TOP > スポンサー広告 > ロースかつ定食@とんかつ 満ぷくTOP > とんかつ定食 > ロースかつ定食@とんかつ 満ぷく

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロースかつ定食@とんかつ 満ぷく

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


西新宿の路地にあるとんかつや「とんかつ 満ぷく」へ。この店の位置はちょっとわかりにくい。新宿大ガードから小滝橋通りを北上し、牛丼の「すき家」を左折して、柏木公園に突き当たったら右折し、道なりに200メートルほど進んだ左側にある。

とんかつ 満ぷく

外観は、冴えない昔ながらのとんかつ屋の風情。店内は4人掛けテーブルが4つと、カウンター席が4つ。L字型カウンターは店の奥まで伸びているけど、長い部分は客席としては使われていないようだ。

先客はワイシャツ姿の2人組が2組。

カウンター席に座って「ロースかつ定食(750円)」を注文すると、女将がタクワンと自家製の濃い烏龍茶を運んできた。

厨房の親父は大型冷蔵庫からロース肉ブロックを取り出して、1枚分をカットし、「卵 → 小麦粉 → パン粉」の順に仕上げると、直径40センチほどの大鍋に投入した。続いて、お皿に千切りキャベツ・スパゲティのマヨネーズ和え・パセリの順にセット。

2人組が1組と1人のお客が入ってきて、ロースかつ定食ヒレかつ定食を注文すると、女将はタクワンと烏龍茶を運び、親父は手慣れた様子で、「冷蔵庫 → 肉ブロック → カット → 衣 → 油に投入 → お皿にキャベツとスパをセット」を繰り返す。この間、夫婦の会話は「ロース」と「ヒレ」という3単語だけ。阿吽の呼吸だ。

6~7分でとんかつが揚がると、女将はご飯を丼によそい、親父から手渡されたお皿の縁に洋がらしをなすりつけ、料理が供された。

ロースかつ定食750円@とんかつ 満ぷく

ラードを含んだ衣が美味しい。2センチほどの幅に切られたロースかつは、厚さは5ミリほどでしっかりとした噛みごたえだった。パン粉がかすかに苦いのでちょっと揚げすぎか。

業務用大型ガス炊飯器で炊いたご飯が美味しい。さほど高い米ではなさそうだけど、固めに炊かれていて喉越しが気持ちいい。

味噌汁にはワカメがたっぷり入っていた。


◆希望支払金額:750円(店名の通りに満腹になった)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

とんかつ 満ぷく
東京都新宿区西新宿7-19-11


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1201-fdc98d1c

とんかつ・トンテキ「えにし」

トンテキ(定食1150円)は、サイコロ形に整えたもも肉と脂身のある肩肉、それにニンニクが…

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。