TOP > スポンサー広告 > 揚げ豆腐とバラ肉四川風炒め@寧和園TOP > 中華 > 揚げ豆腐とバラ肉四川風炒め@寧和園

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揚げ豆腐とバラ肉四川風炒め@寧和園

歌舞伎町2丁目ランチ空白地帯を埋める作業(その4)

靖国通りから新宿区役所通りに入り、道路の右側をどんどん進む。500メートルほど行くと、右手に中華料理の「寧和園」がある。

寧和園

いつもは3種類ほどある「今日特価ランチ」(変な日本語)は1種類しかなかった。

今日特価ランチ@寧和園

40席ほどの店内はほぼ満席だった。太った女性マネージャーが大声の中国語で騒いでいる。調理が遅れているのでハッパを掛けているらしいけど、いつまでも叫んでいてとてもうるさい。すると、それに対抗するように、男2人女2人の4人組中国人が大声で話し始めたので、店内は中国語の怒号に包まれた。

メニュー1@寧和園  メニュー2@寧和園

「火曜日ランチお得セット」(変な日本語)には、10種類のセット料理が並んでいた。でも、隣のテーブルのガテン系青年が食べていた「今日特価ランチ」がとても美味しそうだったので、「A.揚げ豆腐とバラ肉四川風炒め(680円)」を注文した。

厨房からはカシャカシャと中華鍋を返す音が聞こえているのに、いつまで待っても料理が供されない。調理が遅れているらしい。

15分ほど経って、後から入ってきたお客たちに「今日特価ランチ」が配られ出したので、中国人女性マネージャーに声をかけると無視された。店の奥を覗くと、慌てて中国人青年ホール係が来たので、「ランチがまだだけど……」と伝えた。

しばらくして、ようやく料理が供された。どうやら4人分を一緒に作り、一番最初に注文した私には最後の供されたのだった。

今日の特価メニュー@寧和園

厚揚げ・豚バラ肉・タマネギ・ピーマン・キクラゲが豆板醤ソースで炒められていて、甘辛くてとても美味しい。固めに炊かれたご飯の共にちょうど良い味加減だった。

スープは薄味。杏仁豆腐は、口の中でとろけない粘度のあるムース状だった。


◆希望支払金額:750円(接客は最低だけど、味はいい)
◆費用対効果度:110.3%(750円/680円)

寧和園
東京都新宿区歌舞伎町2-18-6 日光ビル1F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1231-4b876adf

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。