TOP > スポンサー広告 > 鶏五目釜めし@釜めし 華 歌舞伎町TOP > 和食 > 鶏五目釜めし@釜めし 華 歌舞伎町

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏五目釜めし@釜めし 華 歌舞伎町

311東日本大震災では、東北・関東に想像を絶する甚大な被害がもたらされました。行方不明の方々が一刻も早く救出されるよう、被災者には十分な生活物資が一刻も早く届くことを望みます。放射線被曝の危険を省みず、原発事故に立ち向かっている方々には本当に感謝します。そして、命を失われた数多く方々には衷心よりお悔やみ申しあげます。


新宿区役所通りの坂を下りて、風林会館のある交差点を右折し、50メートルほど先にある「釜めし 華 歌舞伎町」へ。この店は、先日入った中華屋の「龍門」の隣にある。

釜めし華

「釜めし」の幟が以前から気になっていたけど、なかなか入る機会がなかった。

20席ほどの店内に、先客は2人連れが2組だけだった。日本語があまり上手ではない中国人(?)の50代女性が1人でオペレーションしていた。

「鶏五目釜めし(890円、ランチタイムは100円引き)」を注文し、お茶をお願いする。

20代のカップル客はすぐに出ていき、携帯電話を手に大声で話している暴力団員風というかプロレスラー風の男と真面目そうだけど、遊び人風の服装の男が残された。携帯で話している男は40代だけど、いい歳をして10代のチンピラのような言葉遣いなので、チンピラ並みの仕事しかしていないのだろう。

この店では、10個の釜めしを同時に炊ける自動釜めし炊き機を使っている。

20分ほどで料理が到着。

鶏五目釜めし790円@釜めし華

メニューの写真には三つ葉が載っているので、中国人スタッフが忘れたのだろう。熱々の鶏五目釜めしは、ちょっと芯のあるご飯だった。慌てて再び蓋をして蒸らすことにした。

5分ほど蒸らすと美味しい釜めしに変身した。中国人スタッフにもご飯は蒸らす必要があることをちゃんと教えてほしいなあ。でも、店長や経営者がこのブログを見ることはないだろうから、いつまでたってもこの店ではお客が自ら釜めし蒸らす必要があるだろう。

「ジューシーな鶏肉」とメニューには書かれていたけど、本当にジューシーで美味しかった。鶏肉以外に、ニンジン・ゴボウ・コンニャク・シイタケが炊き込んであるからちゃんと五目だし、錦糸卵と胡麻がトッピングされていた。

でも、三つ葉はなかったし、できれば海苔もトッピングしてほしい。


◆希望支払金額:790円(本来は890円だけど、ランチは100円引き)
◆費用対効果度:100%(790円/790円)

釜めし 華 歌舞伎町
東京都新宿区歌舞伎町1-2-17 第二桑原ビル101



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1067-48afecb1

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。