TOP > スポンサー広告 > ちらし弁当@鮨いづTOP > 和食 > ちらし弁当@鮨いづ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちらし弁当@鮨いづ

地下鉄湯島駅近くにある天神下交差点の秋葉原寄りの一角は、居酒屋やスナックなど数十軒の飲食店が並ぶ飲屋街になっている。

昼間は開店している店はほとんどなくて閑散としているが、カプセルホテルの裏の寿司屋は開いていた。寿司や刺身などの生魚はあまり好きではないが、店頭の写真に釣られて入ってみることにした。

080908鮨いづ

「鮨いづ」という大きな看板の下の「ちらし弁当」の写真が気になったのだ。値段は1050円だし失敗でもいいや、ということで入店。

間口が狭い割には奥行きは広く、10席ほどのL字カウンターとは別にテーブル席もある。13時近かったためか、カウンターに中年女性の客が一人いるだけだった。

女将らしき人が大きな湯飲みと熱々のおしぼりを持ってきてくれたので、「ちらし弁当(1050円)」を注文。

080908ちらし弁当@鮨いづ

しばらくして2段重ねのなかなか豪華な弁当が登場。赤身の鉄火重は、切り身が少なくてちょっと寂しいが、一の重は料理がぎっしり詰まっている。ホタテ・高野豆腐・コンニャク・里芋・ニンジンの煮物、蒲鉾、煮豆、卵焼き、焼き魚、レンコンの酢の物、イクラ、ポテトサラダ、プチトマト。なめこのみそ汁。さらに、スイカとオレンジのデザートまでついてた。

しゃりはやや固めだが、酢と塩の味付けが薄いので、寿司飯特有のしつこさがない。煮物やみそ汁の味付けもかなり薄味で上品な出来だった。

「大食いでごめんなさい」と言いながら、「ちらし弁当」を食べ終わった中年女性は新子のにぎりを2カン追加注文したが、私にはしゃりが多かったので少し残してしまった。

メニューを見るとこの店は支店で、本店は300メートルほど南に行った三組坂下の近くにあるらしい。


鮨いづ 支店(天神下店)
東京都文京区湯島3-36-8

PC用地図Mapfan

携帯電話からのアクセスが増えたので追加しました。
携帯電話用地図Mapfan


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/127-15611277

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。