TOP > スポンサー広告 > 海の香りの冷やし麺@竹虎TOP > ラーメン > 海の香りの冷やし麺@竹虎

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の香りの冷やし麺@竹虎

歌舞伎町の奥にあるラーメン店「麺匠 竹虎」が冷やし麺を始めたのは7月ころだったろうか。

竹虎201108   冷やし麺ポスター@竹虎

すっかり食べるのを忘れて盛夏を過ぎてしまったけど、食べてみることにした。

カウンター席に座るとすぐにおつまみの揚げ麺と氷のたっぷり入ったお水が供され、「海の香りの冷やし麺」と「豚しゃぶ冷やし担々麺」の2つから、「海の香りの冷やし麺(850円)」を注文すると、大盛りとトッピングがサービスだと言われたので、大盛り+チャーシューでお願いした。

10分ほどで料理が登場。

海の香の冷やし麺@竹虎

この店は極太のストレート麺のはずだけど、この料理はキンキンに冷やされた平打ち縮れ麺だった。その上に、白髪ネギ・タレで煮て冷やした豚バラスライス・梅干し・ゴマ・シソ・揚げた極薄麺が載っていて、スープには海苔とネギが散らしてある。

麺はコシがあってツルツルと美味しい。豚バラ肉はたっぷり載っていて梅干しと合わせて食べると美味しい。シソの香りが少ないので、もっとたくさん入れてほしい。

スープはあっさり味で磯の香りがするのはアサリを使っているからだろうか。ちょっと塩っぱくて少ししか飲めなかった。岩海苔っぽいもみ海苔が、「海の香り」をプラスしていた。

無料トッピングのチャーシューは、じっくり煮込んだトンポーローだった。


◆希望支払金額:850円(スープがしょっぱい以外は美味しい)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

麺匠 竹虎

東京都新宿区歌舞伎町2-36-3 アシベ会館1F



関連記事

コメント

Re: まだ暑いですね、ちゃんとチェック。

黒柴ザックスさん、久しぶりに尋ねたらちょっと雰囲気が変わっていました。

スタッフが5人も和気あいあいと働いていて、麺を茹でていたのは若いニイチャンでした。真剣に麺と対峙していた店主は「六本木店」にかかりきりなのでしょうか。いずれあっちが「本店」になっちゃうのかなあ。

でも、好みが分かれるかもしれませんが、ラーメン界のメルセデスと言われた独創性は相変わらずです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1239-c1c56c40

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。