TOP > スポンサー広告 > ロースかつ定食+カキフライ1個@おさむTOP > とんかつ定食 > ロースかつ定食+カキフライ1個@おさむ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロースかつ定食+カキフライ1個@おさむ

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


安くておいしいとんかつを食べさせると評判の豊島区南長崎にある「おさむ」へ。一番近い最寄り駅は都営地下鉄大江戸線落合南長崎駅らしいけど、西武池袋線椎名町駅から歩く。駅から住宅街を通れば近道だけど、迷いそうなので山手通りに出て南長崎一丁目の交差点を右折して目白通りを歩く。

150メートルほど先の「あんぱちや」という変わった店名の化粧品店を右折すると、壁に「おさむ」の案内板があった。

案内板@おさむ

路地を北に60~70メートルほど進み、さらに右折すると、住宅街に不似合いの行列があった。

おさむ201101

この店は11:30~13:30のランチ2時間しか営業していていない。午後1時なのに8人も並んでいた。

寒さを堪えながら待っていると、15分ほどで店内から女将が出てきて注文を取り出した。「ロースかつ定食100g(800円)+かきフライ1個(250円)」を注文。

この店は1階が店舗、2階が住宅の店舗併用住宅で、手書きの表札には「福家修」とあったから店主の名前を店舗名にしたらしい。

肉屋の軽自動車がやってきて、40センチかける60センチほどの豚ロース肉ブロックと20センチかける50センチほどの豚ヒレ肉ブロックを店内に運び込んでいた。帰り際に「次は火曜日ということで」と話していた。この店は日曜定休だから、2営業日分の材料ということだろうか。

さらに5分ほど待ってようやく店内に入ると、カンター席8に、小上がりには4人がけテーブル2つで16席の小さな店だった。

カウンター内の厨房では、50代の店主がフライヤーで揚げ物をしている。女将がホール係で、さらに奥の厨房では中年女性が洗い物をしていた。

さらに6~7分待って店主が料理を手渡してくれた。

ローストンカツ定食800円+かきフライ250円@おさむ

ロースかつの100gを注文したけど、150gほどはありそうに見える。肉の厚さは、1.3~1.5センチほどはある。程良く熟成の進んだ肉で、特に赤身と脂身の境目の筋が柔らかくほぐれていて旨みが強い。

あとから入店してきた常連客が「まだかきフライある?」「おお、ラッキー」と話していたけど、かきフライは、小柄な女性の握りこぶしくらいの大きさで、中には大粒の牡蠣が3個入っていた。だから、1個250円というのは決して高くない。

豚汁は、野菜の甘味がよく出ていて、豚臭くなくて美味しい。


◆希望支払金額:1500円(こんなに不便な場所でなければ2000円でも行列店だろう)
◆費用対効果度:143%(1500円/1050円)

おさむ
東京都豊島区南長崎1-3-11


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1011-65105b8c

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。