TOP > スポンサー広告 > 『デザインの教科書』柏木博(講談社現代新書 2124)TOP > 新書 > 『デザインの教科書』柏木博(講談社現代新書 2124)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デザインの教科書』柏木博(講談社現代新書 2124)

デザインの教科書


『デザインの教科書』柏木博(講談社現代新書 2124)

本書は、タイトル通りにデザインを学ぶための教科書である。といっても、デザイン実技ではなく、デザイン史とデザイン論を幅広く講じている。

まず、「第1章 デザインって何?」ではデザインの目的が詳しく説明されている。

(1)要因・動機は「心地良さ」である
(2)自然や道具や装置に関わり、それを手なずけていく一連の計画と実践である
(3)趣味や美意識と関わっている
(4)地域や職業や階級の違いと結びつき、それらを表象するとされてきた

著者は繰り返し書いているが、デザインの大きな目的は「心地良さ」を提供することだが、それはあくまで作り手が考えた「心地良さ」であり、使い手側からの異論には充分には応えて来なかったという。

また、近代以前の社会において、デザインは複雑な社会制度(階級や職業など)と結びついていた。どのような衣服を見につけ、どのような食器や家具などの日用品を使い、どんな住居に生活するのか。これは、自由に選択することはできなかった。衣服やもののデザインは、社会的なシステムを可視化したものだった。つまり、職業や階級の制度の記号としてデザインを使ってきたのだ。(p.41)

「第4章 シリアスな生活環境のためのデザイン」では、貧困にあえいでいる世界の90%の人々に対してデザインに何ができるかを問うている。

モダンデザインは、当初、いかに貧困な生活環境をなくしていくかということがひとつの発端となっている。(p.97)

モダンデザインはフォーディズムによって大量生産を可能にし、大衆の消費する欲望を喚起したが、本来は近代化によって「発見」された貧困層を幸福にすることがスタート時の目的の1つだったという。

ところが、生産技術で求められたデザインは、大量生産を実現するための経済的合理性が重視されるばかりで、貧困層の生活向上は視野に入っていたわけではなかった。

本書では貧困解決の例として、グラウンド整備用のローラーのような回転式水運搬タンク「Qドラム」を紹介しているが、貧困解決のデザインとして象徴的に採り上げられているアイデアである。1度に50リットルを運ぶことのできるQドラムは、水道の完備しない地域では確かに革命的な製品だろうが、貧困層である90%の人々のごく一部にしか恩恵を受けない。

デザインが、いまだに90%の貧困層を無視し続けているのは、誰が考えても明らかである。デザインは、本当に貧困解決に役立つのだろうか。本当に貧困を解決しようとしているのだろうか、と疑問ばかりが残る記述となっている。

「第5章 デザインによる環境問題への処方」では、フェリックス・ガタリの「エコゾフィー」を紹介している。環境のエコロジー・社会的エコロジー・精神的エコロジーの3つのエコロジーをまとめた造語である。「このエコロジー的バランスは、適当な医療がほどこされないならば、ついには地上における生命の存続をおびやかすものとなるだろう」と恐ろしく常識的な言葉も引用している。

近代文明は150億年の地球の歴史の中で蓄積されてきた自然資源を短期間で収奪し、自然のバランスを破壊してきたことは、バックミンスター・フラーが1963年に提唱した「宇宙船地球号」や、1970年代から日本でも活発化した環境運動で馴染み深いものになっている。

リサイクルやサスティナブルが注目されたとしても、デザインの主流は大量消費が最大の目的であり、自然資源からの収奪は続いている。

アウトドアメーカー「パタゴニア」による再製品のフリースを販売していることを紹介しているが、あまりに瑣末な例に過ぎないと思う。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1303-064ceba0

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。