TOP > スポンサー広告 > ニラ玉鱶鰭丼@中村孝明 ARIAKETOP > 丼物 > ニラ玉鱶鰭丼@中村孝明 ARIAKE

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニラ玉鱶鰭丼@中村孝明 ARIAKE

東京ビッグサイトの近くにある有明パークビルへ。このビルでは、中村孝明・坂井宏行・片岡護と3人の「料理の鉄人」が和食・フレンチ・イタリアンの店を開いている。

中村孝明の店

エスカレーターで2階に上がると、壁に中村孝明という名前がでかでかと書かれていた。和食が手軽に食べられそうなので、「中村孝明 ARIAKE」に入ってみることにした。

中村孝明ARIAKE

ランチは6種類。

ランチメニュー@中村孝明ARIAKE

12時前だったためか100席を超える広大な店内にお客はいなかった。奥のテーブル席に案内されて、食べたことのない「ニラ玉鱶鰭丼(980円)」を注文。

平日だからだろうか、東京ビッグサイトで大きな展示会がないからか、それともこの店は人気がないのか、12時を過ぎてもお客は中年夫婦が1組入ってきただけだった。

10分ほどで料理が登場。厨房からホールまでを男性が運び、その後で女性ホール係がテーブルまで運んでくれた。これだけ大きな店だと、作業分担を細かくしたほうが効率的なのだろう。

ニラ玉鱶鰭丼980円@中村孝明ARIAKE

ふわふわに焼かれた玉子に、透明なアンがかかっていてとても美しい。でも、鱶鰭(ふかひれ)はアンのなかに糸くずみたいなものが数本入っているだけだった。玉子は焦げが全くなく美しい黄色に焼かれているけど、ニラの存在も薄い。全体的に非常に薄味で旨みも少ない

サラダには空炒りしたジャコが載っているのかと思ったら、そうではなくて極細の春雨を揚げたものだった。でも、これは水菜との食感の違いが楽しい。

味噌汁は鰹節の雑味が出ていた。二番出汁なのだろうか。

とても美味しい柴漬けのみじん切りがたくさん付いていた。薄味のニラ玉とアンでは多めの白飯が残っていたので、最後は柴漬けでご飯を平らげた。

中村孝明というビッグネームなのに980円で提供できる料理はこの程度なのだろうか。


◆希望支払金額:800円(まぐろ丼か味噌カツ丼にすればよかった)
◆費用対効果度:81.6%(800円/980円)

中村孝明 ARIAKE
東京都江東区有明3-1-28 有明パークビル2F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1196-dd13c2a2

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。