TOP > スポンサー広告 > 東京軍鶏 究極の親子丼@鶏Dining&Bar Goto TOP > 丼物 > 東京軍鶏 究極の親子丼@鶏Dining&Bar Goto

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京軍鶏 究極の親子丼@鶏Dining&Bar Goto

311東日本大震災で被害に合われた方々に十分な生活物資が一刻も早く届くことを望みます。放射線被曝の危険を省みず、原発事故に立ち向かっている方々には本当に感謝します。震災と津波で命を失われた数多く方々のご冥福をお祈りします。


新宿大ガードから小滝橋通りの東側(右側)舗道を300メートルほど歩く。「伝説のすた丼」の隣のビルの地下1階にある「鶏 Dining & Bar Goto」へ。

鶏Dining&Bar Goto

カウンター6席、テーブル席16席の店内は、もうもうたる煙に覆われていた。厨房の換気能力が低いらしい。

メニュー@鶏Dining&Bar Goto

カウンター席に座って、メニューの一番上にあった「東京軍鶏 究極の親子丼(950円)」を注文した。この店には「炭火地鶏の親子丼」と限定10食「究極の親子丼」があるけど、それは次回にしよう。

東京軍鶏 究極の親子丼」は、「東京軍鶏を白炭で炙り、アゴ・鯖・鰹・にぼし・どんこ・昆布の出汁で合わせ、こだわりの卵」でトロトロに仕上げたものらしい。

この店では親子丼の鶏肉を炙っているらしい。だから、店内に煙が充満していたのか。いやいや、煙が充満していたのは換気設備が貧弱だからだろう。

ホール係の女性が1名、カウンター内に2名、奥の厨房に調理人1名の5人で運営していた。

6~7分で料理が登場。

究極の親子丼950円@鶏Dining&Bar Goto

大きな丼の蓋を開けると、オレンジ色の卵の黄身が載っていた。鶏肉と合わせた卵も濃い黄色のトロトロ。

たぶん初めて食べたことになる東京軍鶏は、歯応えがかなりしっかりしていて、胸肉だろうけどパサつきは少ない。

味噌汁は普通。自家製かもしれない漬物も普通。

丼汁と味噌汁が私にはちょっと塩っぱい


◆希望支払金額:950円(“究極”と謳うほどではないだろう)
◆費用対効果度:100%(950円/950円)

鶏Dining&Bar Goto

東京都新宿区西新宿7-4-5 富士野ビルB1



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1072-25c58f87

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。