TOP > スポンサー広告 > カイダーオ(目玉焼き)+パット・パック・トゥア(インゲンと豚バラ肉炒め)@パーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)TOP > 海外 > カイダーオ(目玉焼き)+パット・パック・トゥア(インゲンと豚バラ肉炒め)@パーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイダーオ(目玉焼き)+パット・パック・トゥア(インゲンと豚バラ肉炒め)@パーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)

タイでは、卵焼きや目玉焼きは多めの油(200cc以上?)で揚げるように作る。家で同じように作ると油っこいけど、タイで食べるとこの作り方の方が美味しい。

チェンマイから50キロほどのところにある、カレン族のパーングトゥン村でも、ホームステイ先のマリーさんが低温の油で揚げるように作っていた。



動画でチャトリさんがマリーさんにお皿を渡しながら言う「カイダーオ」というのは、「目玉焼き」という意味。カイ(卵)+ダーオ(星)の複合語で、揚げるように作る目玉焼きの縁がまん丸ではなく、波型に焼けて「星型」になるということらしい。マリーさんがはカレン語でひとりごとを言っている。

SANY0056.jpg

この日の昼食は、カイダーオ(目玉焼き)とパット・パック・トゥア(インゲンと豚バラ肉炒め)。

カイダーオは、縁のカリカリが香ばしくて美味しい。ガパオに載せる目玉焼きは黄身が半熟だけど、この日の目玉焼きは黄身が半熟ではなく、しっかり熱の入った堅焼きだった。

インゲンと豚バラ肉炒めは、塩味だけの味付けで日本人なら誰もが好きになる味で、ザクザクとしたインゲンの歯応えが楽しい。


星型の目玉焼きを作るマリーさんのいるパーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドーイサケット郡パーミエン準郡パーンデン村パーングトゥン集落)


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1145-3ddbabb3

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。