TOP > スポンサー広告 > つけ麺中@三田製麺所TOP > つけ麺 > つけ麺中@三田製麺所

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つけ麺中@三田製麺所

半年ぶりに歌舞伎町の奥にある「つけ麺専門店 三田製麺所 歌舞伎町店」へ。

極太麺をワシワシと頬張る感覚と、ゴクリと飲み込む喉越しが懐かしくなったからだ。

三田製麺所201106

12時半近くに入店し、店内の券売機で「つけ麺中(700円)」のチケットを購入した。このチェーンは、麺の並盛(200g)・中盛(300g)・大盛(400g)の値段が同じ。だから、ほとんどのお客は「大盛」を注文している。でも私には大盛は多すぎるので自重して「中盛」に。

先客は7~8人。小雨がぱらついて外は涼しいのに、店内は猛烈に暑い。大きな麺茹で機がぐらぐらと煮立ち、猛烈な勢いで湯気が立ち上っている。「節電」のためかエアコンを切っているので、サウナのような暑さだった。

この店の麺は極太なので茹で時間が7分以上かかる。

8分ほどで料理が登場。

つけ麺中700円

いつものように、うどんかと見紛う極太のストレート麺。口当たりはソフトだけどしっかりコシがあって、喉越しが楽しい。コシと喉越し? やっぱり、これはうどんへのコメントだな。

1センチ角で長さ5~6センチのメンマがザクザクとした歯応えで美味しい。ドロドロの漬けダレには、以前はサイコロ状のチャーシューが入っていたけど、3ミリ厚で1.5センチ角に切ったチャーシューが3~4枚だけ入っていた。チャーシューを噛みしめると、中からちょっと甘目の煮汁が滲み出て美味しい。

麺を食べ終わったところで、「割りスープ」を多めでお願いした。少しだけ白く濁った割りスープを入れると、ドロドロが薄まって飲みやすくなる。


◆希望支払金額:700円(店内の暑さを何とかして欲しい)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)

つけ麺専門店 三田製麺所 歌舞伎町店
東京都新宿区歌舞伎町1-9-6



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1170-c80f8606

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。