TOP > スポンサー広告 > 鉄火丼@野郎寿司 本店TOP > 丼物 > 鉄火丼@野郎寿司 本店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄火丼@野郎寿司 本店

靖国通りから区役所通りに入って新宿区役所の前を通り過ぎ、ゆるやかな坂を下りきった交差点の角にある「野郎寿司 本店」へ。

野郎寿司201108

先月には交差点を挟んで対角線にある「大番寿司 本店」に入ったけど、こちらはどんな味なんだろうか。

ランチメニュー@野郎寿司

この店のランチメニューは、にぎり寿司ちらし寿司、そして鉄火丼の3種でそれぞれ840円と回らない寿司なのに安い。

12時過ぎに入ると、40席ほどありそうな広い店内にお客は若いカップルが2組だけだった。

入り口すぐのカウンター席に座ろうとすると「西山」という名札のついた職人(店長?)は、無言で顎をしゃくりつつ奥に座るように指さした。なんか嫌な感じだなあ。そういえば、この店にはいい歳をした職人が3人もいるのに「いらっしゃいませ!」と声を掛けられなかった。

「鉄火丼(840円)」を注文して、厨房内に設置された大型モニタの高校野球を見つつ、厨房を眺めていると、「西山」さんは、サーモンの半身から骨を取り除く仕込みの最中で、「中城」さんがにぎり寿司を作っていた。もう1人の驚くほど髪が豊富で黒い中年男性は、ずっと包丁を研いでいた。

6~7分で「西」という名札をつけた日本語があまり上手ではない仲居さんが味噌汁を運んできて、「中城」さんから鉄火丼が手渡された。

鉄火丼840円@野郎寿司

長さ8センチ幅3センチほどの大きなマグロの赤身が7枚も載っている。赤身はプリプリとした新鮮さはないけど、そこそこ美味しい。

それよりも、シャリが美味しいので驚いた。ツヤツヤと透明感があって、1粒1粒が立っている。寿司酢も酸味が少なくて私好みの味付け。この美味しいシャリなら、小さじ1杯の本わさびだけで丼1杯食べられる。ランチ用のシャリを炊くわけにはいかないだろう。

いい米使っているんだなあ。

味噌汁はシジミ。これはちょっとうれしい驚きだった。


◆希望支払金額:840円(ランチのネタはいまいちだけどシャリが抜群に美味しい)
◆費用対効果度:100%(840円/840円)

野郎寿司 本店
東京都新宿区歌舞伎町2-10-4 リオビル1F

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1223-0e7074ca

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。