TOP > スポンサー広告 > トート・プラー・トゥー+ゲーン・ファック・サイ・カドックムー@パーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)TOP > 海外 > トート・プラー・トゥー+ゲーン・ファック・サイ・カドックムー@パーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トート・プラー・トゥー+ゲーン・ファック・サイ・カドックムー@パーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)

タイでは携帯電話がとても普及している。チェンマイから50キロほど北にあるカレン族のパーングトゥン村でも、小学生以下の子供や高齢の老人を除けば、誰もが携帯電話を持っている。安い中古携帯ならば2000円程度から手に入り、月々の基本料金がなくてプリペイド方式の料金制度があるためだろう。

タイでは、固定電話を引くには多額の費用と年月がかかっていたため、携帯電話が登場すると爆発的に普及した。タクシン前首相は、携帯電話会社で大儲けしてタイで一番の富豪になったほどだ。

安い中古携帯電話は通話が出来るだけだけど、iPhoneやBlackberryといったスマートフォンを持っている若者も少なくない。

SANY0214チャロラ

23歳のチャロラ君も愛用のiPhoneで写真や動画を撮りまくっていた。

このパーングトゥン村もほかの多くの村と同様に、固定電話の電話線はとうとう引かれなかった。だから、10年ほど前までは、電話をかけるときには2キロほど離れた国道沿いの店まで行かなければならなかった。近くの山に携帯電話の電波塔が立ってからは、出力の小さな中古携帯でも通じるようになったため、一気に普及することになったという。

パーングトゥン村での最後の食事もホームステイ先の奥さんのマリーさんが作ってくれた。

SANY0131トート・プラ

写真右手前が「トート・プラー・トゥー(トゥーという魚の南蛮漬けのようなもの)で、友人のチャトリさんが投網で捕った川魚を油で揚げて、刻んだ唐辛子やニンニクを入れたナンプラー(魚醤)に漬けたもの。

写真奥左が「ゲーン・ファック・サイ・カドックムー(冬瓜とスペアリブのスープ)で、塩だけで味付けしさっぱりとしたスープだった。

そして写真奥が「パクドーン・パッカナー(パック・カナーの漬物)という缶詰の漬物。日本では「カイラン菜」と呼ばれるパック・カナーは、漢字では「華南菜」と書く。漬物(パックドーン)+菜(パック)+華南(カナー)というように、タイ語では修飾語が後ろに付く。


小さな子供と老人以外は誰でも携帯電話を持っているパーングトゥン村(タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡)



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1243-52bef879

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。