TOP > スポンサー広告 > 市場の昼食@シェムリアップ(カンボジア)TOP > 海外 > 市場の昼食@シェムリアップ(カンボジア)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市場の昼食@シェムリアップ(カンボジア)

東南アジアを旅行する際には、市場の近くにあるホテルに泊まることが多い。

市場の近くにはたいてい長距離バスや中距離バスの発着所があり、外国人旅行者向けというよりも現地の普通の人向けの安ホテルが必ずある。果物や飲み水などを買うにも市場が近くにあれば便利だし、見たこともない野菜や果物、魚が並ぶ市場を歩くのが楽しい。そして、市場内にはたいてい地元の人々向けの食堂が必ずあって、安くて美味しい料理を提供している。

アンコールワット遺跡群を訪れたときにも、宿泊地であるシェムリアップ市の市場から50メートルほどのホテルに泊まることにした。昼下がりに市場を訪れると、人影がまばらな中で食堂には客が集まっていた。これだけ人気があるならば、美味しい料理を出す店に違いない。

2002シェムリアップの市場-カンボジア

7~8種類の料理を載せた大皿に並んでいた。タイならば、料理をステンレスの容器に入れて湯煎で温めていたり、フタ付きの鍋に入れていたりするところだが、ここでは露天なのに大皿のままだった。
これがインドやインドネシアだったら、蝿が大量にたかっているところだが、不思議と蝿はいなかった。市場全体で衛生管理が行き届いているのだろうか。

空腹だったので3種類の料理を指さして、空いている椅子に座った。

2002シェムリアップ

豚肉の炭火焼き、豚足と竹の子の醤油煮ゆで卵付き、そして野菜炒め。どれも驚くほど美味しい。焼き物は強火で表面はパリッとしながら中は程良く焼かれ、煮物はじっくりととろけるように煮込まれ、炒め物はごく短時間でシャキッと炒められていた。丸椅子に腰掛け、後ろを通行人が次々に通る少し埃っぽい市場の中で、至福の瞬間だった。


シェムリアップ(カンボジア)Googlemap

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/132-85a2aba6

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。