TOP > スポンサー広告 > 特ロースかつ定食@とんかつ 鈴文TOP > とんかつ定食 > 特ロースかつ定食@とんかつ 鈴文

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特ロースかつ定食@とんかつ 鈴文

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


JR蒲田駅西口を出て、駅前のロータリーから北西(右斜め)方向に伸びる幅広のバス通りをしばらく行くと、正面右方向に東京工科大学の校舎が見えてくる。そのまま進み十字路の正面にりそな銀行の看板が見えるので、細くなった道路をそのまま進むととんかつ専門店「とんかつ 鈴文」の看板が見えてくる。

鈴文

この店は、JR蒲田駅の東口から10分ほど歩いたところにある豚肉ブロックのフライを食べさせてくれる「とんかつ丸一」と並んで蒲田の人気とんかつ店だ。

メニュー@鈴文

店頭のメニューによれば、ランチはとんかつ定食950円ヒレかつ定食1050円となっていた。

12時ちょうどに入店すると、カウンター2席だけが空いていて、奥のテーブル席は埋まっていた。

ランチのとんかつ定食にしようかとも思ったけど、せっかく蒲田まで出張ってきたので「特ロースかつ定食(2100円)」を注文すると、60代らしい店主はすぐに厚さ3センチ以上もある分厚いロース肉を冷蔵庫から取り出して下ごしらえを始めた。

細いステンレスの針金を肉の側面に刺して小麦粉・溶き卵・パン粉の順につけて、直径50センチ深さ15センチほどの鍋に投入した。小麦粉はごく薄く、パン粉の粒が大きい。揚げ油は低温のようだ。

食べ終わったお客が出ていくと、その空席を埋めるように新しいお客が次々に入ってくる。客席は常にお客で埋まっているという飲食店にとっては夢のような時間が過ぎていく。隣の席が開くと、普段着姿で手ぶらの若い女性が座った。この店は、近所の住人が気軽に訪れる店らしい。

多くのお客はランチのロースかつ定食を注文していて、その肉でも厚さ1.5センチほどある。揚がるとしばらく油切りをしたあとで、熱い揚げ油に浸した包丁で切っていく。余熱で熱が通るかどうかのぎりぎりのタイミングで油から上げているから、熱した包丁で最後の仕上げをしているのだった。ちょっと生だったのか、包丁を再度熱してかつの断面に押し当てているのを見た。

ロースかつは4~5分で揚がっていたけど、特ロースは15分ほどかかってようやく油から引き上げられた。

切っている最中に3センチ以上の断面から、赤い血が少しだけ流れ出るのを見たけど、供されたときには余熱で仕上がっていて、どこにも血はなかった。

特ロースかつ定食2100円@鈴文

美しいピンク色の断面の特ロースかつ定食が供された。最初は塩で食べた。やや熟成が足りない気もするけど、脂身の甘みが口いっぱいに広がる。最初の1切れは加熱が不十分でやや繊維がしんなりしていたけど、2切れ目からは繊維がサクサクと噛み切れるようになった。この店の特ロースは、ゆっくり食べるのが正しい食べ方なのだろう。

キャベツの千切りが少ないのが残念で、白菜の漬物も普通。ご飯は、コシヒカリのモチモチ感を活かした固めの炊き上がりだった。

味噌汁の具は、ザクザクと大きく切ったニンジンとタマネギとごく小さな豚ひき肉。山椒粉の香りが効いていてとんかつの脂を流してくれる。


◆希望支払金額:2100円(完璧な揚げ具合でボリュームたっぷり)
◆費用対効果度:100%(2100円/2100円)

とんかつ 鈴文
東京都大田区西蒲田5-19-11


Googleマップの大きな地図で見る
関連記事

コメント

カツに負けてます

「にいむら西新宿」で先月(ひれかつ定食)をサービス価格1000円で食べたら、ついこの間は向かいの「やよい軒」で(カツ丼)、(ソースカツ丼)が390円でした。どちらも夜食べました。
お蔭で食べすぎ傾向です。

Re: カツに負けてます

ぼんぼんさん、「とんかつ にいむら本店」では新しいキャンペーンが始まり「おろしとんかつ定食」が1000円になっていました。

土曜日は、しばらくは「とんかつ」でいく予定です。

にいむら

「にいむら西新宿」でも同じくやっています。
「にいむら大久保」でも同じくやっています。
やっぱりヒレカツが良さそうですね。
何し昼に限らず夜もやっているのは、イエローカードですね。

Re: にいむら

ぼんぼんさん、「とんかつ にいむら」グループが一斉に「おろしとんかつ」のキャンペーンを始めたんですね。

私にはこの店の「ヒレかつ」は衣が多すぎます。棒ヒレかつが好きだなあ。

夜も安いのではイエローカードじゃなくてGJでしょう。私は夜にはかつを食べないけど。

イエローカード

食べ過ぎる回数にイエローカードです。
「やよい軒」は西新宿に2軒、大久保に1軒。
今日も大久保の新しいベトナム料理のお店でで食事をと思ったんですが、日曜メニューが少し値が張っていたので、つい「にいむら」に捕まってしまいました。
大久保にはもう1軒昼夜かまわずボリュームたっぷりなメニューを短い期間で次々と出す「Sガスト」、ステーキ関係を出す、「くいしんぼ」等も出来ていてトラップだらけです。
つい流れに流されると1週間で1~2キロ位は貯肉出来るんじゃないかと思います。
レッドカードかも・・・

Re: イエローカード

ぼんぼんさん、私も自分の食欲にイエローカードです。

秋には、厳しい寒さに備えて身体が脂肪を蓄えようとします。これも自然の摂理かと。

せめて夕飯は軽くしようと思いますが、寒い夜には身体の温まる料理がことさら美味しいし、そうした料理は総じてカロリーが高いことになっている。こちらは厳しい寒さと飢餓を乗り越えてきた人間の智恵だけど、暖かい部屋でぬくぬくと暮らす現代人には本当は不用なのかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1286-4a17dc08

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。