TOP > スポンサー広告 > 上ロースかつ定食@かつ善 村上TOP > とんかつ定食 > 上ロースかつ定食@かつ善 村上

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上ロースかつ定食@かつ善 村上

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


三軒茶屋と京王線下高井戸駅を結ぶ東急世田谷線上町(かみまち)駅の近くにある「かつ善 村上」へ。

杉並区と世田谷区の住宅街を走る世田谷線には、これまで数えるほどしか乗ったことはないけど、1925(大正14)年開通と長い歴史がある。たった2両編成の路面電車だけど、井の頭線と同じように都の西部を南北に走る鉄道として、地域住民の足に欠かせないものとなっている。

上町(かみまち)駅を出て、踏切を越えて大通り(世田谷通りの分岐)を西に50メートルほど行った右手に店はある。

かつ膳 村上

ランチは午後2時までなので午後1時半ごろ訪れると、割烹料理店のようなシックな造りの店内にはお客はいなくて、店主が所在無げに佇んでいた。カウンター席10、6人がけテーブル席3の28席だけど、お客がいないためか店内はとても広く感じる。

「特上ロースかつ定食(2150円)」を注文すると、店主は長いカウンターの左はじに向かい、テーブル式冷蔵庫から分厚いロース肉を取り出した。カウンター中央に戻って衣をつけ、右端のフライヤーに投入。

しばらくすると、奥から漬物と小鉢が供された。きゅうりの浅漬・ダイコンの味噌漬け、切り干し大根とひじきの煮物。そして、「特上ロース」という店主の声に従って、冷奴が供された。丸い豆腐を4分の1に切ったもので上にのし昆布が載っていた。

10分ほどでかつをフライヤーから引き揚げ、油切りをしたあとで見たことのない巨大な半円形の包丁でザクンザクンと押し切りした。

そして、ザックリと盛られた千切りキャベツの載った大皿にかつを載せて料理が供された。

ご飯と味噌汁も供され、主人から「ソースもいいですが、よろしかったら塩コショウでどうぞ」と塩コショウの小皿が供された。

特上ロースかつ定食2150円@かつ膳 村上

ラードの芳ばしい香りが、鼻を刺激する。厚さ2センチほどのロース肉は程よい熟成具合で、箸で中央の筋から千切れるほどだった。

肉がとても柔らかい。特製の塩コショウで食べると、脂身の甘みと肉汁が口いっぱいに広がる。文句なしの美味しさだった。漬物や小鉢もとても美味しいし、ご飯や味噌汁も申し分のない美味しいさ。

こんなに美味しい料理を出す店なのにどうしてお客がいなかったのだろうか。


◆希望支払金額:2150円(とても上品で美味しいとんかつ)
◆費用対効果度:100%(2150円/2150円)

かつ善 村上

東京都世田谷区世田谷2-6-1


Googleマップの大きな地図で見る

関連記事

コメント

ひたすらに

カツ三昧に浸っていらっしゃるようですね。
カッ、カッ、カッと本来なら冬の足音が聞こえて良い時期になりましたね。
カツ全集が完成かな?

Re: ひたすらに

ぼんぼんさん、お久しぶりです。

阿呆みたいに大好きなとんかつを食べています。

月1回の土曜日バイキングが有名になったらしく、「タカマル鮮魚店」でググってくる訪問者が増えていますが、まだしばらくはとんかつ屋巡りを続ける予定です。よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1317-0ca0779c

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。