TOP > スポンサー広告 > 炎のつけめん@ラーメン 凪 炎のつけめんTOP > つけ麺 > 炎のつけめん@ラーメン 凪 炎のつけめん

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のつけめん@ラーメン 凪 炎のつけめん

西新宿の「ラーメン 凪 炎のつけめん」へ。

JR新宿駅西口から青梅街道の右側を高円寺方面に向かう。住友不動産西新宿ビルの巨大なビルの手前で路地に右折し、さらに100メートルほど行くと右側に「特級中華そば 凪 西新宿店」があって、その2階が「ラーメン 凪 炎のつけめん」

ラーメン 凪 炎のつけめん

木製のドアを開けて、梯子のように急な階段を登ると、カウンター席6、大きなテーブル席のあるちょっとおしゃれなバー風の店内へ。以前は、「凪」の2階にある「naginicai(凪ニカイ)」という店名の居酒屋だったけど、つけ麺主体の店に業態変化したらしい。

メニュー@ラーメン 凪 炎のつけめん

奥のカウンター席に座って店名と同じ「炎つけめん(850円)」「中盛」で注文すると、「辛さは1辛から5辛までありますがどうされますか?」と尋ねられた。「1辛で」とお願いすると、「辛くなかったら、途中で2辛、3辛と辛さを上げられますからおっしゃってください」と丁寧に答えてくれた。さらに「麺は普通の冷盛りでよろしいでしょうか?」と尋ねられたので「熱盛りもできるの?」と聞き返した。「熱盛りにされますか?」「お願いします」「かしこまりました」

ラーメン屋なのに今時珍しく美しい日本語を話す青年だ。店内を店員の怒号が飛び交ってうるさいあほあほラーメン屋の経営者は、こういう店を見習うように。

食べ終えてお金を払うお客には「850円頂戴します」「階段が滑りますからご注意ください」ととても丁寧な接客に好感が持てる。

しばらくして、つけ汁を入れる小丼に具材を入れ、スープで温めだした。麺を上げた時には、茹で汁で何度も丼を温めていた。丁寧な調理に期待が高まる。

6~7分で料理が登場。

炎のつけめん850円@ラーメン 凪 炎のつけめん

モチモチの太麺には、麻婆豆腐ソースがまぶしてある。このソースは、挽肉は小豆大だけど、豆腐はゴマ粒くらいに細かくなっていて、唐辛子と花椒(花山椒)がたくさん入っている。塩気もわずかにあるので、麺だけで食べても美味しい。

「一反も麺」と呼ぶ幅2.5センチ長さ20センチほどのラビオリ状の麺が載っている。そういけば、ゴールデン街の「」で食べたときには、この「一反も麺」の存在意義がわからなかったけど、つけ麺にすると歯応えがシコシコして美味しい。

つけ汁は、鰹や昆布の香りが強い醤油ダレ。具材は、1.5センチ角長さ5センチほどのチャーシューが5本と1センチ角長さ5センチのメンマが1本に刻みネギ。程良い柔らかさのチャーシューが美味しい。

麺をつけ汁に浸しても、麻婆豆腐ソースは麺にからんだままだった。

これはつけ麺とは違う、全く新しい料理だろう。美味しい料理だけど、つけ麺好きの100人が食べたら、50人くらいは「これはつけ麺ではない」というかもしれない。「炎のつけめん」という新ジャンルの料理だ。あえて言えば、スパゲティのミートソースをつけ麺にしたような料理。花椒の香りと辛さが鮮やかな印象の残る料理だった。

カウンターにテキーラ酢なるものがあって、メニューに「大地のような香りのお酢」と書かれていた。舐めてみると、酸味は弱く熟し過ぎたブドウのような香りがした。テキーラ酢やコショウ、唐辛子粉といった調味料で味に変化をつけながら食べられるのが嬉しい。

中盛りだったけど、あっさり食べ終えたので「スープ割り」をお願いすると、「ネギを入れても大丈夫ですか」という答え。この店では、ラストのスープ割りに刻みネギを入れてくれるのだった。「濃すぎたらスープを足しますからおっしゃってください」とこれも丁寧で親切な応対だった。

「凪」グループは、スタッフの教育が行き届いているということだろうか。いやいや、そうではないだろう。かつて、新宿ゴールデン街にある「ラーメン凪 新宿店」で、券売機で1万円札が使えないので両替をお願いしたところ「忙しいから」と断られ、信じられない思いで店を出たことがあるから。

この青年がちゃんとしている、ということなのだろう。


◆希望支払金額:1000円(とても丁寧で親切な接客で好感度アップ)
◆費用対効果度:117.6%(1000円/850円)

ラーメン 凪 炎のつけめん

東京都新宿区西新宿7-13-7 2F



関連記事

コメント

凪は一度訪問してみたいお店なんです

こんばんは(^◇^)

とはいえ、ゴールデン街のお店しか知らなかったので、ここまで接客が気持ちいいお店なら西新宿店に行く方が価値がありそうですね。

あつ盛りにしても、一反もめんの風味が感じられるのも気になりますし♪

『あほあほラーメン屋』・・・お腹が痛くなるくらい「ククク笑い」させて頂きました。
私も店内で、少し不慣れな店員さんをどなりつけるお店に辟易した事ありますから。

Re: 凪は一度訪問してみたいお店なんです

みるねぇさん、こんばんは。

本当にラーメン店には珍しく接客のちゃんとした青年です。
それに、とても変わっていて美味しいつけめんなのでお勧めです。

「特級中華そば 凪 西新宿店」にも行ってみようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1052-17df1dd6

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。