかと言われる。しかし、焼き畑は痕跡が残らないために考古学的に証明することはできない。

『古事記』にもヤマト朝廷以前の痕跡が残っているはずだが、神話の類型を探し求めても焼き畑の跡地のように雑木林の戻っているかのようだ。


関連記事

ソースカツ丼@とんかつ美よし

【地域別】とんかつ店リスト

【とんかつランキング】


ソースカツ丼が美味しいという経堂の「とんかつ美よし」へ。

小田急線経堂駅の南口を出て、農大通りの商店街を300メートルほど歩く。商店街を抜け、経堂駅前交差点を渡って正面の路地に入る。いきなり住宅街になるのでちょっと不安になるけど、右手にカーブする路地を50メートルあるくと、電柱に手書きで「農大左折」と書かれているので、左の細い路地に入る。邸宅が並ぶ住宅街になり、はるか突き当りには東京農大らしき建物が見え、その彼方から野球部員らしい掛け声が微かに響いてくる。300メートルほど歩いた左側に店はある。経堂駅からは徒歩10分ほどだけど、住宅街の真ん中にあってちょっとわかりにくいのでよく調べてから行ってください。

とんかつ美よし

この店は11:30から21:30までの通し営業なので、昼時を外して午後3時前に入店すると、店主がカウンターで手持ち無沙汰にテレビを観ていた。

メニュー@とんかつ美よし

メンチカツ定食やアジフライ定食は500円と、農大の学生向けのとてもリーズナブルな価格設定になっている。2階は自宅になっていて、ご夫婦だけで営業しているらしい。

とんかつ定食550円も気になったけど「ソースカツ丼(550円)」を注文すると、店主は冷蔵庫からヒレ肉を取り出し、筋切りをした後でトントンと叩き、衣をつけてフライヤーに投入した。えっ、550円のかつ丼なのにヒレ肉なの?

しばらくすると、街歩きらしいウエストポーチとデイパック姿の50代親父が2人、近所の常連らしい60代の親父が入ってきた。

常連がロースかつ定食(800円)を注文すると、店主は冷蔵庫から長さ40センチほどのブロック肉を取り出し、厚さ2センチ以上を切り出して掃除と筋切りを始めた。800円なのに2センチ以上! 1,000円の特製ロースかつ定食は、厚さ何センチになるのだろう? 次はロースかつか特製ロースかつにしよう。

しばらくすると、丼にご飯を盛り、千切りキャベツを載せて特製とんかつソースをかけ、直径12~13センチのヒレかつを載せてさらにソースがかけられた。

10分ほどでカウンター越しに料理が供された。

ソースカツ丼550円@とんかつ美よし


丼を覆うサイズのかつが美味しそうだ。

ソースカツ丼部分@とんかつ美よし

とても柔らかいヒレかつは厚さ1センチ以上はある。安い豚肉特有の獣臭はなく、軽く噛んだだけで肉がほぐれるほど柔らかくて美味しい。市販のとんかつソースよりも甘めのソースがマッチしていた。

固めに炊かれたご飯も美味しかった。漬物はキャベツにみじん切りに既成品の紫蘇の実を合わせたものだろうか。味噌汁の具はワカメ。

これで550円は驚くべきコストパフォーマンスだ。

次は、特製ロースかつ定食(1000円)を食べよう。


◆希望支払金額:750円(550円はありえない立派なヒレカツ丼)
◆費用対効果度:136%(750円/550円)

とんかつ美よし
東京都世田谷区桜丘1-9-15


Googleマップの大きな地図で見る

関連記事

『日本書紀の虚構と史実』遠山美都男(歴史新書y 030)

日本書紀の虚構と史実



『日本書紀の虚構と史実』
遠山美都男(歴史新書y 030)


