TOP > スポンサー広告 > ヌア・ヤーン・イーサーン@メーホーイグン準郡(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)TOP > 海外 > ヌア・ヤーン・イーサーン@メーホーイグン準郡(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌア・ヤーン・イーサーン@メーホーイグン準郡(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)

2011年5月4日は、タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡公務員運動会に参加した。友人のチャトリさんが、公務員(選挙で選ばれた)なので同行したのだ。

よくわからずにクルマで1時間ほどかけて会場に着くと、ドイサケット郡に属する14の準郡(タムボン)で働く公務員が参加する親睦会のようなものだった。1ヘクタール以上の会場には500人ほどが三々五々と集まってきた。

開会式

参加者はそれぞれ準郡ごとに揃いのシャツを着ていた。一応、開会式があって、テープカットや風船が放たれたりした。



14の準郡がそれぞれのテントに別れて陣取っていた。



冒頭には、主賓向けに真面目にダンスするチームもあった。



ところが主賓が10分ほどで帰った後の各チームのダンスは、いかにもタイらしく甚だゆるいものだった。

その後は、サッカーや綱引きなど、35度を超える猛暑の中で皆さん頑張っていた。勝ち負けを競うのではなく、単に楽しんでいるようだった。

昼前には、各テントの裏ではバーベキューが始まった。

バーベキュー

ヌア・ヤーン・イサーン(イサーン風焼肉)というもので、元々はタイ東北部のイサーン地方の郷土料理だったものらしい。バンコクでもイサーン料理を標榜する料理店では、もうもうと煙を上げて肉や魚を焼いていることが多い。

牛肉や内臓肉、豚肉などに調味料で味付けし、炭火で固まりのまま焼き、ハサミでチョキチョキ切って小分けする。そのほかソムタム(青いパパイヤの千切りサラダ)や煎ったナッツ類など、買ってきた食材を誰となく適当に調理して、適当に食べていく。調理担当が決まっているわけではなく、調理をやりたい人がやりたいようにやっているようだった。仕切り役は必要ないらしい。

ビールを飲む人もいるけど、ほとんどは水やシロップ水(とてもジュースとは呼べない赤くて甘い液体)を飲んでいた。

お昼には、どこかから発泡スチロール容器に入った「カーオ・マン・ガイ(海南鶏飯)」の弁当を買ってきて配られたけど、タイではよくあるようにご飯が茶碗1膳分もないスナック感覚の分量だった。


公務員運動会が開かれたタイ王国チェンマイ県ドイサケット郡メーホーイグン準郡



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1183-68bc7b1a

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。