TOP > スポンサー広告 > 石焼きカルビ@天丹TOP > 韓国料理 > 石焼きカルビ@天丹

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石焼きカルビ@天丹

JR秋葉原から徒歩7~8分ほどの昌平橋通り沿いに「四川火鍋 天丹」という店がある。本店は銀座にあるらしく、看板に麗々しく「GINZA」と書かれている。
ランチライムは、なぜか四川料理ではなくビビンバ専門店になる。中国人ではなく、韓国人が経営する店なのだろう。火鍋にしろビビンバにしろ下準備をしておけば料理人がいなくても提供できる料理だから、ランチタイムはビビンバを出すことになったのだろうか。

080821天丹

ランチメニューは、石焼き(ビビンバ)とビビンバのみ。

080821天丹メニュー

石焼きビビンバは16種類(石焼きハムなんて料理もあるが、もちろんこれは「ハム入り石焼きビビンバ」のことだろう)、ビビンバは15種類もある。
メニューの1番目の「石焼きカルビ(880円)」を注文。これも、石焼きのカルビではなく、「カルビ入り石焼きビビンバ」のはず。

080821石焼きカルビ880円@天丹

普通の三色ナムルではなく、モヤシと細切りのカクテキ、ほうれん草の上に、炒めたカルビが載っている。写真右下の隅に写っているのは、セロリのキムチ。白い小皿には、テーブルの壺からキャベツとニンジンの甘酢漬けを取って食べる。スープは牛骨だろうか。ほんのわずかしかなかったが、セロリのキムチはかなり青臭くて、ときどきつまんで食べるとビビンバの味に飽きかけたときのアクセントになった。

高級感を出そうとしているのだろうか、壁の各所に南画風の絵が掛かっている。しかし、あまりにもレベルの低い漫画だ。あるいは南画風イラストだ。底が浅いなあ。


天丹 秋葉原店
東京都千代田区外神田2-5-12 タカラビル

地図googlemap

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/103-61c0296d

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。