TOP > スポンサー広告 > ゲーン・オン・ヌアクワーイ+ゲーン・オン・ヌア@パーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)TOP > 海外 > ゲーン・オン・ヌアクワーイ+ゲーン・オン・ヌア@パーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーン・オン・ヌアクワーイ+ゲーン・オン・ヌア@パーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)

チェンマイから約50キロのところにあるカレン族の村、パーングトゥン村では水牛を飼っている家がある。

SANY0149.jpg

朝になると、首に木製の大きな鈴をかけた水牛を先頭に4頭ほどがゾロゾロと放牧に出かける。カランコロンともゴロンゴロンとも違う牧歌的な音を鳴らしながら近くの川べりに出かけ、夕方になると同じようにゾロゾロと戻ってくる。農耕に使うには多すぎるので、食肉用に飼っているのだろうか。

ホームステイ先のマリーさんが「今日のお昼は簡単に」といって、小さな鍋を2つ手に戻ってきた。昼食のおかずを買ってきたらしい。

SANY0136.jpg

「ゲーン・オン・ヌア・クワーイ(水牛のスープ)」「ゲーン・オン・ヌア(牛肉のスープ)」の2つのスープだった。値段を聞いても「安い、安い」と教えてくれない。

水牛(ヌア・クワーイ)のほうは、少しだけ野生の香りがして固かったけど美味しい。牛肉(ヌア)のほうは、スジ肉が柔らかく煮込まれていた。

写真の奥に見えるのは、川魚を油で揚げてニンニクや唐辛子とナンプラーに漬けた「トート・プラー・トゥー」で、お酢を入れない南蛮漬けのようなもの。これも日本人なら誰もが好きな味。


水牛ものんびり暮らしているパーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡パーミエン準郡パーングデン村パーングトゥン集落)


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1228-e8bfbfad

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。