TOP > スポンサー広告 > ボボー@プノンペン(カンボジア)TOP > 海外 > ボボー@プノンペン(カンボジア)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボボー@プノンペン(カンボジア)

以前、タイのお粥ジョクを紹介したが、カンボジアにはボボーというお粥があるというので食べてみたいと思った。ところが、プノンペンで泊まったホテルの近くにはボボーを出している食堂はなかった。

そこで、1日7USドルでチャーターしたバイクタクシーの兄ちゃんに「ボボーを食べたい」と言ったところ、連れて行かれたのは屋台がいくつか並んだ屋台村のようなところだった。

ボボー屋台

カンボジア語は全くわからないので、おばさんに「ボボー」と注文したら怪訝な顔をされた。そこで、バイクタクシーの兄ちゃんに適当に頼んでもらうことにした。50円もしなかったはず。

ボボー-カンボジア

出てきたのはご飯をスープで煮た「おじや」のような料理で、米粒がしっかり残っていた。鶏のササミやレバーが入っていて美味しかったが、これはボボーじゃないかも。タイのカオ・トム(おじや)に似ている。

どうしても、ボボーを食べてみたかったので兄ちゃんにそう言うと、「ボボーは朝早くしか出していないから」という答え。それならそうと早く教えてくれよ。そこで、翌朝、再び兄ちゃんにボボーを食べられる店に連れて行ってもらうことにした。

Cambosia-bobo.jpg

このボボーは、タイのジョクと同様に生米を米粒が崩れるまで長時間煮たお粥だった。付け合わせに、ゆで卵の塩漬けやザーサイのような漬け物が出てきた。でも、タイのジョクほど美味しくはない。ジョクはスープで煮てあるが、このボボーは日本のお粥と同様に水で煮たものだからだ。

バイクタクシーの兄ちゃんによると、最近のカンボジア人はボボーをほとんど食べないという。食堂でさっぱり見かけないのはそういうことだったんだ。


プノンペン(カンボジア)Wikipedia

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/124-9d57b06a

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。