TOP > スポンサー広告 > 丸玉とんこつしぼり@満洲屋が一番 歌舞伎町店TOP > ラーメン > 丸玉とんこつしぼり@満洲屋が一番 歌舞伎町店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸玉とんこつしぼり@満洲屋が一番 歌舞伎町店

311東日本大震災で被害に合われた方々に十分な生活物資が一刻も早く届くとともに、1日も早く復興されることを願っています。放射線被曝の危険を省みず、原発事故に立ち向かっている方々には心から敬意を表します。そして、震災と津波で命を失われた数多く方々のご冥福をお祈りします。


靖国通りと旧コマ劇場を結ぶ新宿歌舞伎町一番街に、「久留米とんこつしぼりラーメン」を謳って全国展開している「満洲屋が一番 歌舞伎町店」という恥ずかしい店名のラーメン屋が2011年1月にオープンした。これまで入店しなかったのは、ランチタイムには店頭に客引きが2人もいて、いかにも流行っていないようだったからだ。

ここは、2009年夏まで「味千拉麺」があって、その後2010年7月に「炭の談笑屋 新宿店」がオープンしたけど半年持たずに閉店した縁起の悪いビルだ。

新宿歌舞伎町一番街は、100メートルほど道沿いに「光麺」や「ばんかららーめん」があり、道路を挟んで真向かいには臭くて私は入店できないけど「博多天神」があるラーメン激戦区だ。しかもテナントの出入りが激しい縁起の悪いビルにあえて出店したのは、自信があるからだろうか。それとも、誰かに騙されたのだろうか?

満洲屋が一番201103

入店しようかと店頭で悩み続けている青年2人を横目に手動の引き戸を開けて店内に入ると、20席以上はあるカウンター席にお客は1人だけだった。やっぱり流行っていないなあ。

店内の券売機で「定番」と書かれていた「丸玉とんこつしぼり(800円)」のチケットを購入し、男性スタッフに案内されたカウンター席に座る。

2人の外国人女性スタッフが発する、ぎこちなくてキャピキャピとしたとても拙い日本語が耳障りだった。耳を傾けないようとしても、変な発音と妙なイントネーションの日本語をなんとか聞き取ろうとして脳が勝手に動いてしまうからだ。

そのうち厨房の奥で大声の中国語で会話を始めた。ダメな店だなあ。

2分ほどで料理が登場。

丸玉とんこつしぼり800円@満洲屋が一番

貧相な見た目に落胆する。極細ストレート麺は博多ラーメンと同じように少量だし、トッピングは厚さ1ミリのペラペラの煮豚4枚とゆで卵、ネギだけ。モヤシやキクラゲはなかった。

これで本当に800円?

博多風龍」は替え玉2回分が無料だけど、この店は替え玉1個が150円もする。高い!

スープには背脂がたっぷり入っていた。甘みはそこから出ているのだろうけど、舌に絡みつくもう1つの甘さは化学調味料だろう。決して美味しくはないけど、不味くもない。でも、コストパフォーマンスが悪すぎる。

「丸玉とんこつしぼり」の原価は150円もしないだろう。ラーメン1杯で、いったいどれだけ儲けようというのか。


◆希望支払金額:500円(高すぎる! 博多風龍を見習いましょう)
◆費用対効果度:62.5%(500円/800円)

満洲屋が一番 歌舞伎町店
東京都新宿区歌舞伎町1-17-7 1F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1077-265d1545

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。