TOP > スポンサー広告 > 濃厚豚骨らーめん@めん屋 いなばTOP > ラーメン > 濃厚豚骨らーめん@めん屋 いなば

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃厚豚骨らーめん@めん屋 いなば

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅と四谷三丁目駅のほぼ中央にある四谷4丁目交差点にある「めん屋 いなば」へ。

めん屋 いなば

この店は人気店なので12時過ぎには、いつも店の外まで行列が伸びている。

そこで30分ほど時間をずらして訪店すると、行列はなくなっていた。

外の券売機で1番左上にボタンがある「濃厚豚骨らーめん(650円)」のチケットを購入し、引き戸を引いて入店すると、L字型カウンターにはたった9席しか椅子がなかった。これじゃあ、行列店になるはずだ。

そして、店内にはなぜか黄緑色のガチャピンのぬいぐるみやキーホルダーなどのグッズが大量に飾られている。店長は中年男性みたいだけど、まさか彼の趣味ではないだろう。「かつてガチャピンの中身を演じていた」といった特別な思い入れでもあるのだろうか。

10分ほどで料理が登場。

濃厚豚骨らーめん650円@めん屋いなば

豚骨臭はまったくせずに、むしろ魚介系の香りが強い。豚の脂や筋が溶けて乳化したドロドロのスープだった。麺は中太のストレート麺で、炙ったチャーシュー・茹でたキャベツ・メンマ・刻みネギ・海苔が載っていた。

麺はボキボキとした歯応えで、コシはあまり強くない。ドロドロのスープのために、麺がいつまでも火傷しそうなほど熱々だった。食べるうちに、脂とコラーゲンで唇がヌラヌラになっていった。

不味くはないんだけど、このスープはつけ麺用のように思える。

次は、つけ麺を食べよう。


◆希望支払金額:650円(ドロドロスープでいつまでも熱々)
◆費用対効果度:100%(650円/650円)

めん屋 いなば
東京都新宿区四谷4-28-17 大木戸ビル1F
 ※岡田有希子が転落死したあのビル


Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1312-a8d759a2

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。