TOP > スポンサー広告 > 『言葉の力―「作家の視点」で国をつくる』猪瀬直樹(中公新書ラクレ 389)TOP > 新書 > 『言葉の力―「作家の視点」で国をつくる』猪瀬直樹(中公新書ラクレ 389)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『言葉の力―「作家の視点」で国をつくる』猪瀬直樹(中公新書ラクレ 389)

言葉の力


『言葉の力―「作家の視点」で国をつくる猪瀬直樹(中公新書ラクレ 389)


本書の第一部は、東京都の「言葉の力」再生プロジェクトが元になっている。若者の活字離れやコミュニケーション能力の低下を阻止するために、作家である猪瀬が2010年度に始めたプロジェクトであり、その報告書はインターネットから読めるようになっている。

本書には「言語技術力」という言葉がしばしば登場する。適切なコミュニケーションには言語で情報を伝えるための国際標準と呼ぶべき「言語技術力」が必要であり、それは習得可能であるという。

その例として、ドイツでの教育法を紹介している。欧米人は目の前を描写する際に、見えるものを時計回りに説明するように教育されているという。

だから、「掛け時計の隣に絵画がある」と言えば、欧米人にとって掛け時計の右隣に絵画があることが共通の認識となるという。こうした、くどくど説明しなくても誰もが理解できる説明方法を子供の頃から教育されている国民と、思うまま・目に入ったままにしか叙述できない国民では「言語技術力」に大きな差があることになる。

また、若者の活字離れが指摘されるようになって久しいが、新聞・雑誌・書籍を読まないということは、語彙の習得だけでなく「言語技術力」の習得に大きなハンデを追うことになる。

OECDが実施しているPISA(生徒の学習到達度調査)の「読解力」では、2009年の上位4カ国は「上海」「韓国」「フィンランド」「香港」となっていて日本は第8位だった。2006年の15位よりは向上したが、日常的に活字を読む習慣のない生徒が増えている状況では、再び下位に落ちる可能性もある。

猪瀬は、感想を求める質問に「ふつう」と答える若者を、これはコミュニケーションと呼べない、と怒っている。確かに「ふつう」と口にした瞬間に、言葉になることを待っていたさまざまな感覚や感情はかき消され、それを尋ねたかった相手とのコミュニケーションは遮断される。

欧米人(特にアメリカ人)には何とかして自らの感覚や感情・感動を伝えようとして、さまざまな形容詞を連発して、感動の余韻に浸っていた日本人をゲンナリさせることがあるが、相手がわかってくれるまで形容詞を重ねていくのも「言語技術力」の1つだろう。

これまで大学入試や入社試験では、主に知識を問うテストが実施されてきたが、猪瀬は今後は「言語技術力が問われることになる」と書いている。そこで「言語力検定」という資格試験の結果が、入試や入社、昇進の際に参考にされるだろうと予想している。

第二部では、「霞が関文学」と「永田町文学」という官僚と政治家の「言葉」に批判を加えている。法令を巧みにいじって省益を確保しようとする官僚と、語るべき言葉を持たない政治家の問題だ。

また、第三部では「未来型読書論」として、読み聞かせや電子書籍について書いている。そこで猪瀬が「活字離れ」の防止に役立つ秘策としているのは、新聞販売店は1年とか2年とかの長期契約者にはeBookリーダーをタダで配れ、というものである。新聞契約数の減少を多少は食い止めることができるかもしれないが、「活字離れ」を防止できるとは思えない。むしろ、PISAのような読解力と記述能力を問う試験が、進学・就職・昇進で広く実施されることが手っ取り早いのではないか。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1328-8349ed78

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。