TOP > スポンサー広告 > (新)さんま定食@ちづる食堂(職安通り)TOP > 焼き魚定食 > (新)さんま定食@ちづる食堂(職安通り)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(新)さんま定食@ちづる食堂(職安通り)

歌舞伎町の奥の奥にある「ちづる食堂(職安通り)」へ。この店は12時過ぎにはすぐに満席になってしまう人気店だ。これまで入れなかったことが何度もある。

ちづる食堂201108

店頭のメニューを見ながら悩み続けている青年の脇をすり抜けて店に入ると、店内はワイシャツ姿でいっぱいだった。

メニュー@ちづる食堂

この店は焼き魚を中心に、揚物や炒め物などいろんな料理を提供している。店の奥のホワイトボードには日替わりでおすすめの定食が書いてある。

ホワイトボードに書かれていた「(新)さんま定食(900円)」を注文。

12時10分に満席だということは、まだ料理が供されないお客がたくさんいることになるから、新書を読みながら待っていると、20分ほどで料理が到着。

(新)さんま定食900円@ちづる食堂

長さ25センチ以上もある丸々と太ったサンマは、いつものように丁寧に焼かれていた。フワフワと柔らかい身には甘味があって、とても新鮮だった。肝を食べようとすると、オレンジ色の脂がこぼれ出た。肝が熱で固くなる前に焼き上げてあるからだ。とにかく、これまで食べたことがないほど新鮮で、当然のことながら美味しい。

この秋刀魚には、胃の入り口に鱗がなかった。普通のサンマは、網で掬われたときに口をパクパクして鱗を飲み込んでしまうので、体表には鱗がないのになぜか胃袋の入り口に数枚の鱗が重なっている。漁法が違うのだろうか。

小鉢は、切り干し大根・姫竹・インゲンの煮付け。この店は魚のアラの味噌汁だったけど、今回はあさりの味噌汁だった。

どれも素晴らしく美味しい


◆希望支払金額:1200円(材料・調理のどちらも素晴らしい)
◆費用対効果度:133.3%(1200円/900円)

ちづる食堂(職安通り)
東京都新宿区歌舞伎町2-41-3 泰山荘吉野マンション1階



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1232-ec3c1854

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。