TOP > スポンサー広告 > さば味噌煮定食@きらくなお店 あうんTOP > 煮魚定食 > さば味噌煮定食@きらくなお店 あうん

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さば味噌煮定食@きらくなお店 あうん

新宿御苑の大木戸門から新宿通りを渡ると、「御苑前本通り」という道路が靖国通り方面に伸びている。この道路は残念ながら靖国通りに到達せずに、外苑西通りにつながっている。

御苑前本通り

そして、なぜか民間ビルにこの通りの名を知らしめんとする大きな看板が設置されている。その看板の先の左側に「お弁当」の大きな幟を掲げた「きらくなお店 あうん」がある。

きらくなお店 あうん

ランチは、800円日替わり定食が2種と、750円さば塩焼き・さば味噌煮・生姜焼き・ハンバーグと目玉焼き・鳥の唐揚げ・メンチとコロッケの各定食とカレー(コロッケ付き)

ランチメニュー@きらくなお店 あうん

12時20分過ぎに入店すると、テーブル席はお客で埋まり、カウンターにも先客がいた。

先客の食器を片付けたカウンター席に案内されて、「さば味噌煮定食(750円)」を注文した。

この店はたった18席の小さな店だけど、5人も働いている。レジと弁当販売を担当する80代のおばあちゃん。50代の中年女性2人。厨房で下働きをする20代青年。厨房の奥で調理をしている「オバサン」と呼ばれる70代女性。でも、この人は伯母や叔母ではないようだ。彼女以外は「~ちゃん」と呼び合うので家族なのだろうか。老母と中年姉妹に孫、そして他人のオバサンという構成らしい。

「オバサン、唐揚げ1つ」「オバサン、生姜焼き2人前」「オバサン、唐揚げ10個」と、調理担当のオバサンには次々と注文が入る。

席数の割にスタッフが多いのは、店頭で弁当販売をしているのと、小鉢などを事前にセッティングしない方針のため。店が狭いためかもしれないけど、注文のたびに小鉢をセットしている。基本的に調理はオバサン1人で作っているのでパンクしてしまう。

先客たちの料理が次々に供されるのに、なかなか料理が来ない。結局、私の分が供されたのは入店30分後だった。

さば味噌煮定食750円@きらくなお店 あうん

さば味噌煮は人肌の温かさ。よく煮込まれているけどちょっとしょっぱい。青年が小分けした小鉢のゴボウとニンジンの煮物は美味しかったけど、螺旋状パスタのフジッリはマヨネーズがほとんどなくて味が薄かった。

ご飯は、モチモチとした食感の良い米を使っているようだけど、ちょっと芯があった。味噌汁とぬか漬けのダイコンは特筆すべき点はない。


◆希望支払金額:750円(ごく普通の定食屋の味)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

きらくなお店 あうん
東京都新宿区新宿1-23-5 サンサーラ御苑1F


Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1306-d6bff445

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。