TOP > スポンサー広告 > かき天せいろ@分上野薮 かねこTOP > 蕎麦 > かき天せいろ@分上野薮 かねこ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かき天せいろ@分上野薮 かねこ

埼玉県さいたま市浦和区にある薮系の蕎麦屋「分上野薮 かねこ」へ。

地図で見ると住宅街にあって見つけにくそうだったけど、実は簡単だった。

JR浦和駅西口を出て、北西に徒歩6~7分のところにある浦和センチュリーシティを目指す。店は、浦和センチュリーシティの建物の北側を通っている市役所通りを西に300メートルほど行って北側の路地の先にある。50メートルほど先に市役所通りに面して「そば処やぶ」という同じ薮系の蕎麦屋があるので少し紛らわしい。「かねこ」は市役所通りに面していない。

分上野藪 かねこ

一般住宅のような狭くて長いエントランスを通って店内に入ると、カウンター席4、テーブル席10の小さな店だった。

季節のメニューだという「かき天せいろ(1600円)」「大盛り(250円)」で注文。

5分ほどで天ぷらを揚げるジュージューという音が聞こえ出し、7~8分で料理が登場。

かき天せいろ大盛1850円@分上野薮 かねこ

細めの蕎麦はしっかりとした歯ごたえで、蕎麦の香りが強い。つけ汁は、まず醤油と味醂の芳香が鼻に抜け、あとから鰹出汁のしっかりとした旨みが感じられた。

天ぷらは、牡蠣のほかシシトウ・ナス・カボチャ。ごく薄い衣で上品に揚がっている。岩手産だという牡蠣は4個。鮮度が心配だったが、案の定、3個は磯臭く、最後に金属臭が舌に残った。添えられた柚子の皮が救いになった。

蕎麦が美味しいのに惜しいなあ。

そば湯はピューターのような色合いの大きな急須で供された。銅にメッキしたものだろうか。


◆希望支払い金額:1500円(蕎麦は100点だけど、かき天は50点)
◆費用対効果度:81%(1500円/1850円)

分上野薮 かねこ
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-9-11



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1025-a5167e6c

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。