TOP > スポンサー広告 > 超級担々麺大盛@担々麺専科 Tong King (トンキン)TOP > ラーメン > 超級担々麺大盛@担々麺専科 Tong King (トンキン)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超級担々麺大盛@担々麺専科 Tong King (トンキン)

担々麺専門店の「担々麺専科 Tong King (トンキン)」へ。

この店も場所がちょっとわかりにくい。東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、新宿通りを右に新宿方面に70メートルほど歩き、「Kinko's」のある角を右折して靖国通り方面に50メートル進む。居酒屋の「うま久」の角を左折して30m先を右折し、90メートルほど先の左手に店はある。

Tong King


夜は中華居酒屋のようだけど、ランチは超級担々麺(700円)・坦々つけ麺(700円)・ヴェトナム拉麺(800円)・坦々涼麺(800円)・ヴェトナムサラダ(300円)・肉めし(200円)・ライス(100円)・麺の大盛(100円)とメニューはシンプル。

ランチメニュー@Tong King

カウンター10席、奥の4人がけテーブル2、2人がけテーブル1の店内に先客は、10名ほどだった。カウンター席に座って「超級担々麺大盛(800円)」を注文し、新書を読んで待つ。

6~7分で料理が登場した。

超級担々麺大盛800円@Tong King

赤い! 白ごまのたくさん浮かんだスープは真っ赤っかだった。麺には刻みネギと挽肉に高菜炒めを合わせた肉味噌が載っている。ストレートの中太麺は、コシがあってなかなか美味しい。

でもなぜか肉味噌が少しだけ焦げ臭い。唐辛子だけでなく花椒も入っているけど、見た目のインパクトほど辛くはない。麺を混ぜると、丼の底から麺に絡んだ芝麻醤が出てきた。

麺を食べ終えてスープを飲んでいると、砂糖と化学調味料の甘さが舌に絡んできた。

そしてスープを飲み干した丼の底には、真っ黒な鍋炭が溜まっていた。うむ。焦げ臭い正体はこれか。肉味噌を作ったときに焦がしたのだろう。


◆希望支払金額:800円(スープの甘さが気になった)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

担々麺専科 Tong King (トンキン)
東京都新宿区新宿1-32-4 エヌエスビル1F


Googleマップの大きな地図で見る

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1335-1a957b66

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。