著者は、『蘇我氏四代の冤罪を晴らす』では「蘇我氏は王位簒奪を狙ったために滅ぼされた」と『日本書紀』に記述されたことの虚構性を暴いている。

本書は、蘇我氏関連記事も含めた『日本書紀』の虚構性について『歴史群像』や『歴史読本』などに断続的に執筆した記事をまとめたものである。

【目次】

【序章】『日本書紀』の虚構性を暴く
  『日本書紀』とは何か?
  『日本書紀』編纂の真の目的とは?
【第一章】聖徳太子の虚構性を暴く
  1 推古天皇と皇位継承問題
  2 聖徳太子が遣隋使を派遣した真のねらい
【第二章】蘇我氏と大化改新の虚構性を暴く
  1 蘇我氏四代をめぐる三つの謎
  2 中大兄皇子と大化改新の黒幕
  3 大化の改新の虚像と実像
  4 三つの謀反事件―その真相とは?
【第三章】壬申の乱の虚構性を暴く
  1 天武の皇位継承資格を疑う
  2 壬申の乱の虚像と実像
  3 『古事記』誕生までの100年物語
【第四章】奈良時代の皇位継承を貫くもの
  1 天智と天武―女帝誕生をめぐる一系の皇統
  2 聖武天皇と「鎮魂国家」
  3 孝謙・称徳天皇と「天皇道鏡」
  4 光仁天皇と「国体護持」
  5 「藤原氏謀略史観」を問う


『日本書紀』は、紀・志・列の3部構成になっている中国の史書と同様に、『日本書』の「紀(本紀)」であり、「志」は『風土記』になり、「列」は元々書かれなかったか、伝わっていないという。漢文で書かれ、中国と同じ形式を取ったのは、もちろん唐に提出するためだったはずだ。

『日本書紀』編纂の狙いは、編纂を命じた天武天皇(大海人皇子)には、天智天皇の皇位継承者である大友皇子から天皇という地位を奪ったことを正当化する必要があったからだという。当時は、天皇(大王)の長兄の第一子にのみが皇位継承者であり、大海人皇子には皇位継承権はなかった。『日本書紀』30巻のうち、多くは1天皇に1巻が充てられているが、28巻と29巻の2巻は天武天皇に充てられ、28巻は「壬申紀」として1巻丸ごとが壬申の乱の記述に充てられている。そこでは天智が興した王朝を奸臣たちが衰えさせ、大友皇子が不幸にも彼らに担がれてしまったので戦う羽目になった、と苦しい弁解をしているのだ。

また、天智(中大兄皇子)を乙巳の変で蘇我氏を滅亡させ、大化の改新を実行した中心人物として書かれているが、この点についても虚構であるとしている。乙巳の変の当時に中大兄はまだ20歳であり、蘇我氏と近かったために資格の1人として軽皇子(孝徳天皇)を次期天皇に推す勢力に利用されたに過ぎない、としている。

国家が事業として史書を編纂する以上は、その時の政治状況によってバイアスがかかるのは当然のことだろう。渡邉義浩によれば、「魏志倭人伝」は、筆者の思惑で蜀に有利なように書かれたという(『魏志倭人伝の謎を解く―三国志から見る邪馬台国』)。『日本書紀』も、編纂を命じた天武の思惑通りに書かれたと見るのは当然なのだ。



関連記事

ミックスカレー@かえる食堂

インド風のカレーが美味しいと評判の池袋にある「かえる食堂」へ。

JR池袋駅の地下道を西口方面に歩いて、東武ホープセンターを抜けて「エチカ池袋」方面に向かう。地下道をどんどん歩いて「エチカ池袋」を抜け、突き当り手前にある右の階段を登ってC1出口から地上に出る。そのまま道なりに350メートルほど西に歩き、出版社「光文社」のビルの手前の路地を右折し、100メートル先の左側に店はある。

かえる食堂

店頭に写真付きメニューがあった。

メニュー@かえる食堂

チキンカレー・野菜カレー・みどりのカレー・キーマカレー・海南チキンライスが750円。ミックスカレーが800円。

カウンター7席だけの店では、30代の男女が働いていた。

「ミックスカレー(800円)」「辛め」で注文すると、直径30センチほどの寸胴鍋からレモンイエロー色のカレーベースを小鍋に取り分け、冷蔵庫からチキンや野菜を出して加え、香辛料を足して温め直し始めた。店主の所作が美しくて仕事が丁寧だなあ。

ご飯を盛ったお皿に取り分け、最後にガラムマサラをかけて、6~7分ほどで料理が供された。

ミックスカレー800円@かえる食堂

トロトロに煮こまれた鶏手羽元とジャガイモやニンジン・ナスがゴロゴロ入っていて、茹でたゴーヤが載っていた。

あまり辛くはないけど、さまざまなスパイスの香りが立っていて評判通りにとても美味しい。やはり、レモンイエロー色のベースがしっかり作られているからだろう。

ちょっと不便な場所にあるけど、次はキーマカレーや海南チキンライスも食べてみたい。


◆希望支払金額:800円(あくまでインド風だけど、とても美味しい)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

かえる食堂
東京都豊島区池袋3-6-1


Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。