TOP > スポンサー広告 > 銀ムツ煮付け+ほうれん草のおひたし@瀧元TOP > 煮魚定食 > 銀ムツ煮付け+ほうれん草のおひたし@瀧元

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀ムツ煮付け+ほうれん草のおひたし@瀧元

このブログを読んだTOMMYさんから情報をいただいた「瀧元」へ。

職安通りと小滝橋通りが交差する北新宿百人町交差点から北に70メートルほど歩いて、大久保駅に向かう2本目の路地を入って20メートル先の左側に店はある。

瀧元

店頭に料理写真が載った看板がある。

メニュー@瀧元

「いらっしゃい!」と威勢のよい親父が迎えられて店内に入ると、店内はカウンターの9席、小上がりのテーブル2は20~50代のサラリーマンでほぼ満席だった。この店のランチは900円均一なのでサラリーマンの財布にはちょっと厳しいけど人気店らしい。

メイン料理(焼魚や鳥から揚げなど10種類以上)と付け合せ(ほうれん草やオクラのおひたしやシラスおろし、カボチャの煮物など10種類以上)をそれぞれ1品選ぶと、ごはん・味噌汁・漬物・湯豆腐はセット900円均一のシステムになっている。

親父が調理、青年Aが下働き、青年Bがホールを担当していた。焼魚や煮魚は調理済みなのですぐに供されるけど、フライ類や鳥唐揚げは少し時間がかかっているようだった。

「銀ムツ煮付け+ほうれん草(900円)」を注文すると、2~3分でまずごはん・味噌汁・漬物が供され、すぐに湯豆腐と銀ムツが登場。

実は銀ムツという魚は存在しないらしい。標準和名がマジェランアイナメという南極海の深海魚で、ムツの仲間ではなくアイナメの仲間なので2003年のJAS法改正によって銀ムツという名前は使えなくなっている。そこで市場名だったメロと呼ばれるようになったが、今でも居酒屋などでは銀ムツという名前が使われている。しかも、マジェランアイナメの漁獲量が減少し、似たような深海魚を銀ムツとして出していることもあるらしい。

銀ムツ+ほうれん草900円@瀧元

甘辛く煮つけたを予想していたけど、店頭の写真の2倍はある大きな銀ムツは薄味で煮付けてあった。でも、私にはちょっと甘い。

味噌汁はシジミ汁。でも、最初のひとすすりにシジミ以外の“旨み”を感じた。カツオ出汁だろうか、それとも出汁の素か。

だし汁に浸して供される湯豆腐は、熱々で美味しい。こちらのだし汁には化学的な味はしない。味噌汁が妙に甘いのは味噌のせいだろうか。

次から次とお客が出ていき、空いた席を埋めるように次から次とお客が入ってくる。この店は、本当に人気店なのだった。

隣のお客に向かって、親父が「ご飯足しましょうか、味噌汁も熱いところを足しますよ」と声を掛けている。この店は、ご飯・味噌汁はお代わりできるらしい。


◆希望支払金額:900円(おかずがたくさんで嬉しい)
◆費用対効果度:100%(900円/900円)

瀧元
東京都新宿区百人町1-23-7




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1059-eaaa9b8e

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。