TOP > スポンサー広告 > とんかつランチ@たつみ亭TOP > とんかつ定食 > とんかつランチ@たつみ亭

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんかつランチ@たつみ亭

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


JR荻窪駅北口を出て左に向かい、荻窪ルミネを左手に見ながら、駐輪場を突っ切って「荻窪白山通り商店街」を線路に沿って進む。250mほどで右手に商店街の名前のもとになった白山神社が見えてくる。

白山神社の境内に、なぜか薄汚れた大きなぬいぐるみが置いてあった。

荻窪白山神社

なんだろうと思って近づくと、巨大なぬいぐるみの石像だった。猫の石像ではなくて、猫のぬいぐるみの石像で、軽く押したけどビクともしないので100キロ以上はありそうだった。

なぜ猫なのか。インターネットで調べてみると、なんでも荻窪白山神社の社務所の屋根には十二支像がいて、境内にはネズミに騙されてその十二支を決める日に寝ていた猫の石像が2匹置かれているということらしい。知らなかったので屋根は見なかったなあ。でも、猫ではなく猫のぬいぐるみの石像の説明にはなっていませんね。

白山神社の鳥居の向かい側にある「たつみ亭」へ。

たつみ亭201101

店頭に「厳選国内産(ハイピュア)のみ使用」と書かれていた。これはハイピュアSPFポークという特別の飼料で飼育されたブランド豚肉のことを意味しているらしい。分かりにくいなあ。SPF(Specific Pathogen Free)という言葉は、豚肉にくっついて「SPF豚」としてよく知られるようになったのだから、「厳選した国内産SPF豚のみを使用しています」とでもすれば良いのに。

先客は、中年のカップルが2組、常連の60代男性の5人。入口横のテーブル席に座って、「とんかつランチ(950円)」を注文した。この店は「ひれかつ」が美味しいらしいけど、メニューを見たらなぜかロースを食べてくなったのだった。

卓上には、「醤油差し」と「ソース」、「とんかつ」と書かれた容器があった。「ソース」はウースターソース、「とんかつ」はとんかつソースのことだろうけど、塩の容器はなかった。

厨房では70代らしき親父が働いていて、ホール係は息子と思われる40~50代の太った男性。

6~7分で、先客の中年カップルと同時に料理が出てきた。

ロースとんかつランチ950円@たつみ亭

周りのお客がとんかつにソースを直接かけるのではなく、ソースを小皿に入れていたので、真似して「とんかつ」ソースを小皿に入れた。

とんかつは、柔らかくて文句なく美味しい。2センチほどの厚さの肉の断面を見ると、太い針をブスリブスリと刺した穴がある。この店の肉の柔らかさは、剣山のような針を肉に刺す専用の道具を使っているためらしい。

柔らかく揚がっていたけど、残念ながらジューシーさには欠けていた。

次は「ひれかつ」を食べよう。

◆希望支払金額:950円(ちょっとだけ揚げ過ぎ)
◆費用対効果度:100%(950円/950円)

たつみ亭
東京都杉並区上荻1-10-4


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1004-76c76df9

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。