TOP > スポンサー広告 > クイティアオ・サイ・ムー・ナムトック@名前のない食堂(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡パンフェーン村)TOP > 海外 > クイティアオ・サイ・ムー・ナムトック@名前のない食堂(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡パンフェーン村)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイティアオ・サイ・ムー・ナムトック@名前のない食堂(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡パンフェーン村)

友人のチャトリさんの長男チャロラと、パーングトゥン村からバイクで5分ほどのところにある養魚場に釣りに行った。日焼け対策は万全のはずだったけど、足の甲がハチに刺されたように痛い。サンダル履きの足の甲は、直射日光がもろに当たるためだった。

ナマズを狙ったけど暑すぎたためか、小魚しか釣れなかった。パーングトゥン村には食堂がないので、お昼には近くのパンフェーン村の食堂へ。

名前のない食堂

「この店は何という名前?」
「わからない。名前はないと思う」
名前のない食堂は、壁もないあずまやのような造りだった。

メニュー-ナムトック

名前のない食堂で「クイティアオ・サイ・ムー・ナムトック(25バーツ、約70円)」を注文。

メニューの一番上に書かれているので、たぶん自信のある料理なんだろう。クイティアオは「米の麺」、サイは「入れる」、ムーは「豚肉」、ナムトックは「滝」という意味だけど、麺料理に使う場合には牛や豚の血が入ったスープのことをいう。

ナムトックという言葉は他の料理でも使われていて、炙り焼きも脂や肉汁がぽたぽたと落ちる様子からナムトックという。

米の麺のクイティアオは、お湯にくぐらすだけなので、すぐに料理が登場。

クイティアオ・サイ・ムー・ナムトック

サラネー(ミント)やパクチーが載っていて、肉団子や豚肉、モヤシもたっぷり入った料理だった。
そして、スープの色は血が入っていることを示すように海老茶色だったけど、変わった香りや味はしなかった。


名前のない食堂のあるパンフェーン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1198-8c35da73

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。