TOP > スポンサー広告 > 特ロースかつ@とん太TOP > とんかつ定食 > 特ロースかつ@とん太

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特ロースかつ@とん太

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


高田馬場の有名とんかつ店「とん太」へ。

JR高田馬場駅から早稲田方面に向かい、最初の大きな横道に左折して新目白通りを目指す。坂を下って神田川を渡り、突き当たりが新目白通りなので右折して100メートルほど行った「ラーメン二郎 高田馬場店」の手前にある。

行列店で有名だけど、幸運にも並ばずに入店できた。

とん太

カウンター席11、小上がりに4人がけのテーブル2卓の店内では、ポニーテールを三つ編みにした60代のご主人と、女将らしき60代の女性、洗い場担当の60代の女性の3名が働いていた。

メニュー筆頭の「特ロースかつ(2100円)」を注文すると、しばらくして煎り胡麻の入った直径10センチほどのすり鉢と上新香が運ばれ、「味噌汁は、豚汁・シジミ・ワカメから選べます」と言われたので、シジミ汁をお願いした。

とんかつにすり胡麻ととんかつソースを和えたソースを付けるのはあまり好きではない。胡麻の香りが強すぎて、とんかつの香りが負けてしまうからだ。とはいえ、小さなすり鉢で胡麻をゴリゴリ擂って、とんかつを待つ。

ソースをすり鉢に注ぐと、とんかつソースではなくウースターソースだった。さらにケチャップを加えるのがこの店の流儀らしい。

20分ほどでとんかつが登場。

特ロースカツ2100円@とん太

薄いクリーム色の衣が印象的だ。「ベトナム天日自然海塩」があったので、1切れ目は塩で食べる。ロース肉の芯に火が通る直前に油から上げて余熱で仕上げていた。フワフワさくさくの衣に、これまたフワフワのロース肉が包まれていた。こんなに柔らかな衣のとんかつは食べたことがない。

一般にとんかつやカキフライなどを食べると、口の中(特に上顎)を傷つけることが少なくないけど、この店のとんかつはそんな心配とは無縁だ。どう揚げたらこんなに軽くフワフワの衣になるのか、とても不思議だ。

上新香は、大根・カブ・白菜・ニンジン・ゴボウ・昆布の浅漬。これもまた薄塩で上品な作りだった。ご飯は美味しかったけど、味噌の香りが立っているシジミ汁は残念ながらシジミの旨みは少なかった。

軽くて上品な珍しいとんかつだった。量は多かったのに、全く胃にもたれることはなかった。


◆希望支払金額:2100円(とても上品で軽いとんかつ)
◆費用対効果度:100%(2100円/2100円)

とん太
東京都豊島区高田3-17-8


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1054-99af8752

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。