TOP > スポンサー広告 > チャーハン@中華料理 日の出TOP > 中華 > チャーハン@中華料理 日の出

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーハン@中華料理 日の出

【新宿ワンコインランチ・500円】(その100)


先日、徳丼を食べた「中華 八十番」に行ったからには、もっと有名な「中華料理 日の出」に行かない訳にはいかないだろう。

小滝橋通りと新宿職安通りが交差する「北新宿百人町交差点」から、牛丼の「吉野家」を過ぎて春山外科病院の脇から路地に入って100メートルほど行った右手に店はある。

中華料理 日の出

外で順番待ちをしていたガテン系2人組に続いて入店すると、甲高い声の女将が1つだけ空いていたテーブルに相席するように指示していた。4人がけテーブル8つで32席の店内にお客は25名ほどで、大半が近くの専門学校生だった。うーん、ジャリジャリしていてちょっとうるさい。

この店は、いわゆる中華食堂なので、ラーメン(390円)はもちろん肉野菜炒め定食(500円)、カキフライ定食650円、カレーライス450円などなど、数百種類のメニューを提供している。

店の奥の厨房では、70代と50代の男性二人がシャカシャカと中華鍋を煽っていた。

「かつ丼まだですか?」と尋ねた専門学校生に対して、70代の女将は「注文が皆さん別々だから一緒には出来上がらないのよー。もうすぐ出来るから待っててねー」と独特の節回しで諭していた。

たまたまチャーハンを食べたかったので「チャーハン(450円)」を注文すると、ものの4~5分でガテン系若者が注文した「中華丼(500円)」とともに供された。

チャーハン450円@中華料理 日の出

驚くほどシンプルなチャーハンには、玉子とチャーシューしか入っていなかった。ラードで炒めているらしく、クリーミーな香りでご飯に濃厚な滋味が足されているけど、ほんの少しでいいから刻みネギを加えれば、もっと香り高く美味しくなるのに。

惜しいなあ。

スープは、鶏がらの出汁が出ていて昔懐かしい味。

ガテン系青年の頼んだ中華丼は、白菜1玉900円などと野菜が高騰しているにもかかわらず、白菜・ニンジン・ピーマン・タケノコ・キクラゲと野菜たっぷりだった。後からきたお客も次々に中華丼を注文している。

この店の人気メニューは中華丼だったのか。


◆希望支払金額:450円(値段相応。「中華 八十番」に比べて具が少ない)
◆費用対効果度:100%(450円/450円)

中華料理 日の出
東京都新宿区百人町1-24-10


Googleマップの大きな地図で見る

関連記事

コメント

このお店は全制覇は無理かも知れませんね。

かなり昔には「日の出」「八十番」「五十番?」「福しん」と4軒もが同じ価格のラーメンで頑張っていて春山外科から大久保駅までは、俗にラーメン横丁とも呼ばれていました。
メニューの一番多いこのお店でもラーメンを頼む人がいて、1回は食べて見たいと思っていまだに未完です。
中華丼は酢をかけてむせながら食べます。
2人で行って3品頼んでシェアするのがグッドですよ。

全品制覇!

ぼんぼんさん、「日の出」の全品制覇ですか。

店内の壁を埋め尽くすメニューを見ただけでめまいがしそうで、全品制覇なんて思いもしませんでした。

それに同じテーブルに座ったガテン系オッサンが頼んだ「肉野菜炒め」の分量がものすごかったので、2人で3品というのも同行者の胃袋が大きくないと厳しそうですね。

デフレの世の中とはいえ、この店の値段と分量には頭が下がります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1283-d089c359

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。